今日の宮工定時制

【定時制】修学旅行 2日目 小樽観光

修学旅行 2日目の午後は、ニセコグランドホテルで昼食をいただいた後、小樽市内の観光へ向かいました。

小樽は、古くからニシン漁などの漁港として栄え、明治時代には港や鉄道が整備され、「北のウォール街」と呼ばれるほどの商都となりました。

現在でも、レンガ造りの建造物や石畳の道、運河や古い線路跡などがきれいに残っており、レトロな街並みが観光地として人気です。

生徒たちは、古い町並みの中で写真を撮ったり、港町ならではの海産物を食べたりしながら、班別研修を楽しんでいました。

気温は15℃程度と低く、肌寒い中での観光となりましたが、なんとか雨には降られないまま終わることができました。