日誌

【柔道部】自分を試す

大会前日の調整です。

ウォーミングアップの後、監督に集められた団体戦メンバーは、試合を想定してチームの戦術と各々の役割を確認しました。楽な試合は一つもありませんし、何が起こるか分かりません。打ち込みや乱取りの合間にも、選手たちは細かく指示を仰いでいました。

3年生に積極的に当たりにいくのは、キャプテンの新井です。本日、胸を貸してくれたのは長瀬と須川。静と動のコンビとも言える2人は、個人戦での成績もさることながら、団体戦でもそれぞれがしっかりと役割を果たしてくれました。

頼りになる3年生は応戦席から見守ります。

不安は拭えませんが、新チームとしてひとつの試合を経験し、自分たちも先輩に続ける!という自信を得て欲しいと思います。