日誌

【電気科】工事担任者試験結果

令和3年度第1回工事担任者試験の結果

総合通信 1名合格!

1級デジタル通信 4名合格!

2級デジタル通信 19名合格!

2級アナログ通信 1名合格!

最難関の「総合通信」に見事合格することができました。

積極的に講習会に参加する生徒が増え、1級・2級の合格者も多く、その成果が現れています。

※2級の試験は9月からCBT方式となり、何度も受験できるようになります。これからも多くの生徒に挑戦してもらいたいと思います。

 

【電気通信の工事担任者とは】

 電気通信の工事担任者は、電気通信回線に端末設備、又は自営電気通信設備の接続工事を行い、又は監督する役割を担っています。
 利用者による端末設備又は自営電気通信設備の接続は、電気通信に関する知識を要し、その良否は電気通信回線設備を通じて他に与える影響が大きいことから、電気通信回線設備の損傷及び他の利用者への迷惑を事前に防止(接続の技術基準を確保)するとともに、人体の保護を確実ならしめるため、総務大臣がその資格を認定した工事担任者にこれに係る工事を行わせ、又は実地に監督させることを義務づけています。