校長室より

【校長室より】定時制「宮工祭」閉会! 皆様に心より感謝申し上げます

定時制「宮工祭」2日目。多くのお客様をお迎えし盛大に開催することができました。生徒会と文化祭実行委員会の生徒たちが中心となって、お客様をお迎えする前の消毒作業や受付での検温、各入口での手指消毒など、お客様に御協力いただきながら感染防止対策を徹底しながら開催しました。 

感染拡大防止の観点から、飲食を伴う模擬店はなく、ステージ発表や作品展示、ものづくり体験系、アミューズメント系等々、趣向を凝らした工業高校ならではの工業高校の魅力を十分に発揮してくれた生徒たち。「さすが宮工生!」と頷ける二日間でした。

素晴らしい宮工祭をつくり上げてくれた生徒たち、御支援いただいた先生方、御協力いただきました保護者、御家族の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

18時00分、公開終了。蛍の光が流れる中、お客様が笑顔でお帰りになられました。

18時30分、閉会式は、小雨のため体育館に変更。閉会式では、次のようなあいさつをしました。

 

---- 定時制「宮工祭」閉会式あいさつ要旨 ---------------

二日間の宮工祭、たいへんお疲れ様でした。
まだまだフルバージョンとまでは行きませんでしたが、新型コロナウイルス禍という未曽有の事態の中で工夫しながら、多くのお客様をお迎えし、盛大に開催することができました。

お客様の様子を見ていると、皆さんとても楽しそうで、間違いなく「来てよかった!」と思ってお帰りになられたのではないかと思います。

そして、皆さんの様子を見させてもらいましたが、皆さんも楽しそうに活動していたように私の目には映りました。
その点からも、私としては「やってよかった!」と実感できる2日間でした。皆さん自身も「やってよかった!」と実感しているのではないでしょうか。

新型コロナウイルス禍という未曽有の事態の中での宮工祭だったため、様々な制約が課されたと思いますが、これから社会を生き抜いていくにはその時々の制約中で、最高のパフォーマンスをしていかなければなりません。その意味でも、皆さんの将来につながる宮工祭であったと思います。

4年次の皆さんにとっては、高校生活最後の宮工祭。
1年次から3年次の皆さんにとっては来年につながる宮工祭。
機械と建築がシンクロした有意義な宮工祭であったと思います。
本当に素晴らしい宮工祭をつくり上げてくれてありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

最後に、頑張った自分に、仲間に、そして、宮工祭の成功を祝して大きな拍手をお願いします。

 ------------------------------