校長室より

至誠一貫

【校長室より】県教委のツイッターで!

今日(8/17)昼過ぎ、昨日(8/16)行われた電子機械科3年生による「地球温暖化問題に関する研究」の取り組みの様子が、県教委のツイッターで紹介されました。生徒たちの活動の様子を紹介していただけることは何よりも嬉しいことです。

関係の皆様に心より感謝申し上げます。また、生徒の皆さん、お疲れ様でした。引き続き思う存分楽しみながら、研究を進めてください。

※県教委のツイッターは、こちらからアクセスできます。ぜひご覧ください。

【校長室より】「高校生がビッグデータを使って地球温暖化対策研究」

マイスター・ハイスクール事業の一環として、電子機械科の3年生が課題研究で取り組んでいる地球温暖化問題に関する研究の取材がありました。
これまで生徒たちは、埼玉県環境科学国際センターの大和先生の指導のもと、リアルタイムに暑さ指数を測定できる環境測定装置を製作し、県内工業高校等20か所に設置。今日は、埼玉県環境科学国際センターの大和先生の指導を仰ぎながら製作した環境測定装置から10分間隔で収集されるビッグデータの活用法などを話し合いました。本当にすごい生徒たちです!

取組の様子は、今日8/16のニュース545(テレビ埼玉)で報じられました。テレ玉YouTubeにもアップされましたので、ぜひご覧ください。また、後日、新聞でも報じられる予定です。

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=K_SG7aqH_Q8

【校長室より】HR棟東側トイレ改修工事の防音壁が解体されました

快適ハイスクール事業の一環として行われているHR棟東側トイレ改修工事の防音壁が解体されました。大きな音の出る作業が終わり、内装工事に切り替えられるのでしょう。人が生活するにはなくてはならないトイレ。今回の工事により、HR棟の全てのトイレが、快適な空間に生まれ変わります。引き渡しは1か月後の予定ですが、完成するのが今からとても楽しみです。生徒たちは快適に利用してもらいたいと思います。

【校長室より】新しい知識や技術を学ぶ大切な時間!

夏休みも中盤となり、生徒たちは充実した日々を過ごしているものと思います。

 第1視聴覚室では、県内の多くの建築科の先生方が集まり、株式会社新和測機様と救いコンピュータアーキテクト株式会社様のご協力により、「BIM」に関する研修会や研究協議が行われました。

※BIM(Building Information Modeling)
建物とそれに関わる多様な情報を「3次元建物モデル」に集約・統合し、これを建物データベースとして、設計から施工、維持管理にいたるプロジェクトのライフサイクルを通じて活用する建築手法

また、機械科CAD室では、県内の機械系学科の先生方が集まり、5軸マシニングセンタとCAD/CAMに関する先端技術研修会が、今日から6日間の日程で始まりました。

先生方にとって夏休みは、新しい知識や技術を学ぶ大切な時間となっています!

【校長室より】校長室の宝物!(モデルロケット)

全日制自転車競技部は四国で、定時制バスケットボール部は東京で、全力でインターハイに臨んでいます。コロナ禍の中でも全国各地で活躍している宮工の生徒たち。本当にすごい生徒たちです。
そして、ラジオ部ロケットプロジェクトの生徒たちが“世界一”を目指し取り組んでいるロケット甲子園まであと1か月。生徒たちは、準備に余念がありません。そのラジオ部ロケットプロジェクトの生徒たちが、校長室にモデルロケットを持ってきてくれました。大空高く打ち上げることができるよう験を担ぎ、校長室内の一番高い場所に展示しました。
ロケット甲子園は、10月10日(土)に静岡県の朝霧高原で開催されます。
頑張れ宮工!頑張れラジオ部!応援よろしくお願いします。