野球部
大宮工業高校野球部

 大宮工業高校野球部は昭和43年の第40回選抜高校野球で優勝経験のある県内でも有数の伝統ある野球部です。近年では夏の埼玉県大会において平成25年にベスト32、平成28年にベスト16(20年振り)と着実にステップアップし、古豪復活へ向け取り組んでいるところです。
 しかしながらシード校の壁は厚く2年連続で上位進出を阻まれていることは紛れもない事実です。本校野球部では本気でシード校を破り、上位進出と古豪復活を目指す仲間を求めています。 
 高校野球で過ごす時間は何事にも代えがたい貴重な時間となり、共に苦楽を乗り越える仲間は「一生の友」となります。中学生の皆さん、ぜひ本校野球部で一緒に甲子園をめざしましょう。

<活動内容>   平日 15:50~19:30
         休日  9:00~18:00 
                
                                                ※3月~11月の練習試合予定日は上記の通りではありません。

<部員数>    1年生  13名
         2年生   7名
         3年生   7名
        計27名(女子マネージャー2名含む)


  
<主な実績>
昭和43年 第40回選抜高校野球大会 全国優勝
      
日誌

野球部

【野球部】練習試合(柏陵戦)

9月13日(日) 対 柏陵高校(大宮工業G)

 第1試合 0-2  ●

 第2試合 0-18 ●

 

 2試合とも打線が沈黙し、連敗を喫しました。

第1試合は小野(2年)が8イニング2失点と頑張ったものの打線の援護がなく敗れました。失点は5回裏のセーフティスクイズと8回裏のスクイズの2点でした。目標にしていた1イニング1失点を達成し、新チーム最少失点で試合を終えました。

 

 第2試合はここまで出場機会の少なかった選手が出場しましたが、レベルの差を痛感させられる結果となりました。

 試合に出場しているメンバーがコミュニケーションをとることができずに目に余るプレーが頻発してしまったことを反省して個々のレベルアップを図ってもらいたいと思います。

通算2勝10敗

【野球部】練習試合(狭山工業戦)

9月12日(土) 対 狭山工業高校(狭山工業G)

 第1試合 12-7 〇

 天候が危ぶまれましたが1試合を行うことができました。大会前からけが人が相次ぎ、チーム状態は苦しいものがありましたが、先発した小川史(1年)が8イニングを投げ5失点とゲームを作り勝利しました。

 序盤3イニングは相手投手の術中にはまり得点を伸ばすことができませんでしたが3点を追いかけた6回裏に小川(2年)、大澤(1年)に連続タイムリー、続く小林俊(1年)の当たりがランニングホームランとなり逆転に成功。

その後も3点を追加、8回裏には試合を決定づける4得点を挙げ、逃げ切ることができました。

通算2勝8敗

【野球部】秋季南部地区大会代表決定戦

9月10日(木) 県営大宮公園球場

         大宮工業 3 - 6 市立浦和

 県大会出場をかけて代表決定戦に挑みました。

 

1回表、先頭の大澤(1年)がセンター前ヒットで出塁します。1人倒れた後、大澤が盗塁を決めます。その後吉澤(2年)がフォアボールでつなぎワンアウト1・2塁のチャンスを迎え、エンドランを仕掛けますがライナーゲッツーとなり無得点に終わります。

 その裏、ランナーをスコアリングポジションに進められますが、先発の小野(2年)が要所を締め、両チーム無得点で初回を終えます。

 2回表にも先頭の小川(2年)がヒットで出塁したものの無得点。2回裏を迎えます。ワンアウト後、ヒットとデッドボールでピンチを招き、続くバッターにタイムリーを浴び先制を許します。なおも1・3塁のピンチで動き出した1塁ランナーに惑わされ3塁ランナーのホームインを許しこの回2失点。

 3回表の本校の攻撃は先頭の渡邊(2年)がヒットで出塁し、相手バッテリーミスで2塁に進んだもののライナーゲッツーで無得点に終わります。3回裏、長短3安打に足を絡められ3失点。3回を終えて0-5という展開となってしまいました。

 試合はそのまま進み、5回表の本校の攻撃。先頭の菅原(2年)がレフト前ヒットで出塁。ワンバンスタートを上手く決めノーアウト2塁のチャンスで1回戦4打点の小林俊(1年)がレフト前ヒットで続き、その後小林隼(1年)がフォアボールを選び、ノーアウト満塁の反撃のチャンスを迎えます。ここで渡邊が犠牲フライを放ち、1点を返します。続くチャンスで複数得点を奪えないところが甘さだと感じます。

