日誌

【野球部】練習試合結果(熊谷・新宿戦)

10月6日(日) 対 熊谷高校・新宿高校(大宮工業グラウンド)

 対 熊谷 5-9 ●

 対 新宿 1-8 ●(8回コールド)

 熊谷戦は久々の後攻となりましたが、心配していた通り、立ち上がりに苦しみフォアボール、ボーク、ワイルドピッチの後にタイムリーを浴び、その後も犠牲フライとタイムリーで一挙5失点となりました。

 2回表にも1点を失い、0-6のまま試合が進みます。4回裏、本校にもタイムリーが出てようやく1点を返したものの、得点直後の5回表に1点を失います。

 1-7で迎えた6回裏に相手エラーの後にタイムリーが出て2点を返し3-7。4点差で終盤を迎えます。

 4点差のまま最終回に入り、絶対に追加点を許したくないところでしたが我慢が効かずに2失点。9回裏に2点を返したものの追い上げが届かず試合終了となりました。

 改めて初回の入り方の重要性を感じました。また得点した次のイニングで失点を許すことは避けなければいけない点だと思います。

 1回表、先頭バッター、1球目。「1」にもっとこだわりを見せたいと思います。

 

 新宿戦は2回表にフォアボールのランナーを2塁に置き、センターオーバーの長打で先制点を許します。

 6回裏、ワンアウトからフォアボールで出塁したランナーがディレードスチールを決め、打撃妨害の後タイムリーが出て同点に追いついたものの一気に逆転まで行くことができませんでした。

 迎えた7回表、またしても我慢が効かずに連打に送りバントを挟み、タイムリーを3本浴び1-5。その裏にはツーアウト満塁とランナーをためることができたものの無得点と流れを渡してしまいました。

 8回表にも相手の勢いを止められずに3失点。1-8と8回コールドで試合終了となりました。

 この試合は追い込まれるまで変化球を狙うという指示を出していたものの、変化球のストライクの見逃しが多く、序盤は攻撃になりませんでした。ここまでの試合でも変化球が浮いたときに手を出せないことが目立ち、このままでは変化球主体のピッチングをされた場合に手も足も出ないまま終わってしまう可能性があります。

 選手たちがそこまで考えて試合に臨めるようにしたいと思います。

通算8勝30敗4分け