日誌

【野球部】練習試合(ふじみ野戦)

7月24日(金) 対 ふじみ野高校(大宮工業グラウンド)

 第1試合 1-13 ●

 第2試合 2-3  ●

 

 

 第1試合は先発した樋口(2年)と2番手の手代森(3年)が3本のホームランを浴び、大差で敗れました。

 ホームランの前には内野のエラー出塁を許す場面があり改善しなければいけない点が浮き彫りとなりました。

 攻撃は6回にノーアウト2塁のチャンスで無得点。最終回にようやく打線が繋がり、1得点をあげました。少ないチャンスでランナーミスがでないように試合中の集中力をもっと高められるようにしたいです。

 

 

 第2試合は0-0の4回裏に柳坪(3年)のタイムリーで先制点を挙げたものの、6回表に1-1に追いつかれました。

 同点で迎えた最終回でしたが、フォアボールとバッテリーエラーが絡み2点を失います。7回裏の攻撃はツーアウトから粘りを見せ、相手エラーで1点差まで詰め寄り、なおも満塁のチャンスで一打サヨナラの場面をつくったものの後続が立たれ、2-3で敗れました。

 2試合を通じて、国際学院戦より声がよく回っていたことや、カットプレーでアウトが取れたこと、相手のスキをついた走塁が見られたこと、当たりが鋭くなってきたことが収穫です。

 大会に向け、試合勘を戻しながら強化していきたいと思います。