校長室より

【校長室より】「教うるは学ぶの半ば」「教えることは学ぶこと」

小中学生を対象とする「ロボット工房」を開催しました。この取組は県産業労働部産業支援課との連携事業として実施するもので、本校ではマイスター・ハイスクール事業の「STEM教育プログラムの開発」の一環としても位置付けています。
テーマは「ロボットを動かしてみよう!」。小中学生一人に本校生徒一人が先生となり、子どもたちを支援しました。
パソコンでロボットを動かすプログラミングを行い、画面上でシミュレーション。その後、プログラムをロボットに保存し、実際にロボットを動かします。思い通りにロボットが動くように目を輝かせながら何度も何度もチャレンジする子供たち。
はじめは緊張していた生徒たちも、時間が経つに連れ緊張がほぐれ、教えることの楽しさを味わっているようでした。きっと、「教うるは学ぶの半ば」「教えることは学ぶこと」を実感したのではないでしょうか。
ロボット工房に参加してくれた小中学生の皆さん、お疲れ様でした。そして、先生となって小中学生を支援してくれた生徒の皆さん、ありがとうございました。