校長挨拶(定時制)

  グローバル化は我々の社会に多様性をもたらし、また、急速な情報化や技術革新は人間生活を質的にも変化させつつあり、社会的変化の影響が、身近な生活も含め社会のあらゆる領域に及んでいます。こうした予測できない未来に対応するためには、社会の変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、よりよい社会と幸福な人生を自ら創り出していくことが重要です。
 工業とは、「人が人として幸せに生きていくために必要なものをつくること」であり、工業高校で学ぶ、知識や技術は、自分のためだけでなく、人のため、社会のため、世界や地球のために、役立たせるためのものであると考えています。専門的な知識や技術の先には、それを利用する「人」がいます。いかに高度な技術を駆使したものであっても、それを使う人への、思いやりや配慮、気遣いがなければ、決して受け入れられることはありません。相手の気持ちや、立場に立って考えること。行動すること。つくり上げること。その基本は「優しさ」です。
 そして、優しくあるためには、「心の強さ」が必要です。心が強くなければ、優しさは甘さや弱さになりかねません。心が強くなければ、人や社会を優しく包むことはできません。どのようなことがあっても挫けることのない強い心。たゆまぬ努力を重ね、前に進もうとする強い心。本当の優しさは強い心に宿ります。
 本校の原点である定時制は、校訓「至誠一貫」「質実剛健」のもと、心豊かな人間を育成し、生徒の夢を実現する学校づくりに取り組んでまいります。

 

令和2年4月1日

埼玉県立大宮工業高等学校長 清 水 雅 己

 

校長室より

至誠一貫

生徒たちの笑顔が学校に戻ってきました

 

6月1日(月)、待ちに待った学校再開。雨にも負けず生徒たちは元気に登校。生徒たちの笑顔が学校に戻ってきました。

感染リスクが残る中での「新たな日常」のスタート。北九州市の小学校ではクラスターが発生し、関係者に衝撃を与えています。感染が確認された児童は症状はなく元気に登校していたとのこと。体温測定、健康観察、校内消毒など、どのような対策を行ってもリスクをゼロにすることは困難かもしれませんが、限りなくゼロに近づける努力はし続けなければなりません。生徒たちには、手洗いとマスク着用の励行をはじめ、一人ひとりができる感染防止対策を続けてもらいたいと思います。
長期化が予想される新型コロナウイルスの影響。見えないウイルスとどう向きあえばいいのか・・・。下のサイトを参考にしてください。

新型コロナ“ウイルスはペンキと考えて”(Web)

新型コロナから身を守る方法(YouTube)

「節制」を心がけ調和のある充実した生活を

昨日、緊急事態宣言が解除されました。埼玉県では県立学校の再開を6月1日(月)とするよう通知がありました。いよいよ待ちに待った学校再開です。
これに合わせるように、本校の校訓「至誠一貫」「質実剛健」の碑の周りのさつきの花が咲き始めました。さつきの花言葉は「節制」。節制とは「度を越さないよう控えめにすること。ほどよくすること」。まさに、緊急事態宣言が解除となった今こそ、心にとどめておかなければならない言葉だと思います。
「節制」は、「至誠一貫」の如く、人を思いやり、「質実剛健」の如く、心身ともに強くなければ、実現することはできません。生徒の皆さんには、本校の校訓「至誠一貫・質実剛健」のもと、「節制」を心がけ調和のある充実した生活を送ることができるよう努めてもらいたいと思います。

いよいよ学校再開に向けたカウントダウンが始まりました

生徒の皆さん、保護者の皆様へ

昨晩、安倍総理大臣から、関西2府1県の緊急事態宣言を解除し、首都圏1都3県と北海道は継続することが発表されましたが、あわせて週明けの5月25日に改めて宣言解除の可否について検討する旨の表明もありました。また、長期化している臨時休校の解除に向け、文部科学省は、政府の緊急事態宣言が解除されていない地域でも感染予防策を徹底した上で学校の教育活動の再開を可能とするガイドラインを全国の教育委員会に通知するとしています。これらの状況を踏まえ、近々県から学校再開に向けた様々な指示や情報提供があるものと思います。学校では、生徒たちが安心して登校することができるよう、校内の環境整備を行うなど、6月1日の学校再開に向け準備を進めています。

その一環として、6月1日の学校再開に先立ち、全日制では、進路について心配を募らせている3年生と高校生活への期待と不安を抱えている1年生を中心に、来週5月25日から、個別や小グループでの面談を開始することにしました。6月1日(月)2日(火)については、先日各家庭にゆうパックでお届けした資料の中の「教務部からの連絡」に分散登校に関する内容が記載されていますので必ずご確認いただきたいと思います。また、定時制では、6月2日(火)から分散登校及び三者面談を始めさせていただきますので、ご出席いただきますようお願い申し上げます。

