野球部
大宮工業高校野球部

 大宮工業高校野球部は昭和43年の第40回選抜高校野球で優勝経験のある県内でも有数の伝統ある野球部です。近年では夏の埼玉県大会において平成25年にベスト32、平成28年にベスト16(20年振り)と着実にステップアップし、古豪復活へ向け取り組んでいるところです。
 しかしながらシード校の壁は厚く2年連続で上位進出を阻まれていることは紛れもない事実です。本校野球部では本気でシード校を破り、上位進出と古豪復活を目指す仲間を求めています。 
 高校野球で過ごす時間は何事にも代えがたい貴重な時間となり、共に苦楽を乗り越える仲間は「一生の友」となります。中学生の皆さん、ぜひ本校野球部で一緒に甲子園をめざしましょう。

<活動内容>   平日 15:50~20:00
         休日  9:00~18:00 
                
                                                ※3月~11月の練習試合予定日は上記の通りではありません。

<部員数>    1年生  11名
         2年生  7 名
         3年生  16名
        計34名(女子マネージャー1名含む)


  
<主な実績>
昭和43年 第40回選抜高校野球大会 全国優勝
      
日誌

野球部

【野球部】学校部活動説明会お礼

 11月14日(木)に実施された学校部活動説明会に参加頂いた16名の選手の方々並びに保護者の皆様方、ありがとうございました。

 これから寒い日が続きますが体調に留意し受験勉強を頑張ってください。

 4月から一緒に野球をやれることを楽しみにしております。

【野球部】練習試合結果(横浜翠陵戦)

11月17日(日)対 横浜翠陵高校(大宮工業グラウンド)

 第1試合 7-9 ●

 第2試合 0-20 ●

 第1試合は1回表に3点、3回表に1点を奪われ前半はペースを握れないまま試合が進んでしまいました。

 4回裏にフォアボールを足掛かりに1点を返したものの、続く2アウト満塁を潰し1得点止まりで終わってしまいます。

 1-4で迎えた6回裏に2つのフォアボールにヒット2本で3得点し、同点に追いついたものの逆転まで至りませんでした。

 7回に再びリードを許し迎えた8回表、3失点を喫し勝負あったかに思われましたが、その裏に粘りを見せ3得点し1点差のまま最終回に入ります。

 しかし9回表にバッテリーミスで大事な1点を失い2点差で敗れました。

 5回までリードを許す展開でしたが、一旦は同点に追いつけたこと、8回に3点を失った直後に怯まずに攻撃し取り返したことは大きな成長だと感じました。同点止まりでなく一挙に逆転できるのが強いチームだと思います。そのレベルを目指しさらに頑張りたいと思います。

通算13勝42敗4分け

【野球部】練習試合結果(立志舎戦)

11月16日(土) 対 立志舎高校(大宮工業高校グランド)

 第1試合 3-2  〇

 第2試合 9-17 ●

 第1試合は競った試合に勝利することができました。

 3回表に先制タイムリーツーベースが出て1-0。

 4回表に追加点を奪う大チャンスを迎えたもののスクイズで小フライが上がりゲッツーで流れを失いかけます。

 しかしながら続く5回表にフォアボールと相手ミスで広げたチャンスで左中間に長打が出て2点を追加し3-0とします。

 6回裏に相手打線が3巡目を迎え、タイミングが合い始めたところでエラーも絡み2点を失いますがその後は0に抑え1点差で勝利しました。

 7回表、1アウト満塁からスクイズを空振りし、ランダウンプレー間に2人のランナーがアウトになってしまうというミスが出ました。ルールはわかっていたようですが慌ててしまったようです。このような経験をたくさん積んで夏の大会へ向け1歩ずつ成長していくしかありません。

 第2試合は1回表から先発ピッチャーが四死球で崩れ6失点。2回までの攻撃で一時は同点に追いついたものの、その後に登板したピッチャーも相手打線の勢いを止めることができずに敗れました。

 通算13勝40敗4分け

【野球部】大宮与野杯4日目

11月14日(木)大宮与野杯4日目(大宮工業グラウンド)

 順位決定戦 対 大宮光陵 18-4 〇

 大宮与野杯7・8位決定戦を行いました。序盤3回は2-1とリードして試合を進めることができました。5回裏に3点を入れ、優位に試合を進められるかと思ったものの直後の6回表に3失点を喫し、点差を広げることができませんでした。

 それでも7-4で迎えた8回裏に7安打を集中し、四死球も絡み一挙9得点を挙げ勝利しました。

 この結果、今年度の大宮与野杯は7位という結果となりました。

 

通算12勝39敗4分け

【野球部】練習試合結果(所沢中央戦)

11月10日(日) 対 所沢中央高校(大宮工業グラウンド)

 第1試合 0-2  ●

 第2試合 3-11 ●

 

 第1試合は競った展開でしたが敗れました。先発ピッチャーが2失点と好投していただけにもったいない試合となりました。

 失点は2点とも防げそうなものだっただけに悔しい結果となりました。

2回はフォアボールにバッテリーミスが絡んだ直後のタイムリー、6回は内野のエラーが2つと犠牲フライとミスでの失点となりました。

 攻撃も打席内での工夫がなく凡退を繰り返してしまったり、キャッチャー牽制でのアウトや送りバントが失敗するなどチグハグなものとなってしまいました。

 第2試合は2-4で迎えた8回にツーアウトからフォアボールと連打で満塁のピンチを招き、レフトオーバーを浴びるなど6失点と我慢することができずに敗れました。

 それでもこの日はゲッツーを取ったり、外野手のフライへの入り方だったりとポジション練習でやっていることができ始めていると手応えを感じさせる部分も多くありました。

 打てない時、エラーした時、打たれた時・・・自分がうまくいかなかった時に切り替えて、元気を出し、頑張れる選手に成長していかなければいけません。

通算11勝39敗4分け