校長室より

【校長室より】校長室の宝物!(イニシャルキーホルダー/ネームキーホルダー/マスクスタンド)

10月29・30日に開催した全日制「宮工祭」、11月26・27日に開催した定時制「宮工祭」は、笑顔あふれる素晴らしい文化祭となりました。

その中で、全日制ではイニシャルキーホルダー、定時制ではネームキーホルダーをお客様の注文を受けてつくるサービスがありました。イニシャルキーホルダーは3Dプリンターで、ネームキーホルダーは金属レーザー加工機を活用したものです。文化祭が、先端加工機の使い方を深く学ぶ機会となり、まさに工業高校でなければできない工業高校ならではの文化祭になったと思います。

全日制機械科の先生が、食事の際にマスクを机等に直置きしないようにするためのマスクスタンドを持ってきてくれました。このマスクスタンドは3Dプリンターによって出力されたもので、ネット上にはこのような製品のデータが多く提供されており、教材研究にも役立っています。これまでは型をつくって大量生産していたものが、3Dプリンターの普及により多品種少量生産が容易に行えるようになりました。まだまだコストの面で課題はありますが、これからのものづくりには欠くことができない製造法になることでしょう。

つくっていただいたキーホルダーとマスクスタンドは校長室の宝物として飾らせていただきたいと思います。