いよいよ学校再開に向けたカウントダウンが始まりました。生活習慣を整えるとともに、課せられている課題の完成を進めてもらいたいと思います。皆さんに会える日を楽しみにしています。

見え始めた光を目指して

定時制の PTA・教育後援会 の常任理事会に続き、今日(5/16)の午前中に全日制の PTA・教育後援会 の常任理事会を行わせていただきました。お休みの日に、また新型コロナウイルの感染が心配される中で、ご出席いただきました皆様に心より感謝申し上げます。本日ご協議いただいた内容をもとに、今後の対応を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

昨日(5/15)の午後、県教育委員会高田教育長の定例記者会見が行われました。新聞によると、高田教育長から、学校再開について「週1日程度の登校日を設け、授業動画や分散登校などを併用する期間が必要」との方向性が示され、緊急事態宣言が解除された39県の状況についても言及した上で、学校再開に向けた県としての段階や条件などの詳細について検討していることを説明したようです。

先日緊急事態宣言が解除された愛知県では、6月1日としていた学校再開を1週間前倒して、5月25日(月)とし、その準備期間を5月18日(月)から5月24日(日)まで、5月25日(月)の学校再開後、分散登校・時差登校を基本とする期間を設け、円滑に学校運営ができることを確認した上で、6月1日(月)から通常授業とすることを決めました。

特定警戒都道府県とされている埼玉県の学校再開がどのように進められるか現時点ではわかりませんが、新たな感染者が減少傾向になっていることから、早ければ5月21日(木)に緊急事態宣言が解除されるかもしれません。その場合、早ければ5月25日(月)から1週間程度、学校再開準備期間とし、その後、6月1日(月)から分散登校や時差登校を行うよう指示があるかもしれません。学校として、そのようなことも視野に入れながら、学校再開に向けた準備を進めていきたいと思います。

まだまだ多くの壁が立ちはだかるかもしれませんが、ようやく見え始めた光を目指して、生徒・保護者の皆様と一緒に乗り越えて行きたいと思います。

授業再開の準備になれば・・・

生徒の皆さんへ

学校からの学習課題が届いたでしょうか? 昨日の夕方に届いたという生徒もいるようです。
あと3週間もすれば学校が再開されるものと思いますので、毎日、決まった時間に起き、身体を動かし、頭を働かせるなど、規則正しい生活を送ってもらいたいと思います。

今日は、双方向のやり取りはできませんが、授業再開に向けた準備になればと思い、臨時休業中の学習に参考となるであろう動画サイトを2つ紹介したいと思います。
なお、動画視聴にあたり、通信事業者との契約状況によっては通信費などの費用がかかる場合もありますので、十分注意してください。

----------
1つ目は、県立総合教育センターが公開している「高校生向け」の学習動画です。様々な動画ありますので学習の参考にしてもらいたいと思います。
YouTubeでの公開のため、初めにアクセスした際に、YouTubeのホーム画面が表示されることがあります。一度その画面を閉じてから再度アクセスすると当該動画が表示されると思います。

https://www.center.spec.ed.jp/埼玉県立総合教育センター/高校生向け-学習動画

----------
2つ目は、一般社団法人日本技術者連盟・一般社団法人ものづくり日本語検定協会が提供する「より良いものづくりのための心構えと行動」などの動画12本です。企業での研修でも使われていますので、少し難しいかもしれませんが、チャレンジしてみてください。

表示される動画リストの英語版12本に続いて日本語版となっています。
また、「技術カテゴリー」内にあるすべての動画も観ることができます。

大宮工業高校の生徒が自由に閲覧することができる専用のIDとパスワードがありますので、以下のIDとパスワードを入力してください。

ID:omiya-th
パスワード:0486510445

http://wkx21c.org/search/result?c=2306&sort=1&p=1

参考までに内容の構成についてお知らせします。

[第1章]
 講義1 品質とは、品質管理とは
 講義2 品質優先の考え方
 講義3 管理活動と仕事の進め方
 講義4 改善とQCストーリー
 講義5 重点指向とは、標準化とは、検査とは

[第2章]
 講義1 工程とプロセス
 講義2 事実とデータに基づく判断
 講義3 QC七つ道具

[第3章]
 講義1 報告・連絡・相談(ほうれんそう)
 講義2 5W1H、三現主義、5ゲン主義
 講義3 マナー
 講義4 5Sと安全衛生の活動

先生方の思いがこもった・・・

5月12日14時、郵便局のトラックが学校を後にしました。このトラックには、臨時休業の延長に伴い、先生方の思いがこもった学習課題と国から配布された布製マスクなどが入っています。早ければ明日、遅くても明後日には、全日制と定時制の全生徒のもとに届くものと思います。
もしかすると巣ごもり生活の疲れから、学習課題を見た瞬間にげんなりしてしまう人もいるかもしれませんが、学校再開後に速やかに授業に入ることができるよう、自宅でしっかり取り組んでもらいたいと思います。
学校が再開されるまであと3週間弱。一緒に頑張りましょう!

