校長室より

【校長室より】満開の桜から花水木へ

満開の桜から花水木へと校長室の窓から見える景色が変わりました。ハナミズキの花言葉は、英語で「durability(永続性、耐久性)」。
新型コロナウイルスの感染拡大が心配される中、いろいろな思いや悩み、言葉には言い尽くせない我慢の日々を送っているいことと思います。しかし、皆さん一人一人の行動が、自分や家族、そして、誰かの命を救うことにつながります。まだまだ我慢の日々が続くものと思いますが、ハナミズキの花言葉のように、ともに頑張っていきましょう!

新しい年度が始まってもう少しで3週間が過ぎようとしていますが、生徒の皆さんはどのように過ごしているでしょうか? 昨日(4/16)今日(4/17)に予定されていた登校日も中止となり、皆さんに会えるのは早くても20日後になると思います。
現在、学校が再開されたときに、スムーズに授業が始められるよう、臨時休業中に皆さんに取り組んでもらいたい学習課題を先生方が協力しながら作成しています。

全日制の生徒の皆さんには、4月21日(火)を目途に、学校ホームページに掲載されますので、自宅でしっかり取り組んでください。

定時制の生徒の皆さんには、近々、皆さんのもとに郵送されると思いますので、自宅でしっかり取り組んでください。