校長室より

至誠一貫

【校長室より】「大宮工業PTAだより」第124号完成

明日発行予定の「大宮工業PTAだより」第124号が完成し校長室に届きました。早速お客様が御来訪された際にお渡しできるように校長室の棚に置かせてもらいました。
PTAだよりの1ページには、内野PTA会長の玉稿とともに掲載されている雨の中で開催した体育祭の写真。ページをめくると宮工祭や強歩大会、インターンシップ、部活動、遠足等の生徒たちが元気に活動している写真が目を惹きます。やはり生徒たちが元気に活動している光景はいいものです。
このPTAだよりにより、2学期に予定されていたすべての学校行事を振り返る機会となりました。発行に当たり御尽力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルスの新規感染者数は比較的少ない状況で推移していますが、オミクロン株が心配される昨今でもありますので、生徒たちには引き続き感染拡大防止に努めてもらいたいと思います。

【校長室より】全日制新生徒会が未来に向けて船出しました

期末考査を終え、終業式までの間は特別時間割が組まれ、授業や学校行事等が行われています。その中で、今日は全日制の後期生徒総会が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、全校生徒が一堂に会すことができず、今回も会議室からオンラインで配信する開催となりました。
生徒総会に先立ち行われた任命式では、12/2に行われた生徒会選挙を経て決まった新生徒会長をはじめとする新役員の皆さんに直接任命書を手渡しました。そして、早速行われた新体制での初めての生徒会行事である「後期生徒総会」も、すべての議事が滞りなく承認され、新生徒会が前途洋洋たる未来に向けて船出することができました。
新生徒会の皆さんを中心に、全校生徒が一丸となってより良い学校を築いていってくれることを期待しています。

【校長室より】校長室の宝物!(大先輩からの贈り物)

昭和30年に本校を卒業された大先輩から贈り物が届きました。その贈り物は、平成28年(2016)の春の大会から今年の秋の新人戦までの野球部の公式戦全記録です。
同封されていたお手紙によると、送り主の大先輩は在学中は音楽部に所属されていたようですが、野球部の活躍に大変興味を持たれ、卒業後も母校野球部の活躍を応援してくださっているとのことです。5年前には、「大宮工高野球部 80年の軌跡」をまとめられたファイルも御寄贈いただいており、その後も資料収集を継続され、この度 662ページから702ページ までをお送りいただきました。そして、お手紙の最後には、「お世話になった母校のことは何年経っても気になります。どうか益々のご発展を心より願っています。」と記されていました。
お手紙を拝読して、長い人生の中の3年間という短い時間であっても、一生涯忘れることのない充実した高校生活を過ごされたこと。本校を心から愛してくださっていること。本校生徒の活躍を心から応援してくださっていることがしみじみと伝わってきました。

本校は、本当に多くの皆様に期待され、応援していただいている工業高校です。その多くの皆様の思いや恩に少しでも報いることができるよう、本校生徒・教職員が一丸となって、さらなる高みを目指して歩みを進めます。御贈呈いただいた資料は、「大宮工高野球部 80年の軌跡」とともに大切に保管し、活用させていただきたいと存じます。貴重な資料を御贈呈いただいた大先輩 吉村英夫様 に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

【校長室より】多くの方々に支えられていることを実感

氷が張る冷え込んだ日、野球部のOBと現役の交流戦が行われました。試合が動いたのは3回。真剣勝負の中で時折見える笑顔と歓声。現役チームがヒットを連打し3点を先取。その裏負けじとOBチームが2点を返し1点差。見応えある試合です。仕事の都合で3回が終わったところで失礼してしまいましたが、多くの方々に支えられていることを実感するひと時でした。

OBの先輩方におかれましては、日曜日のお休みの日にもかかわらず、生徒の御指導をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

【校長室より】ちょっと覗いてみてください

多くの中学生と保護者の皆様に御参加いただき「第2回学校説明会」を開催しました。説明会では、校長あいさつ、入試について、生徒指導について、進路指導についてなど説明させていただいた後、各学科に分かれて学科の概要説明や施設・設備をご覧いただきました。

校長あいさつでは、次のような話をさせていただきました。あいさつの結びに校長室をちょっと覗いていただくようご案内したところ、多くの中学生と保護者の皆様にお越しいただきました。


[ あいさつ(要旨)]

土曜日のお休みの日に、また、御多忙の中、御参加いただきありがとうございます。
入試を2か月後に控え、最終的な進路選択の段階に入っているのではないでしょうか。

高校で学ぶ内容自体は、学習指導要領により定められていることから、概ね学校による差異はありません。そのため、今日の説明会では、ぜひ、本校の特長や魅力、他校との違いなどを感じ取っていただければと思います。せっかくの機会ですので、本校の特長と魅力をいくつか紹介させていただきます。

1つ目に「自慢の生徒たち」です。
本校で学んでいる生徒の様子は、校歌に謳われている通り「淳樸」で素直な生徒がとても多く学んでいます。
部活動や資格取得にも、積極的に取り組み、全国、関東、県レベルで活躍しています。
学校生活では、「ともに学ぶ仲間の存在」は極めて大切なものだと思います。

2つ目に「進路状況」です。
入学前に卒業時の話になりますが、高校卒業後の進路はとても大切なことであると思いますし、進路のことを一番に考えて、本校を希望されている中学生が多いと言っても過言ではないと思います。
まず、就職状況については、求人件数、内定率とも極めて高く、県内トップクラスの学校です。その背景には、創立100年の伝統と歴史、そして、地域で活躍している卒業生の存在が大きいとものと考えています。
次に大学進学希望者が多いことから、大学進学を支援することを目的に、県内工業高校唯一、カレッジコースが設置されています。
求人件数や内定率、大学進学者数ともに県内工業高校トップクラスの学校です。

3つ目に「外部連携・協働教育」です。
本校では、地域や企業、大学等と協働した活動がとても多く行われています。特に2年生全員が参加するインターンシップでは、100を超える企業や大学等の機関に協力していただいています。
また、企業・大学等から講師を招いた授業が頻繁に行われるなど、学校外の多くの皆様に御支援いただいています。

4つ目に「充実した施設・設備」です。
本校は、全国的に見てもトップクラスの施設・設備が設置されている学校です。特に最近では、DX(デジタルトランスフォーメーション)化が進められており、国のスマート専門高校」の一環として、様々な最先端加工機が今年度中に導入される予定です。そのため、皆さんには、他校では体験することができない真新しい最先端の加工機を使っていただくことができます。

まだまだ、紹介させていただきたいことはありますが、時間のこともありますので、これら4点のみ紹介させていただきました。
なかなか一言でまとめるのは難しいことですが、「チャンスの多い学校」であると言えます。ぜひ、そのチャンスに、積極的にチャレンジして、自分自身を高め、夢を掴んでもらいたいと思います。

結びに、お時間が許されるようでしたら、帰りがけにでもホームルーム棟2階の校長室をちょっと覗いてみてください。校長室には、本校生徒が製作した作品が数多く飾られていますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

それでは、本日の学校説明会が皆様の進路選択の一助となれば幸いです。本日は、どうぞよろしくお願いいたします。