校長室より

【校長室より】ゴールを目指して

明日(11/16)から、地域の企業の皆様をはじめ100を超える事業所等のご協力をいただき、2年生全員を対象としたインターンシップ(就業体験)がはじまります。生徒たちには、説明会で話したゴールを目指して取り組んでもらいたいと思います。
ご協力いただきます事業所等の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

[インターンシップ説明会開会あいさつ要旨]

新型コロナウイルスの感染者数がようやく落ち着いたと思ったところ、残念ながら第8波の始まりと言われるくらい、感染者数が増加傾向にあります。

そのような背景もあり、ここにいるすべての皆さんがと言う訳にはいきませんが、明日(11/16)から、地域の企業の皆様をはじめ100を超える事業所等のご協力をいただき、2年生の皆さんを対象としたインターンシップ(就業体験)がはじまります。

インターンシップの目的は、直接働く人と接することにより、実際的な知識や技術・技能に触れることを通して、学ぶことの意義や働くことの意義を理解し、その尊さを実感することにあります。
そして、皆さん自身が主体的に進路を選択決定する態度や意志、意欲など培うことにあります。

整理すると、このインターンシップのゴールは何か
① 学ぶことや働くことの意義を理解する。
② 主体的に進路を選択・決定できる力を培う。
そして、その手段として
① 直接働く人と接する。
② 実際的な知識や技術・技能に触れる。
ことにあります。

インターンシップが終わった段階で、このゴールについて自分なりの考えをまとめてください。インターンシップに限らず、やりっぱなしではなく、振り返って考えることは、さまざまな取組を行う中で極めて重要な活動です。

そして、覚えておいてもらいたいこととして、皆さんを受け入れてくださる企業の方々にとっては、皆さんを受け入れることは、言い方は悪いかもしれませんが「迷惑なこと」かもしれません。
それでも、これからの社会を支える皆さんを学校と一緒になって育てていこうという熱い思いのある方々ばかりであるということです。

最後に、インターンシップで、必ず皆さんは成長するはずです。成長しなければなりません。自分自身をしっかり成長させるためにも、ゴールをしっかり意識して取り組んでください。
このインターンシップが、皆さんにとって、有意義な時間となることを期待しています。