校長室より

至誠一貫

【校長室より】社会とつながる授業

1/18(火)に、深谷市の古郡建設株式会社様のプロデュースにより行われた、SDGsの視点からのオンライン現場見学会の様子が、昨日1/20に埼玉建設新聞と建設通信新聞の2誌で報じられました。記事の中には、「春から現場監督で働く。とても勉強になった」「建設業でSDGsが当たり前になっていることが知れてよかった」などの生徒の声がありました。新型コロナウイルス禍でなくても、実際の建設現場を見ることは難しいことですが、オンラインであれば可能であることが確認できました。工業高校においては、実際の社会とつながることは極めて大切なことであると思います。今後の授業の広がりが楽しみです。ご支援いただきました古郡建設の皆様に心より感謝申し上げます。

こちらもぜひご覧ください。
オンラインによる現場見学会|古郡建設株式会社様HP

 

古郡建設株式会社様の詳細は、こちらをご覧ください。

【校長室より】課題研究発表会(機械科・電子機械科・電気科・工業技術科)

昨日1/19の建築科に続き、今日は、機械科・電子機械科・電気科・工業技術科の「課題研究発表会」が行われました。どの学科も新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、体育館を会場としたり、複数の教室をオンラインで結んだり、3密を回避するために工夫しながらの発表会となりました。発表もさることながら、このような状況下においても、生徒たちは臨機応変に柔軟に対応してくれました。さすが宮工生!です。

全日制3年生、定時制4年次の皆さん、素晴らしい発表会をありがとうございました。そして、お疲れ様でした。ご支援いただきました先生方、お疲れ様でした。

[機械科]


[電子機械科]


[電気科]

[建築科](1/19実施 写真再掲)

[工業技術科] 

 

開会式・閉会式では、次のようなあいさつをしました。

令和3年度 課題研究発表会 あいさつ(要旨)

1年間に及ぶ「課題研究」、大変お疲れ様でした。
その「課題研究」も今日の発表をもって終了となります。

今年度も、新型コロナウイルスの影響により、時間が奪われ、なかなか思うように研究を進めることができなかったのではないかと思いますが、このような状況だからこそ、時間のことも考えて、工夫しながら活動した今年度の課題研究は、とても価値あるものだと思います。

高校の学びの集大成となる発表会がこれから行われるわけですが、ぜひ、自分自身が、この1年でどれだけ成長できたかを実感できる発表に、また、仲間や先生方に「あいつ成長したなぁ」と感じ取ってもらえるような発表にしてもらいたいと思います。

その中で、あえて意識して発表してもらいたいことがあります。

学校で学ぶすべての科目には、国や県によって目標が設定されています。当然「課題研究」にも、その目標が定められています。「課題研究」の目標は、次のように記されています。

工業に関する課題を設定し,その課題の解決を図る学習を通して,専門的な知識と技術の深化,総合化を図るとともに,問題解決の能力や自発的,創造的な学習態度を育てる。

このことからゴールとして、「作品を完成させる。」「資格を取る。」などの目標を設定して、「予定通りの作品ができたかどうか?」「目指した資格を取得することができたかどうか?」を評価するだけなく、

①主体的に取り組めたかどうか?
②仲間と協働できたかどうか?
③あきらめずに最後まで取り組めたかどうか?

この3つの観点で、この1年間の「課題研究」を、そして、3年間の高校生活を振り返ってもらいたいと思います。

私が言えることは、3年生の皆さんには、間違いなく、

①主体的に取り組む力
②仲間と協働する力
③あきらめずに最後までやり通す力

が間違いなく身に付いたと思います。そのことを、発表を通して、気づき、確信してもらいたいと思います。

結びに、この後行われる発表会が、実りあるものとなることを祈念して、あいさつとさせていただきます。

1年間の「課題研究」、そして、3年間の本校での学び、大変お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

【校長室より】課題研究発表会(建築科)

5科の先陣を切って、建築科の「課題研究発表会」が行われました。今日の発表会は、建築科3年生が互いの取り組みを発表し合い、情報共有と明後日1/21に行われる後輩を対象とした発表会のリハーサルも兼ねて行われたものです。
新型コロナウイルスの感染が急拡大していることから、3密を回避するため、2クラスが一堂に会すことなく、スタジオとなる教室と生徒たちがいる2つのHR教室をオンラインで結んでの開催となりましたが、生徒たちは臨機応変に対応してくれ、立派な発表会となりました。生徒たちには、今日の発表会を振り返り、よかった点はさらによくし、修正すべき点は改善し、明後日の発表会に臨んでもらいたいと思います。生徒の皆さん、お疲れ様でした。明後日も頑張ってください。

【校長室より】5科の資料が勢ぞろい

全日制(機械科・電子機械科・電気科・建築科)、定時制(工業技術科)、5科の「課題研究発表会」の資料が勢ぞろいしました。
内容からも、1年間の課題研究に真剣に取り組んできた様子が伝わってきます。明日1/29には建築科、20日には機械科、電子機械科、電気科、工業技術科の発表会が行われます。生徒たちには、有終の美を飾る、思い出深い課題研究発表会になるよう努めてもらいたいと思います。

【校長室より《速報》第1種電気工事士 合格者20名超!

