柔道部
部紹介
大宮工業高校柔道部
主な実績
全国高校総体    ・・・団体25回出場
(インターハイ)      準優勝1回 入賞多数
             個人出場者多数
              優勝1人 準優勝2人 3位3人

関東高校柔道大会  ・・・男子50回出場(県内1位)
              準優勝2回 3位6回
             女子9回出場
             個人出場者多数
              男子 優勝2人 準優勝1人 3位4人
              女子 準優勝3人  
 
 大宮工業柔道部は伝統ある部活動です。OB・OGの人数は400人を超え、輝かしい実績を築いてきました。土日にはOB・OGが稽古をつけにきて細かなアドバイスをしにきてくれています。
現在は2時間半程度の稽古・トレーニングを重ね、これまでの実績を越えられるよう日々努力しています。
進路は柔道の強豪大学だけでなく、幅広い選択肢があります。工業高校ということで就職の方も細かくサポートします。
少しでも大宮工業高校柔道部に興味を持っていただけたのであれば、是非練習にきて一緒に稽古をして汗を流しましょう!(見学も可)
日誌

柔道部日誌

【柔道部】桜咲く。

緊急事態宣言の延長により、柔道場はひっそりとしています。

そんな折、3年生が二人、進路決定の報告に来てくれました!仲間たちが一人また一人と進路を決めていく中で焦りや不安があったはずですが、そんなことはおくびにも出さず、やるべき事に黙々と取り組んでいました。

明るいニュースは後輩たちの活気にもつながります。

本当におめでとう!

【柔道部】手本になる先輩たち。

柔道部の生徒は文武両道。

今日は2学年で、進路について学ぶ時間がありました。

希望どおりに進路を決めた3年生が、後輩に向けて話をする役を担いました。

柔道と向き合う芯の強さが、進路決定にも活かされた結果です。堂々と話をする姿はとても頼もしいものでした。

【柔道部】結果報告

1月10、11日の二日間、埼玉県高等学校柔道選手権大会が行われました。10名の選手が出場しましたが、全体として課題の残る結果となりました。

主な成績は以下のとおりです。

小島(52㎏級) 準優勝

長瀬(66㎏級) ベスト8

中善寺(73㎏級) ベスト8

笹目(81㎏級) 第3位 

なぜ負けたか、できたことはなかったか、強みを徹底するためにどうするべきか……各々が振り返らなければなりません。

来月7日まで部活動が停止となることを踏まえ、今日の放課後、この期間の過ごし方について監督からお話がありました。できることや環境が制限される中、ひとりひとりが気持ちを切らさず、時間を大切に過ごして欲しいと思います。

【柔道部】いよいよ明日は。

試合前日の今日は、全体で軽めの調整をしました。

監督からのお話は2つ。どんな状況でも諦めないこと、そして、ルールを守ること。

こんな時だからこそ、心が試されます。この情勢の中で試合ができることを大切な機会として、今できることを全て出したいと思います。

応援、よろしくお願いします。

【柔道部】練習は本番のように。本番は練習のように。

今週は、試合に照準を合わせて研究の時間を取っています。今日も3年生にアドバイスをもらいながら得意な技の確認をしました。

乱取りでも緊張が走ります。試合のヤマをつくる、最後までかけ切る、やることを徹底する。大切なことは普段の練習でも試合でも同じです。

緊急事態宣言の発令が取り沙汰されていますが、部員たちは不安を出さずに励んでいます。練習中に飛ぶ「できることをやる!」という監督の声が、部員たちの気持ちと重なるのでしょう。

【柔道部】2021年 始動!

今年の稽古始は恒例の初詣を自粛し、道場でのスタートとなりました。

大会1週間前ということもあり、試合を意識してお互いに声を掛け合いながらの練習ができました。

練習後、鯉渕監督からルールの確認についてお話がありました。先の全日本選手権を例に挙げながらの説明に、部員たちも試合の様子を思い出しながら聞いていました。

積み上げてきたことが結果につながるよう、みんなで雰囲気を盛り上げていきたいと思います。

今年も応援よろしくお願いいたします。

【柔道部】稽古納め

本日、2020年の稽古納めです。

来月17日までの部活動について県からの指示が出されたところですが、大会2週間前の部活動に限り活動が認められているため練習をさせていただいています。今日も鯉渕監督の熱のこもった指導の下、3年生の胸を借りて稽古に励みました。

 

昨年度末の休校要請が緊急事態宣言を受けて延長され、分散登校期間を経て6月22日から始まった学校生活。柔道部の部員全員が顔を合わせたのは25日でした。この間、あるはずの大会が中止になり、あっけなく部活動に区切りをつけざるを得なくなった3年生たちを気にかける監督の呟きが聞こえました。

練習再開のガイドラインに合わせて通常の活動はすぐに始められず、しばらくグループに分かれてトレーニング中心の日が続きました。練習時間や方法に制限があるものの、やっと、道着を着て道場で練習ができるとなった時の子どもたちの嬉しそうな顔はとても印象的でした。

 
出稽古の行き来ができず、情勢を見つつ慎重に練習を重ねた夏休み。与えられた環境の中で変化を持たせながら練習を見てくださる監督に、部員たちはしっかりとついていっていました。

2学期は教育実習生として来校した卒業生が練習に参加してくれる期間もありました。監督は毎日、練習の締めにいろいろなお話をしてくださいます。そのひとつに「 心技体、の言葉は、どうして“心”が最初にあるか」というお話がありましたが、先輩方の様子から柔道が強いことだけが大切なのではないと部員たちは改めて感じとっているようでした。

 
9月と11月には試合が行われ、無事に参加することができました。そして、年明けの10、11日には選手権大会が控えています。

感染症の不安が拭えないまま年末を迎えることとなりました。いつもと違う緊張感の中でモチベーションを保つ難しさを学んだ7ヵ月、部員たちの心は強くなっているはずです。

新年の練習は3日から始まります。

来年もよろしくお願いします。

【柔道部】場を清めよう

今日は、トレーニングの後、昼食を挟んで大掃除をしました!

畳の隙間のごみや埃を掻き出すのはコツが要ります。

日頃から行っているトイレ掃除も念入りに!

自分のことだけでなく、他の人のためになることもきちんと取り組みます。

神棚の埃も丁寧に払います。

こちらはロッカー内の整理中。みんなは、「立つ鳥跡を濁さず」で、卒業してくださいね。

一番大変だったのが畳の掃除です。ブラシで磨く人、雑巾で拭く人、手分けして作業を進めますがどんどん浮き出す汚れに四苦八苦…

元来、体を動かすのが好きな部員たち。監督と一緒に作業ができるのを楽しんでいました。しっかりチームになっています!

気持ちよくなった道場で、明日からまた練習です!

【柔道部】大会を見据えて…

今朝のトレーニングは、坂道ダッシュ!

空気はピリッと冷たいですが、清々しさも感じます。

午後は1月の大会を見据えて、実践をイメージした練習を行いました。

「集中を切らさない!」「ワンチャンスを見つける!」が、今日の課題でした。

いつも以上に緊張感のある引き締まった雰囲気で、本日の練習は終わりです。

【柔道部】朝トレ開始!!

期末考査も終わり、今日から朝のトレーニングが始まりました。

今日は、外周走と懸垂です。

今朝は気温が低いせいか、なかなか体も温まりませんでしたが、鯉渕監督が組んでくださったメニューをしっかりこなしました!この期間、いつも以上の追い込みをして、体をつくります。

午後の練習も頑張ろう!