校長室より

【校長室より】卒業生とともに働けることを楽しみに

10月2日(金)、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から11月27日(金)に延期となった体育祭。当初予定では、この青空の下今日体育祭が行われる予定でした。体育の教員を目指している本校卒業生2人の大学生の教育実習の日程も、体育祭の運営を経験してもらいたいとの思いから、これに合わせていましたので、この晴れ渡った気持ちのいい日が恨めしくも感じます。

今年9月、本校には6名の大学生が将来の教員を目指し教育実習に臨みました。工業科の教員を目指す4名と保健体育科の教員を目指す2名の大学生。この6名のうち工業科の教員を目指す3名と保健体育科の教員を目指す2名の5名の大学生が本校の卒業生です。工業科の教員を目指す4名の大学生の教育実習は9月中に終了し、保健体育科の教員を目指す2名の教育実習が本日終了しました。そして、11月には定時制課程でも大学生が教育実習を行う予定であり、今からとても楽しみにしています。
工業高校で、これほど多くの大学生が教育実習に来るのは稀なこと。これも高校時代がとても充実していたことの表れであると思います。また、学校としても卒業生が教育実習に来てくれることは、とても嬉しことであるとともに、これからの埼玉教育の充実発展のためにも注力していかなければならない大切な取組であると思います。近い将来、教育実習を終えた卒業生とともに働けることを楽しみにしています。