建築科だより

建築科だより

【建築科】小型車両系建設機械講習会

 12月25日(水)と26日(木)の2日間、建築科2、3年生が本校にて、埼玉県建設業協会主催で「小型車両系建設機械(3t未満) 運転特別教育」を受講しました。

 

 当日は、株式会社PEO建機教習センタ様より講師の先生をお招きし、さらにバックフォーなどの機材を4台お借りして、講習を行いました。

 学科講習と実技講習を一日ずつ受講しました。

 

             学科講習の様子

 

                            実技講習の様子

 

 将来、建設工事現場にて使用することのある建設機械を実際に操作することができ、生徒たちにはとても貴重な経験となりました。学科講習では、機械を操作するうえでの注意点や危険な事柄を学ぶことができました。

 

 今回の講習会を企画ご指導いただきました、埼玉県建設業協会の皆様、株式会社日立建機センタの講師の皆様、ありがとうございました。

建築科2年生 キャリア設計ガイダンス

 12月19日(木)にキャリア設計ガイダンスとして、建設業(施工管理と建築設計)の魅力をお話していただきました。 

 前半は建築設計について

 株式会社神田建築設計事務所の神田様にお話をいただきました。

 後半は施工管理(現場監督)について

 株式会社TFA企画(総合建設業)の眞下様と、昭栄建設株式会社(総合建設業)の橋本様と鈴木様にお話しいただきました。

 

 お話の中では、建設業の魅力や、建設業に従事する際に工業高校卒によるメリット、在学中に取得を目指すと有利になる資格などについて、分りやすくご説明いただきました。

 生徒たちは、先月インターンシップに参加して、職場体験をしてきました。今回の講演会はこれを受けての企画です。半年後の進路選択に、とても有意義な講演会であったと思います。

 今回の講演会の企画にあたり、株式会社建築資料研究社様に多大なご支援を賜りました。心より御礼申し上げます。

【建築科】 課題研究 紹介②

課題研究も後半に入ってきました。各班が特色のあるテーマに取組んでいます。本校建築科の目玉でもある宮工祭アーチ班をはじめとして、生徒たちは意欲的に学習に取組んでいます。来年1月には、一年間の成果をまとめて発表会も行います。

①アーチ班:10月26日(土)と27日(日)に行われる宮工祭(文化祭)に向けて、加工作業を行っています。写真は木材の墨付けおよび加工の様子です。

②模型班:各自が製作したい題材を決め、建築模型として表現します。写真は2個目の作品を製作している様子です。

③施工班:現在は、現場監督を行うために必要な2級建築施工管理技士(学科)試験に向けての勉強をしています。写真は、過去問題を中心とした学習の様子です。

④CAD班:前半はCADによる製図技能の向上に努めてきました。後半はより高度なパソコンの利用技能の習得を目指します。写真は、ソフトウエアの操作技能を学んでいる様子です。

⑤自由設計班:一学期と夏休みを通じて習得した設計手法と表現方法を基に、新たな設計競技(コンペ)に出品するための作品を制作します。写真は、設計の基礎資料収集とエスキス(プランの構想図)をまとめている様子です。

 

課題研究を通じて、より深く建築を学び、その成果を卒業後の進路で活用して欲しいと思います。

【建築科】地元自治会へのベンチを寄贈

建築科の3年生が実習において作成したベンチを、地元の本郷町自治会様へ寄贈しました。
 
ベンチ製作の様子

以前にもベンチを製作し寄贈しましたが、長い間風雨に晒され、朽ちたものもあったため、新たに製作することになりました。
寄贈場所は、「本郷自治会館」前と隣の「さいたま市ふれあい広場」内です。

自治会館前のベンチ


ふれあい広場のベンチ

通常の授業において、生徒自身が作った作品が世の中で利用されることは少ないことから、今回のベンチ寄贈はよい経験になりました。
このベンチを、一人でも多くの地域の皆さんに活用していただきたいと思います。

【建築科】3年生 面接練習

9月6日(金)に、株式会社ライセンスアカデミー様と企業の皆様のご協力をいただき、建築科3年生の面接練習を行いました。

9月16日(月)の高校生就職試験解禁日に向けてご指導をいただきました。

 

面接の心得や入退室の作法、口頭試問など、面接全般にわたってきめ細かにご指導をいただきました。

生徒たちにはこの経験を踏まえ、あと10日間しっかり準備をして試験に臨み、希望の進路を実現してもらいたいと思います。

 

当日お忙しい中、本校生徒のためにご指導いただきました講師の皆様に感謝申し上げます。