今日の宮工定時制

2017年2月の記事一覧

【定時制】いよいよ学年末考査


2月22日より年度最後のテストが始まります。
それぞれの年次で、放課後補習や自習などの取り組みが
見られます。
1点でも多く取って、進級への弾みにしてほしいです。




1年生の放課後風景。自習するために残っています。
0

【定時制】実習の取り組み

 定時制の実習(2年次)の紹介です。

 2年次の実習の後期では、マシニングセンタ(機械系木工パズル(建築系フォトショップ(共通系の3つの内容に取り組んでいます。
 今年度の実習も、残すところあと1回
 それぞれ来年度のコースは決まっているかと思いますが、最後までしっかり取り組み、満足できる作品に仕上げてください!!


マシニングセンタの操作

プログラムの入力

木工パズルの製作

画像編集 
0

【定時制】技能検定への挑戦

昨年の夏に「ものコン」に出場した2年次の馬場雄大君が、また新たなことにチャレンジしています。

それは、『技能検定です。
『技能検定』とは、働く人々の技能を国が証明してくれる検定制度です。
学科試験と実技試験ともに合格した合格者は
「技能士」を名乗ることができ、就職を目指す生徒にとっては強みとなる検定です。

全日制においては比較的ポピュラーな検定であり、
定時制においても3・4年次の建築コースや機械コースを選択した生徒が受験することはあります。

しかし、馬場君のように共通科目を学ぶ1・2年次の生徒が受験をすることは非常に稀です。
入学前から「大工になる」という目標に向かって努力しているからこそ、早い段階から様々なことにチャレンジをしています。

彼が今回受験するのは技能検定の「3級大工」です。
木材を加工して、2時間45分以内に以下のような木造建築の屋根の一部を組み上げるものです。


昨年の10月から放課後や休日に練習や勉強を繰り返し、
2月4日(土)、5日(日)に行われる本番に向けて最終調整を行っています。

 

結果が発表され次第、またHPにてご報告いたします。
0