日誌

【ソフトテニス部】内面について知る

 

悪天候によりコートで活動できなかったため、メンタルについての学習活動に取り組みました。

1つ目では「ジョハリの窓」というプログラムを活用しました。

これは自己分析を行いながら他所との関係について学び、コミュニケーションについて考えていくものです。

自分は他者からどうみられているのか、そして自分は自身のことを理解できているのかについて考えるきっかけとなりました。

 

この活動のあとにはアサーション(自己表現)度について簡単なワークを行いました。自分の思いをきちんと伝えつつ、相手の気持ちも尊重をすることは意外と難しいものです。

今のチームは自分の気持ちを抑えて、遠慮がちになってしまう(ノンアサーティブ)タイプが多かったため、もっと自己表現を意識し、理想的なアサーティブな状態に近づけるように意識づけていきます。

 

 

いよいよ4月より主要大会が始まりシーズンインとなります。自分の内面について少しでも多く理解をして、良いメンタル状態でプレーができるようにより一層努力をしていきます。