校長室より

【校長室より】最優秀賞を受賞しました


埼玉県と一般社団法人埼玉県経営者協会が主催する「埼玉県キャリア教育実践アワード」において、埼玉県埋蔵文化財調査事業団の御支援のもと本校ラジオ部と川越工業高校機械科デジタルものづくりチームが連携して取り組んだ「最先端技術で太古と現代を結ぶ」が、埼玉県キャリア教育実践アワード最優秀賞に輝きました。

キャリア教育とは、児童・生徒一人一人が、社会に出て職業人として自立していくために必要な能力を身に付けることで、働くことの意義や職業観を学び、仕事に対して意欲的に取り組む姿勢や態度を修得し、自分の進路を主体的に選択していけるようにすることです。県では、この取り組みを推進することを目的に、県内公立小・中・高・特別支援学校と企業等が連携した優れたキャリア教育の実践に「埼玉県キャリア教育実践アワード」として表彰しています。

毎年2月上旬に表彰式及び発表会が行われますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出されている状況から表彰式及び発表会は中止となったため、教育長に代わり。県教育委員会の高橋指導主事に御来訪いただき、生徒たちに直接、表彰状と盾を授与していただきました。

高橋指導主事様、御多忙のところ御来訪賜りありがとうございました。最優秀賞の受賞にあたり、改めて御支援いただきました埼玉県埋蔵文化財調査事業団の藤田理事長様をはじめ事業団の皆様に心から感謝申し上げます。

「埼玉県キャリア教育実践アワード」の詳細は、こちらをご覧ください。
現在、HP内の表彰式等の情報は、昨年度のものが掲載されていますが、近々今年度のものに更新される予定です。