日誌

山学部

【山学部】棒ノ嶺 登山

「関東ふれあいの道」渓谷を歩き、森林浴を楽しむ。名栗湖から棒ノ嶺山頂を目指す道

令和2年10月25日 日曜日 山学部員4名 顧問3名

  棒ノ嶺は別名、棒ノ折山と呼ばれています。所説あるようですが鎌倉時代の武将、畠山重忠が、山越えに使っていた石杖がこの地で折れたことが山名の由来になったといわれます。

 今回のルートは距離約10km標高差約730m渓谷をたどり岩場を登る沢歩きや、山頂では素晴らしい眺望が楽しめる行程5時間のコースを1年生の山学部員4名で登ってきました。

 


【山学部】夏山登山に行ってきました。

関東ふれあいの道「伊豆ケ岳を越えるみち」

天候に恵まれた、令和2年8月5日 水曜日 に部員10名、顧問3名にて夏山登山に行ってきました。

 このコースは、有馬秩父・奥武蔵の山々を始め、晴れた日には関東平野を一望できる伊豆ケ岳を中心とした全長14.5kmの健脚向きの自然歩道です。沿線には、足腰の守り神として有名な子の権現や西川材で名高い杉櫓の植林地帯。また、天目指峠・高畑山・古御岳・正丸岳といった尾根が続き、奥武蔵の自然を慕うハイカーが多数訪れるところです。


 

登山開始 正丸駅にて


山頂到着 伊豆ケ岳

秋山登山

11月14日県民の日に奥武蔵へ行ってまいりました。
正丸峠~伊豆ヶ岳~古御岳~高畑山~天目指峠~子の権現という15キロくらいのコースでした。
アップダウンが長く続く厳しい道でしたが、紅葉の美しい道のりでした。
山学部
部紹介
 
 
 登山実績
 
 
 ・春山合宿    ・・・白泰山 三国山 赤城山 等
 ・夏山強化合宿 ・・・平標山 苗場山 稲包山 等
 ・夏山合宿    ・・・尾瀬(平ヶ岳 燧ケ岳 会津駒ケ岳) 南アルプス(北岳 仙丈ケ岳) 等
 ・秋山合宿    ・・・日光白根山 谷川岳 等
 ・スキー合宿   ・・・苗場スキー場 田代スキー場 中里スキー場 神立スキー場 等
 ・春スキー合宿  ・・・神楽峰 かぐらスキー場 等 
 
 「山学部」という部活の由来は「山を学び、山で学ぶ部活動」から来ています。私たちの主な活動は、二ヶ月に一~二回山に登り、一~複数泊の合宿を行ないます。
 まず年度始めの春に、標高の低い山に登り山に慣れ、次に初夏の夏山強化合宿を前にランニングなどをやり、そして強化合宿を経て夏休みにはいるとすぐに一年間の最大の合宿、夏山合宿に入ります。秋にはきれいに紅葉した山々を見ながら登山をする秋山合宿があります。夏の山とは違った美しさがあり、とても楽しむことができます。
 冬はスキー合宿を行ないます。スキーでは顧問の先生が楽しく真剣に滑りを教えてくれます。スキー場ではスキー滑降を楽しみ、またスキー板をかついで山を登り、コースの無い斜面を滑ったりします。スキー合宿は冬休みと春休みに一回ずつ実施し、両方ともとても楽しい合宿です。
 
  山に登ると普段見られない自然や景色が見られます。老若男女問わず誰でも気軽に楽しめるスポーツなので、多くの人に山に登ってもらい、山の景色や登頂した時の爽快感を味わってもらいたいと思っています。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
■部員数
 
 ○1年生 5人 
 
 ○2年生 4人
 
 ○3年生 2人
 
活動時間
 
 ○火・木曜日(トレーニング日)放課後 各季節毎の合宿