校長室より

至誠一貫

【校長室より】全日制「宮工祭」閉会!

後片付けを終え、宮工祭の閉会式を行いました。いつの間にか定着したオンラインでの閉会式。体育館に全員が一堂に会する日が待ち遠しく感じます。千人もの多くのお客様をお迎えし、盛大に開催した宮工祭を振り返りながら、閉会式は進められました。

 

---- 宮工祭閉会式あいさつ要旨 ---------------

二日間の宮工祭、たいへんお疲れ様でした。

まだまだフルバージョンとまでは行きませんでしたが、新型コロナウイルス禍という未曽有の事態の中で工夫しながら、千人もの多くのお客様をお迎えし、盛大に開催することができました。

開会式で、運営スタッフとお客様の2つ立場で宮工祭に臨んでほしいという話をしました。

お客様に「来てよかった!」と思ってお帰りいただくこと。

そして、皆さん自身が「やってよかった!」と実感できること。

この2つが、この宮工祭のゴールだという話をしました。

この二日間を振り返って、どうだったでしょうか。

1つ目の、お客様に「来てよかった!」と思ってお帰りいただくこと。

これについては、多くのお客様から、「とても楽しかったです」「工業高校ってすごいですね」「生徒さん皆さんがあいさつをしてくれるので気持ちよく楽しませてもらいました」「来てよかったです」という感想をたくさんいただきました。

そして、皆さんの様子を見させてもらって思うことは、皆さんも楽しそうに一生懸命に活動していたように私の目には映りました。

1日目はぎこちなかった説明や対応が、2日目には見事に修正されていて、成長を感じさせてくれる2日間でもありました。

その点からも、私としては「やってよかった!」と実感できる2日間でした。

見方や考え方は人それぞれかもしれませんが、総じて皆さんもきっと、「やってよかった!」と実感しているのではないかと思います。

開会式で皆さんに話した、宮工祭のゴールに間違いなく辿り着いてくれたと思います。

新型コロナウイルス禍という未曽有の事態の中での宮工祭。

3年生にとっては、高校生活最後の宮工祭。

1・2年生にとっては来年につながる宮工祭。

技術と伝統を継承した、後世に残る宮工祭であったと思います。

本当に素晴らしい宮工祭をつくり上げてくれてありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

最後に、頑張った自分に、仲間に、そして、宮工祭の成功を祝して大きな拍手をお願いします。

------------------------------

【校長室より】皆様に心より感謝申し上げます

宮工祭2日目。事前予約をしていただいた多くのお客様をお迎えし宮工祭を開催することができました。全ての学科・クラス・部活動等の取組を見させてもらいましたが、「さすが宮工生!」と頷ける二日間になりました。昨日はぎこちなかった説明が今日は積極的に堂々とできていました。このような催事を二日間行うことで生徒が成長することを改めて実感しました。
素晴らしい宮工祭をつくり上げてくれた生徒たち、ご支援いただいた先生方、ご協力いただきましたPTA役員の皆様、そして、ご来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

【校長室より】一夜限りのライトアップ

午後5時、ウエルカムアーチがライトアップされました。青空の下、太陽の光に輝くウエルカムアーチは健康的で美しく見えますが、ライトアップされたウエルカムアーチは幻想的な美しさを放っています。できれば何日もライトアップして多くの皆様にご覧いただきたいと思うほどです。しかし、一夜限りという潔さと儚さだからこそ、その美しさがさらに際立つのかもしれません。

【校長室より】「教うるは学ぶの半ば」

これまでHR棟と特別教室棟、体育館を会場に宮工祭を開催してきましたが、今年は実習棟も会場とし、生徒たちが日頃実習を行っている教室で、お客様にものづくりを体験していただきました。

生徒が先生になって体験していただいた「ものづくり教室」はいかがだったでしょうか。「教うるは学ぶの半ば」と言われるように、生徒は教えることで様々なことを学んでくれたと思います。

そして、施設や設備を見て、「すごい!」「こんな機械を高校生が使うんだ」などなど、驚かれているお客様の様子がとても印象的でした。全国トップクラスの本校の施設・設備を多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

【校長室より】誇らしげな生徒たちの笑顔

開場1時間前頃には事前登録していただいた多くのお客様が校門付近に集まって来られました。

開場30分前、ウエルカムアーチ製作チームの記念写真を撮影。誇らしげな生徒たちの笑顔が印象的でした。

12時30分、予定通り開場。ウエルカムアーチを見上げながら、続々と入場されるお客様。どうぞごゆっくりお楽しみください。