校長室より

至誠一貫

【校長室より】小さい秋

気持ち良い秋晴れの朝。少し暑くなりそうです。ふと窓の外を眺めると花水木がたくさんの赤い実をつけていました。まさに、小さい秋を見つけた気分です。恥ずかしながらこれまで花水木が赤い実をつけることを知らず、毎年この時期に赤い実をつけている街路樹を見るたびにこの木の名前は?と思っていましたので謎が解けてスッキリしました。

ハナミズキについて調べてみると、北アメリカ原産で、開花時期は4月上旬から5月上旬、水木科の樹木で花が目立つことから花水木と呼ばれるようになった。秋には赤い実をつけ葉が紅葉する。そして、北アメリカ原産の花水木が日本に来たのは、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した御礼として、大正4年(1915)に贈られたのが最初で、その後全国に普及したとのこと。

臨時休業で学校に生徒の姿がなかった5月1日に、このブログで満開の花水木を紹介してから5か月以上の月日が過ぎてしまいましたが、慌ただしい日々が続く学校生活。生徒たちには、時には自然に目を向け、季節を感じ、少しでも心に余裕を持ってもらいたいと思います。

【校長室より】第2学期中間考査

定時制課程は今日まで、全日制課程は今日から中間考査が行われています。授業時間確保の観点から3日間に日程を短縮しての実施です。生徒たちには日頃の学びの成果を存分に発揮するとともに、これまで何を学んできたかを再確認する時間であってほしいと思います。

校長室には多くの生徒作品が飾ってありますが、少し時間があったので数日前に生徒から預かった作品を校長室に飾らせてもらいました。

新たに飾らせてもらったのは、埼玉県埋蔵文化事業団と飯能市教育委員会の協力を得て製作した「土器パズル」と加工された数枚のアクリル板を重ね合わせて絵や写真を表現する「オーバーラップアート」です。「土器パズル」は機械科1年生の石井君と電子機械科1年生の大月君、「オーバーラップアート」は建築科2年生の小川さんの作品です。アイデアあふれる作品を製作してくれた生徒の皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

【校長室より】県公立高校学校紹介サイト開設のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、各県公立高校における学校説明会が中止となったり、参加人数に制限があるなど、学校について知る機会が少ないことへの対応として、埼玉県教育委員会のホームページ内に学校紹介サイト「埼玉県公立高校web~夢の方向性に合う学校を探そう!~」が開設されました。

この学校紹介サイトでは各県公立高校が作成した学校紹介ビデオを見ることができます。受検生の皆さんの高校選択の一助となれば幸いです。


埼玉県教育委員会トップ>学校教育>高等学校教育

埼玉県公立高校web ~夢の方向性に合う学校を探そう!~
http://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/02koukoukyouikushidoukapage2.html

【校長室より】開校記念日

組織や建物を創立した月日を祝う特別な日として、「開校記念日」や「創立記念日」が定められています。
本校の沿革史によると、本校は大正14年(1925年)7月29日に、文部省告示を以って本校の設立が許可され、鐵道省東京鉄道局大宮工場の技工見習教習所を借受け授業が開始されたと記されています。
鐵道省は、戦前の日本で鉄道に関する業務を管轄していた日本の行政機関の一つで、大正9年(1920年)に設置され、昭和18年(1943年)運輸通信省に改組され、運輸全般の監督行政などを所管。戦後の日本における運輸省、国土交通省および日本国有鉄道、JRグループの前身です。
そして、技工とは、「手で加工する技術。また、その技術を持つ人のこと」で、鐵道省東京鉄道局大宮工場技工見習教習所は、都市交通機関の要であり鉄道の拠点である大宮の地に設立された最先端かつ最高の技術を身に付けるための機関であったと言えます。その施設設備を借受けて、日本の将来を担い支える人材を育成するために設立されたのが本校の前身である「大宮町立工業学校」です。
その後10年の時を経た昭和10年(1935年)の文部省告示を以って乙種工業学校から甲種工業学校に昇格するとともに、8月12日に現在の大宮中央高校の地に建設された新校舎に移転。さらに開校当初から10年間校長として手腕を発揮された初代校長高洲先生が9月28日をもって退職され、人材育成に対する強い念いは二代校長高橋先生に引き継がれました。そして、新しく学校がスタートして一週間後の10月6日を本校の「開校記念日」と定め祝ったのではないかと思います。
そして95年。「日本の将来を担い支える人材を育成する」という本校の使命は今もなお健在。本校はこれからも工業教育の王道を歩みながらも、常に進化し続け、地域とともにある学校づくりを目指し邁進してまいります。

【校長室より】「電気工事士試験」

10/4(日)、本校を会場に「電気工事士試験」の筆記試験が行われています。今回も、9月13日(日)に行われた「電気主任技術者試験」と同様、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から席の間隔を広くとる必要があるため例年実施されている会場だけでは実施することが困難であること。また、本校生徒を含め県内の工業高校生も受験することから、新型コロナウィルス感染拡大防止を徹底することを条件に試験会場として提供することにしました。

電気工事士は、電気工事の作業に従事するために電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有する者に与えられる国家資格で、第一種電気工事士と第二種電気工事士とがあります。試験は、筆記試験と技能試験があり、その両方に合格しなければなりません。
本校からは、第一種電気工事士試験に12名の生徒が、第二種電気工事士試験に100名を超える生徒が試験に挑みます。これまでの朝補習の成果を発揮し全員が筆記試験に合格し、12月に開催される技能試験にコマを進めてもらいたいと思います。


有資格者は、電気工事士法において規制されている次の電気工事の作業に従事することができます。
試験は、次のような内容について、四肢択一方式により行われます。

【第一種電気工事士試験】
[従事することができる作業]
(1)自家用電気工作物のうち最大電力500 キロワット未満の需要設備の電気工事
(2)一般用電気工作物の電気工事

[筆記試験内容]
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気応用
(4)電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
(5)電気工事の施工方法
(6)自家用電気工作物の検査方法
(7)配線図
(8)発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
(9)一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令


【第二種電気工事士試験】
[従事することができる作業]
 一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように、電力会社から低圧(600ボルト以下)で受電する場所の配線や電気使用設備等の一般用電気工作物の電気工事

[筆記試験内容]
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令