このほど、第1種電気工事士の合格発表があり、本校生徒の合格者が20名超となることがわかりました。
第1種電気工事士は、ビルや工場などの大規模な電気設備の工事作業に携わるために必要な資格であり、社会人技術者でも容易に合格することのできない難関ともいわれる国家資格です。
20名を超える生徒が合格する学校は少なく、電気科設置規模にかかわらず埼玉県トップクラス、また、このこのあと発表される全国高校生合格者ランキングでも上位に位置付けられるものと思います。
合格した生徒の皆さん、おめでとうございます。ご支援いただきました先生方、ありがとうございました。

※第1種電気工事士に関する詳細は、こちらをご覧ください。

【校長室より】最先端加工機の導入!(レーザー加工機)

専門高校における、ウィズコロナ・ポストコロナ社会、技術革新の進展やデジタルトランスフォーメーションを見据えた、高性能ICT端末等を含む最先端のデジタル化に対応した整備を行うための国の「スマート専門高校事業」の一環として、実習室にレーザー加工機が導入されました。
今回導入されたレーザー加工機は、木材やアクリル板などが加工できるレーザ加工機2機と、金属を加工することができる金属レーザー加工機2機、2機種4機のレーザー加工機です。
全国的に見ても金属レーザー加工機が導入されている高校はほとんどありません。生徒たちには、この最先端加工機を大いに活用し、自らの可能性を高めてもらいたいと思います。

【校長室より】校長室が明るい雰囲気に包まれました

今日、校舎内では「第3回学校説明会」と「PTA・教育後援会常任理事会」が、校庭ではサッカー部の公式戦が行われたため、多くの来校者がありました。感染防止対策ををお願いしていることから、少し窮屈な状況であったと思いますが、御協力いただきありがとうございました。
予定されていた学校説明会は、今日が最終回となり、あとは願書受付の日を待つばかりです。説明会にご参加いただきました中学生と保護者の皆様、ありがとうございました。今日の学校説明会が、皆様の高校選択の一助となれば幸いです。来年度から始まる高校生活が豊かなものとなることをお祈り申し上げます。

また、PTA・教育後援会常任理事の皆様には、御多忙の中お集まりいただきありがとうございました。どの学校よりも多くの学校行事を行ってきましたが、役員の皆様に御支援いただける行事は少なく、充実したPTA・教育後援会活動が行える機会を提供することができませんでしたこと、お詫び申し上げます。今年度も残すところわずかとなりましたが、引き続きよろしくお願い申し上げます。
会議のあとに、校長室内の生徒作品をご覧いただきたいと思い、御案内させていただいたところ、多くの役員の皆様にお立ち寄りいただきました。ご来室いただいた皆様の驚かれた様子と感動されている様子がとても印象的でした。中には、縄文土器パズルにチャレンジされた方々もおられ、完成した時には歓声と喝采が沸き起こり、校長室が明るい雰囲気に包まれました。お立ち寄りいただいた役員の皆様、ありがとうございました。

【校長室より】「宮工フードドライブ」実施中!

もったいないと思ったら フードドライブ

現在、生徒会が中心となって「宮工フードドライブ」を実施しています。フードドライブとは、家庭で余っている食品を回収し、福祉施設等に寄付する活動のことで、本校ではSDGsの一環として実施しています。

SDGs-01 貧困をなくそう
SDGs-02 飢餓をゼロに
SDGs-12 つくる責任 つかう責任

お持ちいただく際には、以下の点にご注意ください。

① 未開封であるもの(包装が破損していないもの)
② 賞味期限が明記され、2か月以上あるもの
③ 常温保存可能なもの(冷凍・冷蔵・生鮮食品以外)
④ 製造者または販売者表示があるもの
⑤ 成分またはアレルギー表示があるもの

「宮工フードドライブ」は、1月21日まで実施しています。皆様のご協力をお願いします。

【校長室より】「3年生に聞く」

6時間目のLHRの時間を活用して、「3年生に聞く」が行われました。「3年生に聞く」は、3年生が1年間取り組んできた進路活動をレポート等にまとめ、3年生自らの言葉で、2年生に伝える取組です。自らの体験談であることから、3年生は熱く語り、その言葉は重く、2年生も真剣に耳を傾けていました。2年生の生徒たちには、来年度の進路活動に活かしてもらいたいと思います。3年生の皆さんありがとうございました。

写真は、機械科の「3年生に聞く」の様子です。2年生2クラスと3年生2クラスの4クラスの合同実施のため、体育館を会場に行いました。

【校長室より】DX化を進めるための工事が始まります

国の「スマート専門高校事業」によるOAフロア化の工事が始まりました。スマート専門高校事業とは、Society5.0時代における地域の産業を支える職業人育成を進めるため、専門高校にDX(デジ タルトランスフォーメーション等)に対応した施設・設備を整備する事業です。本校には様々な機械や装置が導入されますが、今回行われる工事は、機械や装置の導入に先立ち、フロアをOA化するとともに空調設備等を設置するものです。そのため、下の図の位置に足場が組まれました。2月末日の完成を目指し作業が行われますので、生徒たちには、不用意に工事現場に立ち入らぬよう、気をつけてもらいたいと思います。工事業者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。