I'll be back

5月1日、野球グラウンドのダイヤモンド内に、突如現れた、硬球で描かれた「I'll be back」の文字。これは、臨時休業期間が5月末日まで延長され、外出を自粛している生徒たちを元気づけようと、何人もの先生方が協力しながら描いたもの。
「I'll be back」は、映画ターミネーターのラストシーンで、アーノルド・シュワルツェネッガーが演じるターミネーターが溶鉱炉の中に入っていきながら残した言葉でも知られていますが、先生方の「一緒にいたい! 早く会いたい!」という強い思いが込められています。
この出来事は、5月2日の埼玉新聞の1面で紹介され、GW明けの5月7日には、「先生たちの情熱に涙が出ました」「感動しました」という内容のメールが何通も届いていました。新聞やHPを通して先生方の思いが生徒や保護者の皆様、地域の皆様に伝わったことに感謝するとともに、送られてきたメールに先生方も感動し、元気をいただきました。臨時休業はまだまだ続きますが、一緒に頑張っていきましょう。


 <新型コロナ>自粛中の生徒らへ、高校教諭らメッセージ 野球のボールで「I'll be back」(令和2年5月2日 埼玉新聞)

工業高校で学び工業に携わる私たちだからこそ

学校での教育活動が再開されぬまま5月になりました。校長室から見る景色は咲き誇る躑躅と花水木、そして、広々とした校庭。残念なことは、そこに生徒の姿がないことです。

すでに、メールや学校ホームページなどでお知らせしていることですが、埼玉県では県立学校の臨時休業期間を5月31日まで延長することが決まりました。心配されることは、生徒の皆さんの心身の健康状況と学びへの意欲です。
これまで、全日制の生徒の皆さんには学校HPを通じて、定時制のさんには郵送で、それぞれ学校からの学習課題を提供させてもらいましたが、このたびの臨時休業期間のさらなる延長に伴い、全日制・定時制の生徒全員に臨時休業中に取り組んでもらい新たな学習課題をゴールデンウィーク明けの5月12日を目途に郵送いたします。
今回の課題と前回の課題を含め、学校再開後に(仮称)学習状況確認テストなども計画していますので、自宅でしっかり取り組んでもらいたいと思います。
そして、このような状況を悲観するのではなく、よい機会ととらえ、工業高校で学び工業に携わる私たちだからこそ行えること・行うべきこと、社会や家族に対して支援できること、支援すべきことを考え行動してもらいたいと思います。

今私たちが行うべきこと

16時50分、県からのメールが届きました。そこには、本日開催された埼玉県新型コロナウイルス対策本部会議において、県立学校の休業期間を5月31日まで延長することが決まったことが記されていました。
生徒の皆さんに会える日が、また遠のいてしまいました。とても残念ではありますが、今私たちが行うべきことは、ツツジの花言葉の如く、節度ある生活を送ること。皆さん一人一人の我慢が、間違いなく自分や家族を守り、誰かの命を救うことにつながります。日々の努力は決して裏切りません。頑張りましょう!

学校の再開および生徒への学習支援については、学校ホームページなどによりお知らせしますので、頻繁に確認してください。皆さんに会える日を楽しみにしています。

花水木から躑躅へ

外出自粛要請のため、公園などにあるハナミズキをゆっくり眺めることはできませんが、学校の校庭にあるハナミズキは、今まさに見頃を迎えています。そして、いつの間にかツツジも満開となり生徒たちが登校する日を待ちわびています。ツツジの花言葉は「節度」「慎み」、英語では「temperance(節制)」だそうです。

先週末、東京都は、5月7日8日は児童生徒を登校させない日とし、「特定警戒都道府県」とされた茨城県、岐阜県、愛知県の3県と群馬県と奈良県の2県の計5県は、臨時休業を5月31日まで延長することが報じられました。埼玉県はどのような対応となるか現時点ではわかりませんが、いずれにしても、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためには、このツツジの花言葉のように、節度ある生活を送ることが求められています。我慢の日々はまだまだ続きますが、皆さん一人一人の我慢が、自分や家族を守り、誰かの命を救うことにつながります。そして、日々の努力は決して裏切りません。頑張りましょう!