校長室より

至誠一貫

【校長室より】「前へ、そして、さらなる高みへ」

今日(10/22)、6時間目のLHRの時間に校長室と全HR教室をリモートで結び、夏から今日までの間に行われた大会において優秀な成績を収めた生徒たちの表彰式と全国大会と関東大会に出場する選手たちの壮行会を行いました。
全国大会に出場する宮本選手、関東大会に出場する中山選手と菊田選手には、これまでの努力と熱い思いを遺憾なく発揮して、自分自身が納得できる最高の成果を収めてもらいたいと思います。

壮行会で述べた「激励の言葉」は以下のとおりです。

 


激励の言葉

陸上競技部 宮本 嶺 選手 全国高等学校陸上競技大会2020への御出場おめでとうございます。
そして、自転車競技部 中山 拓海 選手、菊田 龍史 選手 関東高等学校新人自転車競技大会への御出場おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。

皆さんは、新型コロナウイルス禍の中で充分な練習ができない日々を乗り越え、宮本選手は全国大会に、中山選手と菊田選手は関東大会に出場されることを心より嬉しく思うとともに、大宮工業高校の誇りに思います。
それぞれの大会では、これまでの努力と熱い思いを遺憾なく発揮して、自分自身が納得できる最高の成果を収めてもらいたいと思います。

全国大会、そして、関東大会に臨む皆さんに、私からは激励の言葉として、
「前へ、そして、さらなる高みへ」
という言葉を贈ります。
とにかく前へ! ひたすら前へ! 粘り強く前へ!
前へ前へと粘り強く進もうとする力に勝るものはありません。
そして、皆さんしか観ることができない景色が観られるよう、さらなる高みを目指してもらいたいと思います。

これまで、ひたむきに努力してきた皆さんは、自分を信じ、精いっぱい、力いっぱい、納得のいく競技ができ、必ずやどんな困難にも打ち勝ってくれると信じています。皆さんの健闘を祈ります。

令和2年10月22日
埼玉県立大宮工業高等学校長 清水雅己