校長室より

【校長室より】中高大STEAMS教育連携授業

大谷口中学校・大宮工業高校・日本工業大学の連携によるSTEAMS教育を行いました。
この取組は、大谷口中学校、大宮工業高校、日本工業大学の3者が連携し、大谷口中学校の「一人ひとりのWell-beingを実現する未来の教育(さいたま市教育委員会委嘱)」「大谷口中学校STEAMS TIME」および大宮工業高校の「マイスター・ハイスクール事業(文部科学省指定)」の充実を図るため、日本工業大学の協力・監修のもと全4回にわたり実施した中高大STEAMS教育連携授業です。
今日は最終回となるワークショップ。生徒たちが先生となって、教材開発から授業に至るまで取り組んできました。高校生の身振り手振りを含めた楽しい授業に、中学生も目を輝かせてワークショックに取り組んでいました。
自信をもって説明している高校生の姿を見て、生徒たちは自分自身が取り組んできたことを教えることが好きなんだということを改めて感じました。そして、高校生にとっては「教うるは学の半ば」「教えることは学ぶこと」を実感するとともに、思い出に残る充実した時間となったのではないかと思います。
このような貴重な時間を御提供いただいた大谷口中学校小林校長様、御支援いただきました日本工業大学櫛橋先生をはじめ、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

※今日の取組の様子は、テレビ埼玉(11/29 ニュース545)でもご紹介いただきましたので、ぜひご覧いただきたいと思います。