校長室より

2020年4月の記事一覧

【校長室より】今私たちが行うべきこと

16時50分、県からのメールが届きました。そこには、本日開催された埼玉県新型コロナウイルス対策本部会議において、県立学校の休業期間を5月31日まで延長することが決まったことが記されていました。
生徒の皆さんに会える日が、また遠のいてしまいました。とても残念ではありますが、今私たちが行うべきことは、ツツジの花言葉の如く、節度ある生活を送ること。皆さん一人一人の我慢が、間違いなく自分や家族を守り、誰かの命を救うことにつながります。日々の努力は決して裏切りません。頑張りましょう!

学校の再開および生徒への学習支援については、学校ホームページなどによりお知らせしますので、頻繁に確認してください。皆さんに会える日を楽しみにしています。

【校長室より】花水木から躑躅へ

外出自粛要請のため、公園などにあるハナミズキをゆっくり眺めることはできませんが、学校の校庭にあるハナミズキは、今まさに見頃を迎えています。そして、いつの間にかツツジも満開となり生徒たちが登校する日を待ちわびています。ツツジの花言葉は「節度」「慎み」、英語では「temperance(節制)」だそうです。

先週末、東京都は、5月7日8日は児童生徒を登校させない日とし、「特定警戒都道府県」とされた茨城県、岐阜県、愛知県の3県と群馬県と奈良県の2県の計5県は、臨時休業を5月31日まで延長することが報じられました。埼玉県はどのような対応となるか現時点ではわかりませんが、いずれにしても、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためには、このツツジの花言葉のように、節度ある生活を送ることが求められています。我慢の日々はまだまだ続きますが、皆さん一人一人の我慢が、自分や家族を守り、誰かの命を救うことにつながります。そして、日々の努力は決して裏切りません。頑張りましょう!

【校長室より】「ウイルスの次にやってくるもの」

生徒の皆さんへ

臨時休業が長引く中、皆さんは毎日をどのように過ごしているでしょうか?
現時点では、学校再開は、5月7日(木)を予定していますが、急遽変更することもありますので、学校HPを頻繁に確認するようにしてください。

全日制の生徒の皆さんには学校HPを通じて、定時制のさんには郵送で、それぞれ学校からの学習課題を提供させてもらいました。いろいろな思いや悩みがあるかと思いますが、自宅でしっかり取り組んでもらいたいと思います。

私からも、集中力や忍耐力、思考力、想像力の向上、空間認知能力や手先を鍛えることを目的とした課題を提供したいと思いますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。なお、先生方から課せられた課題を最優先してください。

生徒のみなさんへの課題.pdf


すでに観た人もいると思いますが、4/21から日本赤十字社の「ウイルスの次にやってくるもの」というタイトルのCMが放送されています。YouTubeにもアップロードされています。

人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは? 新型コロナウイルス感染症から、体だけではなく、心を守り、社会を守るための、心構えを伝える絵本アニメーションですので、ぜひ観てもらいたいと思います。

日本赤十字社「ウイルスの次にやってくるもの」

https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4

【校長室より】GWを間近に控え

新型コロナウイルスの早期収束に必要とされる「人と人との接触 最低7割極力8割減」。政府の緊急事態宣言を受けて、引き続き外出自粛が呼びかけられていますが、都心の繁華街などから人影が消えた一方で、商店街での買い物や潮干狩りやサーフィンなどに人が集まっていると報じられています。GWを間近に控え、「人との接触を8割減らす、10のポイント」が示されました。何とか新型コロナウイルスが早期に収束され、学校再開を願うばかりです。

 

このような状況の中、現時点では、緊急事態宣言が予定通り終了するのか、または継続されるのか見通せる状況ではありません。埼玉県の感染者状況は依然として増加傾向にあり、県内感染者が大型連休明けに累計1,000人程度となる推計も出されるなど、予断を許さない状況にあります。
このようなことから、今後、感染状況の推移によっては臨時休業を延長しなければならないことも考えられます。この臨時休業は、政府の緊急事態宣言を受け、国や県の対策本部会議の方針等を踏まえたものとなるため、その判断はGW中に発せられるのではないかと想定しています。

現在、学校では、予定通り5月7日に学校が再開されるパターンや臨時休業が延長されるパターンなど、いくつものパターンを検討しています。生徒の皆さんには、引き続き「不要不急の外出を控える」「手洗いや手指消毒を行う」「こまめな換気を行う」「規則正しい生活を送る」などの感染拡大防止に努めるとともに、先生方から課せられた課題にしっかりと取り組んでもらいたいと思います。そして、急遽予定が変更されることもあることから、頻繁に学校HPを確認してもらいたいと思います。

【校長室より】必ず社会が変わります

臨時休業期間中の学習支援を目的とした課題を先生方に作成していただき、学校ホームページに掲載しました。私からも課題を提供させてもらいましたので、自宅でしっかり取り組んでもらいたいと思います。

なかなか皆さんに会うことができませんので、始業式と入学式で話そうと思っていたことを書かせてもらいます。
---------------
現在、この新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中が混乱しています。
その影響は経済にも及び大きな社会問題になっており、今後どのような状況になるか予断の許さない、まさにピンチの状態になっています。
しかし、一方で、ICTを活用した様々な仕組みや仕事が生まれ始めてもいます。
このような大きな社会問題が起こったときには、必ず社会が大きく変わります。
そして、社会が大きく変わる時には、たくさんのチャンスが訪れます。
皆さんも耳にしたことはあるかともいますが、「ピンチはチャンス」でもあります。

これから先も、このようなピンチは、突如起こることでしょう。
そのピンチを悲観するだけでなく、チャンスとして捉えることができるかどうか、訪れているチャンスに気がつくかどうかは、皆さん次第です。
また、チャンスに気が付いても、自分自身に力がなければ、そのチャンスを逃してしまいます。
チャンスをものにするために必要なことは、備えること、力を蓄えること以外に方法はありません。

大宮工業高校での生活は、その力を備え、蓄える大切な時間です。
皆さんには、本校の校訓「至誠一貫」「質実剛健」の精神で、好奇心を持って、様々なことを見つめ、学び、その力を備え、蓄えて行ってください!

---------------

皆さんに会える日を楽しみにしています。