校長室より

【校長室より】「第16回さいたま輝き荻野吟子賞」の受賞者が決定しました

本校OGで、株式会社マザーハウス代表兼チーフデザイナーの山口絵理子先輩が、第16回さいたま輝き荻野吟子賞に輝きました。さいたま輝き荻野吟子賞は、日本最初の公認女性医師となった荻野吟子の不屈の精神を受け継ぎ、男女共同参画社会の実現に向け先駆的な活動を行なった男女や事業所に送られるものです。
埼玉県のHPによると、受賞理由は、「株式会社マザーハウス代表兼チーフデザイナー。大学のインターン時代、途上国援助の矛盾を感じ、アジアの最貧国と言われていたバングラデシュに渡る。必要なのは金銭の支援だけではなく、「現地にある素材や職人の技術を使ったモノづくり」だと感じ、起業を決意。レザーやジュート(麻)を使ったバッグや小物を現地で自社生産、日本含め世界中で直営店舗で販売する、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念とした、株式会社マザーハウスを平成18年に設立。バングラデシュから始まった生産体制はインドやネパールなど6か国に広がり、販売国も日本、台湾、香港、パリなど40店舗以上を展開している。」と紹介されており、山口先輩の偉大なる功績を讃えています。
山口先輩、さいたま輝き荻野吟子賞受賞おめでとうございます。

詳しくは、県政ニュース をご覧ください