校長室より

【校長室より】新型コロナウイルス禍にあっても

自転車競技部のインターハイ出場決定、来週末から始まる柔道部の関東大会をはじめ、新型コロナウイルス禍にあっても、全日制・定時制の生徒たちは、感染防止対策を十分に講じた上で、部活動の大会や学科関係のコンテストなどで活躍してくれています。

思い起こせば、昨年度の今頃は、全日制では、1クラス20人の分散登校がはじまり、定時制では、学年単位の分散登校が始まりました。

今年度は、「まん延防止等重点措置」が適用されているため、部活動等への制限はあるものの、平常授業が行われ、生徒たちが活躍する姿を観ることができていることに幸せを感じます。

生徒たちに行き渡るにはまだまだ時間がかかりそうですが、ワクチンの接種も始まり、長いトンネルの先に小さな光が見え始めています。我慢の連続でつらい毎日ですが、生徒たちには自律的な生活をしっかり送ってもらいたいと思います。保護者の皆様にかれましては、引き続き御支援・御協力をお願い申し上げます。