高校生の自動二輪車等の交通安全に関する指導について

  これまで埼玉県では、自動二輪車等に関する指導について「三ない運動」を基本方針として取り組み、交通事故死傷者数や暴走行為が減少してまいりました。
  指導開始から30年以上が経過し、高校生を取り巻く社会環境が大きく変化しており、県では、交通安全教育の在り方を検討するため、検討委員会を設置して協議が重ねられました。県教育委員会は、同委員会からの提言を受けて、「高校生の自動二輪車等の交通安全に関する指導要項」を制定し、平成31年4月1日から運用することとしました。

概要につきましては、リーフレットをご参照ください。 
 

高校生の自動二輪車等の指導に関するリーフレット.pdf