校長室より

【校長室より】「高校生ロボットコンテスト埼玉県大会」

今日8/27、関東工業自動車大学校を会場に「高校生ロボットコンテスト埼玉県大会」が開催されました。本来であればトーナメント方式によって行う予定でしたが、新型コロナウイルス禍の中での開催のため、全てのチームが一堂に会することなく、タイムトライアル方式に変更するなど、運営も工夫を凝らしたコンテストとなりました。
このコンテストの目的は、日頃のロボット製作における学習の成果を発表し、競い合うことで各校のロボット技術を向上させるとともに、10月30日に開催される予定の「全国高等学校ロボット競技会」に出場するロボット2台のうちの1台を決定することです。もう1台は今月中旬にもう一度オンラインによるコンテストを開催し、決定することになっています。
新型コロナウイルス禍のため活動時間に厳しい制限がある中、どのロボットも完成には至っていない状況でしたが、工夫を凝らした世界に1台しかないロボットは、とても見ごたえのあるものでした。
本校からは、電子機械科3年生の課題研究とラジオ部の生徒たちが製作した5台のマシンがノミネート。今日のコンテストでは全国大会への切符を手にすることはできませんでしたが、3週間後に行われるオンラインでのコンテストで切符を手にできるよう頑張ってもらいたいと思います。