校長室より

至誠一貫

【校長室より】「主体性」が何よりも大切

早いもので、今日で1学期が終了しました。

終業式の式辞でも話したことですが、私にとっては、この1学期は、記念すべき1学期でもありました。それは、修学旅行ができたこと。全校生徒が一堂に会する行事ができたこと。全日制・定時制ともに全国大会に出場する部活動があったこと。当たり前のことができなかったこの3年間の中で、記念すべき1学期でした。

終業式では、京都大学の名誉教授であった 梅棹忠夫氏 が、1969年に執筆された「知的生産の技術」という本の一節を紹介し、これからの激動の時代を生きる生糸たちに、「やる気」や「意欲」をもって自ら学ぶ、自ら取り組もうとする「主体性」が何よりも大切であるということを話しました。

明日からいよいよ夏休みです。夏休みは心が開放的になりがちで、そのため、軽はずみな行動を起こしがちです。また、新型コロナウイルスもさらに感染が拡大していくものと思います。
生徒たちには、くれぐれも気をつけて、節度ある行動をとりつつ、楽しく充実した夏休みを送ってもらいたいと思います。
保護者の皆様におかれましては、お子様のご支援をよろしくお願い申し上げます。


【式辞・講話等(全日制)】令和4年度第1学期終業式 式辞(要旨)
【式辞・講話等(定時制)】令和4年度第1学期終業式 式辞(要旨)

【校長室より】貴重なトライアル&エラーの経験

鉄道博物館てっぱく広場のミニはやぶさ号が走る線路にラジオ部の生徒たちが開発・製作した踏切を設置し、お客様に安全に線路を通行していただきました。
この踏切は県の産業製品開発実用化プロジェクト及びマイスター・ハイスクールの一環で、鉄道博物館の皆様のご支援のもと、生徒が創作したオリジナル踏切です。3月末に初期型をお披露目し、その後、ネット巻上機構のパーツを3Dプリンターでつくるなど改良を加えた二期型です。
設置時に巻上機構にトラブルがありましたが、生徒たちは冷静に対応し、予定通りの時刻にミニはやぶさ号が動き出しました。
製品の開発にはエラーやトラブルは付きものです。その時に、どう対応できるか。鉄道博物館の皆様にご支援いただいているからこそ経験することができる貴重なトライアル&エラーの経験です。
生徒たちには、今日の経験をもとに、さらなる改良を加え、完成度を高めてもらいたいと思います。
ラジオ部の皆さん、お疲れさまでした。ご指導・ご支援いただいております鉄道博物館の皆様に心より感謝申し上げます。

※鉄道博物館のFacebookでも紹介していただきました。
 鉄道博物館のFacebookはこちらからアクセスできます。

【校長室より】「魅力ある県立高校づくり第2期実施方策(案)」が公表されました

今日7/14、埼玉県教育委員会の会議が開催され、同じさいたま市内にある本校と浦和工業高校を統合し、令和8年度に新たな高校を本校に設置する案を含む「魅力ある県立高校づくり第2期実施方策(案)」について協議が行われ、承認されました。

 新たな高校の基本的な方針 

  • 県内初の「工業(機械・電気・建築・ロボット技術など)」に関する学科と専門「情報」に関する学科を置き、先端産業分野で活躍できる人材の育成を目指す。
  • 学科横断型の課題研究等を通して専門知識の統合を図り、新たな価値の創造に結び付けていく資質・能力を育成する。
  • 県内の工業教育と情報教育の拠点となる高校を目指す。

これにより本校の学びの環境は、これまで以上に充実したものとなり、より魅力ある高校となるものと確信しています。

皆様には、引き続き御指導・御支援を賜りますようお願い申し上げます。

※「魅力ある県立高校づくり第2期実施方策(案)」はこちらをご覧ください。

 

【校長室より】古豪復活が見えた試合

不安定で今にも泣きだしそうな空模様。第104回全国高校野球選手権埼玉大会2回戦。本校の対戦相手は100年以上の伝統を誇る強豪豊岡高校。

今日も保護者の皆様をはじめ、多くの皆様に応援していただきました。
試合は、1回表に幸先よく2点を先制。勢いに乗れるかと思いましたが、じわじわと詰め寄られ、4回裏に同点、5回裏に逆転を許してしまいました。
本校も負けじと毎回のように3塁までランナーを進めるもホームに返すことができず。そして、3対4でリードを許す最終回、2番小林(隼)選手から始まり、2アウト1・3塁、一打同点のチャンスまで詰め寄りました。大きな声で気合を入れてバッターボックスに立った6番小林(俊)選手。気迫あふれるスライディングを見せるもゲームセット。

残念ながら勝利を収めることはできませんでしたが、古豪復活が見えた試合でした。

応援していただいた皆様に心より感謝申し上げます。
選手の皆さん、お疲れ様でした。素晴らしい試合をありがとうございました。
頑張れ宮工!頑張れ宮工野球部!

【校長室より】関東地区高等学校PTA連合会大会神奈川大会

関東地区高等学校PTA連合会大会神奈川大会がパシフィコ横浜を会場に開催されました。
新型コロナウイルスの影響により3年ぶりの開催となった今回の大会は、感染拡大防止の観点から、現地参集とオンラインによるハイブリッド開催となりました。本校は、オンライン参加とし、役員の皆様にソサエティ室にご参集いただきました。
大会初日となる今日は、高校生によるアトラクションで幕を開け、開会式典、記念講演が行われました。
記念講演には、元マラソンオリンピック選手の増田明美さんが登壇され、講演題「自分という人生の長距離マラソンランナー」のもと、よいチームのあり方や挑戦し続けることの大切さについてお話をいただきました。
役員の皆様におかれましては、ご多忙の中、また、暑さきびしき折、ご参集いただきありがとうございました。明日の分科会は、ご自宅からのオンライン参加をお願いしておりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。