校長室より

至誠一貫

【校長室より】まさに工業高校ならではの光景

中間考査が終わりはじめての土曜日。雨の日にもかかわらず多くの生徒が部活動に励んでいます。そして、昨日に引き続き全日制・定時制あわせて約20名の生徒が就職試験に臨んでいます。採用試験に臨む生徒たちには、慌てず焦らず自分を信じ持てる力を十分に発揮してもらいたいと思います。皆さんからの吉報を待っています。

そして、今日学校では、「令和2年度市北区避難所運営訓練」と18歳以上の建築科の生徒を中心とする「小型車両系建設機械」の特別講習が行われています。
避難所運営訓練は、災害発生時に重要な役割を果たす避難所の運営において、さまざまな事態が想定されることから、区と地域の避難所運営委員会が協力し訓練することで、地域住民、避難所担当職員、施設管理者との連携を図り、防災意識の高揚と地域防災力の向上を目的としています。今回は、新型コロナウイルスの影響により、3密を避けるため参加人数を制限するとともに内容を変更した訓練となりました。そのような中でも参加者された地域の皆さんの意識は高く、真剣に情報交換や意見交換をされている姿がとても印象的でした。

小型車両系建設機械とは、機体重量3トン未満の車両系建設機械で、小型車両系建設機械の運転業務に従事するには、法律により特別教育を修了することが義務付けられています。講習会の内容は、7時間の学科(走行に関する装置の構造及び取扱の方法に関する知識、作業に関する装置の構造、取扱及び作業方法に関する知識、運転に必要な一般事項に関する知識、関係法令) と6時間の実技教育です。小雨が降る中、生徒たちは真剣に講習に臨んでいました。まさに工業高校ならではの光景です。生徒たちには健康に留意し風邪をひかないように頑張ってもらいたいと思います。