野球部
大宮工業高校野球部

 大宮工業高校野球部は昭和43年の第40回選抜高校野球で優勝経験のある県内でも有数の伝統ある野球部です。近年では夏の埼玉県大会において平成25年にベスト32、平成28年にベスト16(20年振り)と着実にステップアップし、古豪復活へ向け取り組んでいるところです。
 しかしながらシード校の壁は厚く2年連続で上位進出を阻まれていることは紛れもない事実です。本校野球部では本気でシード校を破り、上位進出と古豪復活を目指す仲間を求めています。 
 高校野球で過ごす時間は何事にも代えがたい貴重な時間となり、共に苦楽を乗り越える仲間は「一生の友」となります。中学生の皆さん、ぜひ本校野球部で一緒に甲子園をめざしましょう。

<活動内容>   平日 15:50~19:30
         休日  9:00~18:00 
                
                                                ※3月~11月の練習試合予定日は上記の通りではありません。

<部員数>    1年生  13名
         2年生   7名
         3年生   7名
        計24名(女子マネージャー2名含む)


  
<主な実績>
昭和43年 第40回選抜高校野球大会 全国優勝
      
日誌

野球部

【野球部】練習試合(拓大一・郁文館戦)

8月9日(日) 対 拓大一高校・郁文館高校

 対 拓大一 5-6●

 対 郁文館 0-6●

 

 拓大一高戦は、先発の高橋(2年)がランナーを出しながらも要所を締め上々の滑り出しでした。しかし3-0で迎えた、5回表に三塁ランナー無視の指示を守れず、スクイズされたバントがオールセーフとなり、逆転されます。割り切る場面で目先にこだわった悪いプレーとなってしまいました。

 

 相手ミスにより何とか同点まで持っていったもの6回に勝ち越され敗れました。

 暑さのせいか中盤にリードを許した後に確認が不足してしまったことが反省点です。

 郁文館戦は暑い中の連戦となり、体力の消耗が激しくいい場面があまりありませんでした。

 大会前、最後にしては不安の残る結果となりましたが、今回の失敗を大会で繰り返さないように注意して練習をしていきたいと思います。

【野球部】お知らせ

 8月10日(月)に予定されていた夏季大会2回戦が、対戦校のコロナ感染症による教育活動停止中のため不戦勝となりました。

 3回戦は13日(木)川口市営球場にて9時より行われます。

 対戦校は11日(火)に行われる大宮北ー武南の勝者となります。

 引き続き、無観客試合となりますが、応援よろしくお願いいたします。

【野球部】練習試合(寄居城北戦)

8月4日(火) 対 寄居城北高校(寄居城北グラウンド)

 第1試合 28-2 〇

 第2試合 12-1 〇

 大会前、最終戦は2試合とも大量得点で勝利しました。

 第1試合は初回に先発の樋口(2年)が2点を失いましたが、2回表に吉澤(2年)と菅原(2年)の連続長打と相手エラーで逆転に成功。4-2で迎えた4回表には柳坪(3年)のツーベースを足掛かりに有江(3年)、樋口、小野(2年)、栗原(3年)の連打などで一挙9得点をあげました。

 その後も攻撃の手を緩めることなく28得点を叩き出し勝利しました。

 第2試合は3年生7人全員がスタメンに名を連ね試合を行いました。2回裏に小林(3年)の先制タイムリー、続く武笠(3年)のツーベースなどで4得点をあげ7回までに12得点。先発手代森(3年)と2番手で登板した小野が1失点に抑え勝利しました。

 2試合とも大勝となりましたが、気を引き締めて10日の岩槻戦に臨めるように緊張感を持って練習を重ねたいと思います。

 

【野球部】練習試合(蓮田松韻戦)

8月2日(日) 対 蓮田松韻高校(蓮田松韻グラウンド)

 第1試合 4-3 〇(延長8回タイブレーク)

 0-0で迎えた2回裏に樋口(2年)、小野(2年)、栗原(3年)が連打で満塁のチャンスを作り、吉澤(2年)がセンター前に2点タイムリーを放ち、2点を先制します。その後走塁ミスが出て、2点どまりが惜しまれますが、コンパクトにスイングできた良い攻撃だったと思います。

 3回裏にはワンアウトから1番橋本(3年)がレフト前ヒット、2番柳坪(3年)とのエンドランが決まり1・3塁とチャンスを広げたものの無得点。詰めの甘さが出てしまいます。

 先発の高橋(2年)は、3回まで無失点できたものの、4回にスクイズで1点を失い、2-1。

 5回は先頭バッターにデッドボールを与え、送りバントの後、牽制悪送球後にタイムリーを浴び同点に追いつかれます。

 その裏の攻撃は先頭の栗原(3年)がレフトオーバーのツーベースで出塁するものの後続が断たれ無得点に終わり、重い空気が漂います。

 2-2で迎えた7回表、2番手で登板した手代森(3年)が犠牲フライで1点を失い、リードを許します。

 後がなくなった7回裏の攻撃、途中出場の菅原(2年)が相手エラーで2塁まで進み、進塁打で3塁へ進塁。ここで柳坪(3年)が犠牲フライを放ち、土壇場で同点に追いつくことができました。

 その後、大会を想定して、8回からノーアウト1・2塁から始まるタイブレークで再開。

 8回表、相手の送りバントを手代森が好フィールディングで3塁封殺。その後のライトフライでタッチアップを狙ったランナーを小林(3年)-樋口ー橋本の中継プレーでタッチアウトにしダブルプレーで無失点で切り抜けます。

 8回裏は先頭の樋口がレフト前へ弾き返し、サヨナラで勝利しました。

 走塁面でのミスがあり、これがなくなればもう少し得点できたと感じます。守備は随所で落ち着いたプレーが見られたことが収穫でした。

 練習試合は残り1カードですが、いい形で大会を迎えられるように持っていきたいと思います。

【野球部】OB会激励会

 

 8月1日(土)、本校グラウンドにおいてOB会による激励会が実施されました。

 神田OB会長から激励の言葉とボール10ダースを寄贈して頂きました。

 また、保護者会からは柳坪会長からの激励の言葉と千羽鶴が贈呈されました。

 コロナウィルスの影響で参加者を限定しての実施となりましたが、OB会の皆様方、保護者の方々の思いを受け、一戦必勝の思いで夏季大会へ挑みたいと思います。