日誌

【野球部】練習試合(千葉商大付戦)

11月15日(日) 対 千葉商大付高校(千葉商大付G)

 第1試合  2-10 ●

 第2試合 10-22 ●

 2試合を通じてミスが目立つ試合となりました。ピッチャーが打ち取った打球をアウトにできなことによりピッチャーと野手の信頼関係を築き上げていくということができていません。またミスが続いている中でタイムを取るなどの工夫も見られず失点を重ねてしまいました。

 攻撃面ではスピードのあるピッチャーに対し、ストライクボールの見極めができずに高目のつり球やボールになっていく低めの変化球を振ってしまうバッターが多かったです。

 2塁にランナーを置いた状況で追い込まれた後、進塁打を打つという自己犠牲の気持ちを持てるようにチームの意識改革が必要です。

 樋口(2年)、高橋(2年)、吉澤(2年)、大澤(1年)に長打が出ました。

 相手校は2巡目以降、本校先発の小野(2年)に対応したバッティングを見せてくれましたが、本校打線は2巡目以降も相手ピッチャーに対応することができませんでした。

 「やればできるはずのことをやらない」というよくない空気になっているため改善しなければいけません。

通算8勝25敗