日誌

【野球部】大宮与野杯

11月3日文化の日に、大宮与野杯の初戦が行われました。

大宮東高校グラウンドにて、大宮東高校と対戦でした。

アップ、ノックのときから良いとは言えない雰囲気でした。

試合前のミーティング、また初回の先発、伊藤碧春の3人で抑える、理想の立ち上がりがありを見せ、選手たちの気持ちも変わった気がします。

 両チーム、四死球でランナーを出してしまいますが、要所を締めて0点が続きました。

 3回裏大宮工業の攻撃。

2死2塁から、1番小林(俊)とのレフト前ヒットでランナーは生還できず、続く2番小林(隼)、3番大澤と四球を選び押し出しで1点先制。その後2塁牽制の際の相手のミスを見逃さず小林(俊)が生還。2点目。4番甲田もヒットでつなぎましたが、後続が打ち取られ、2点先取でこの回終了。0-2

 

続く4回。先制や得点の後は、注意しないといけない場面。先頭から、3人連続で四死球を与え、満塁となり9番バッターに2ストライクからスクイズを決められ1点。続く1番には、センターにフライを打たれ1点。後続を打ち取りました。2-2

  

 

5回裏。小林(俊)のショートとセンターの間のポテンヒットが、好走塁もあり2塁打。2アウトとなり、大澤が四球。続く甲田が、3塁ベースに当たるヒットを打ち1点追加。続く藺森がレフトにヒットを打ち1点追加。 2-4

 

6回表。投手後藤に交代。1アウトから9番が左中間にツーベースヒット。続く1番がセンターオーバーのスリーベースで1点。2番打者がスクイズをして1点。4-4

その裏。先頭の鍵山が、レフトにヒット。1アウト後、後藤の左中間を破る2ベースヒットで1点勝ち越し。 5-4

7回表。四球で先頭を出し、2死1、2塁からレフトの前にフライが上がり、小林(俊)がダイビングをするもあと少しのところで、捕球できず1失点。1塁ランナーのオーバーランを見てアウトを取り交代。 5-5

 

その裏。先頭が四球で出るも牽制アウト。次打者がヒットで出ましたが、またもや牽制アウト。自分たちのミスでチャンスをつぶしてしまいました。

 

 

 

8、9回と抑え迎えた9回裏。先頭の小林(俊)がセンター前ヒット出るもキャッチャーからの送球でタッチアウト。続く小林(隼)が右中間を抜ける3ベースヒット。後続が倒れ2死となり、4、5番は申告敬遠となり、市川の打席。初球を打つもセンターフライとなりチェンジ。タイブレークに突入。

 

10回表。投手山崎に交代。

先頭を三振に取り、続くバッターを四球で出してしまい、続くバッターがスクイズ。投手のエラーもあり1失点。続くバッターでも1失点となり後続を打ち取り回が終了。 5-7

  

その裏。先頭の鍵山が四球を選び、無死満塁。続く田中がショートゴロを打ち1点。1、3塁となり次打者が三振。2死となり初球盗塁をし、2、3塁となり一打逆転のチャンス。

 

 

当たっている小林(俊)。ショートゴロに打ち取られゲームセット。

6-7での敗戦となりました。

 

 

 チームが一丸となり戦えたと感じております。

 

選手たちの中でも、悔しさが残る試合となり、良い経験をさせていただきました。

できた部分、まだまだ課題として取り組まないといけない部分と色々なことを気づくことができた試合となりました。今年も練習試合が残り少なくなりました。今回のような試合の雰囲気で取り組むことができれば、冬の練習に向けてもレベルアップをして臨めるように残りの練習試合取り組んでいきたいと思います。