 5回裏、せっかく4点差になった直後でしたが、再び1点を奪われリードを広げられてしまいます。

 しかし6回表、先頭の吉澤(2年)、続く小野の連続ヒットでチャンスを作り小川の犠牲フライで1点を返し4点差。ここでも後続が断たれ、1得点のみだったことが悔やまれます。

 そのまま試合が進み、8回表にも菅原のタイムリーで1点を返す粘りを見せますが、この回も1点しか奪えず敗れてしまいました。

 1回戦では記録上だけで4つのエラーがありましたが、この試合は1つと成長が見られました。

 得点できたイニングすべてが1得点のみだったことが悔やまれます。2塁にランナーを置いた状況でヒットが出ても、1・3塁どまりとなってしまい、その後のバッターが犠牲フライという場面がありましたが、打つだけではなく、走塁を含めた「攻撃力」を高める必要性を感じました。

 敗れたものの課題が明確となり、県大会出場校との差を知ることができた本大会を来春に活かせるように練習を積んでいきたいと思います。

 通算1勝8敗

 

【野球部】秋季南部地区大会1回戦

9月7日(月) 県営大宮公園球場

        大宮工業 9× - 8浦和西

 

 速報でお伝えした通り、サヨナラ勝ちで新チーム初勝利を挙げ、1回戦を突破しました。

 

 予定通りにアップを始めたものの、台風の影響から試合開始が予定から1時間半遅れの開始となりました。 

 1回裏、ワンアウト1・2塁の先制のチャンスを迎えたものの併殺に倒れ先制点を挙げることができませんでした。

 2回表にエラー2つで先制点を与え、3回表には雷による約30分の中断を経て、再開直後にタイムリーヒットを浴び2点を追加された後、さらにバッテリーミスとエラーでさらに2点を追加されます。

 0-5で迎えた3回裏にようやく反撃を開始し、4番小野(2年)、5番小川(2年)に連続タイムリーが出て、2点を返します。その後のチャンスでも小林俊(1年)が犠牲フライを打ち、3回を終え3-5と2点差に詰め寄ります。

 しかし直後の4回表にノーアウト満塁のピンチを招き、ツーアウトまでこぎつけたもののタイムリーを浴び2点の追加を許します。ゲッツーが取れなかったことが大きく響きました。

 5回裏の本校の攻撃、小野がスリーベースを放った後、小林俊がタイムリーを打ち1点を返します。

 6回表には内野のエラーで相手に追加点を与えてしまいましたが、その裏に甲田(1年)と大澤(1年)に連続で長打が出て1点、その後こ先発してここまで我慢強く投げ続けた樋口(2年)が自ら犠牲フライを打ち2得点を挙げ6回を終え、6-8と2点差のまま終盤を迎えます。

 7回表からリリーフした小野が9回表の中断も含めて、得点を許さず迎えた9回裏。先頭の樋口、続く吉澤(2年)が連続安打でチャンスを作り、小野がフォアボールを選びノーアウト満塁の大チャンスを迎えます。バッター小川の場面で相手バッテリーにミスが出て1点差に詰め寄り小川もフォアボールでなおもノーアウト満塁。ここまで2打点の小林俊がセンター前に気合で運び二者が生還し、見事にサヨナラ勝ちを収めました。

 新チーム初勝利を公式戦で挙げられたこと、先発の樋口、リリーフした小野が課題であった四死球の多さを改善できたこと、チーム全員が最後まで諦めずに戦い抜いたことに成長を感じさせられました。

 県大会出場をかけて次戦も精一杯戦いたいと思います。

通算1勝7敗

【野球部】練習試合(国際学院戦)

9月4日(金) 対 国際学院高校(大宮工業G)

 第1試合 5回表、雷によりノーゲーム

 6時間授業の後でしたが、大会前最後の練習試合を行いました。

初回からフォアボール、バッテリーエラーで失点を重ねてしまいました。

攻撃では下位打線に入った、小林俊(1年)、小林隼(1年)に連続タイムリーが出ました。

 4番の小野(2年)も長打が出てランナーを返すバッティングができました。

 雷が近づいてきたため、5回表で打ち切りとなりましたが大会に向け打線が活発になってきたことが良かったと思います。

 ランナーをスコアリングポジションに置いた場面で落ち着きがなくなり、周りが見えなくなってしまうので大会では、その点に気を付けて試合を進めたいと思います。