校長室より

【校長室より】宮工オリジナル「コバトン テーブルマスクフック」

本校には、埼玉県を代表する工業高校ならではの、充実した施設や設備があります。その一つに、レーザー加工機があります。レーザー加工機は、レーザー光を切削や切断加工に利用することで、従来の刃物や切削器具では不可能だった機械加工を行うことができる工作機械です。
新型コロナウイルスの影響による臨時休業中は、授業を行うことができず苦悩の日々もありましたが、先生方はこれを悲観するのではなく、チャンスととらえ、様々な教材研究を進めていました。
そこで生まれたのが、この「コバトン テーブルマスクフック」です。今、世の中にはなく、あったらいいな、便利だなと思う頭の中のイメージをコンピュータを用いて図面化し、レーザー加工機により作り上げました。切断と表面加工だけのシンプルな製品ですが、製作を通して、レーザー加工機を使うために必要な基本的な知識や技術を学ぶことができます。
このたび、この「コバトン テーブルマスクフック」が県教育委員会の県教委SNSの7月のプレゼントに選ばれたので昨日納品したところ、早速、埼玉県教育委員会のホームページやFaceBook、twitterで紹介していただきました。数が少なくて申し訳ありませんが、ぜひゲットしていただきたいと思います。

利用イメージ

 

※埼玉県教育委員会(教育委員会SNS公式アカウント)のHPは、こちらからアクセスすることができます。