校長室より

2021年4月の記事一覧

【校長室より】社会に役立つものづくり

4月21日(水) さいたま市の土呂町自治会から依頼を受けて、新型コロナウイルス禍の中で、感染拡大防止を徹底しながら3か月かけて建築研究部の生徒たちが、製作してたベンチ10脚を土呂公園に設置しました。
学校の授業の中では、様々な知識や技術を学ぶことはできますが、実際に社会の中で使っていただくもの、社会に役立つものづくりを経験することは、地域の皆様の御支援と御協力がなければ取り組むことはできません。
土呂町自治会の皆様、このような素晴らしい機会をご提供いただきありがとうございました。
そして、建築研究部の皆さん、御指導いただいた顧問の先生方、お疲れ様でした。ありがとうございました。

【校長室より】ツツジの花言葉のように

本校が位置するさいたま市は、今日から「まん延防止等重点措置」適用地域となりました。これを受けて学校での教育活動が大きく影響を受けることはありませんが、これまで通り、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しながら歩みを進めてまいりたいと思います。

最近の暖かさに誘われて、正門から昇降口までの植込みのツツジが、いつの間にか満開の時を迎えています。新型コロナウイルスの感染拡大防止のためには、このツツジの花言葉(節度、慎み)のように、節度ある行動を送ることが求められています。我慢の日々はまだまだ続きますが、私たち一人一人の節度ある行動が、自分や家族を守り、誰かの命を救ることにつながります。頑張りましょう!

【校長室より】令和3年度が本格始動しました

4月8日(木)、令和3年度が本格始動しました。
今日の午前中は、全日制課程の着任式と第1学期始業式、午後1時30分からは、全日制課程の入学式が行われました。そして、午後5時からは定時制課程の入学式、その後、午後6時30分からは、定時制課程の着任式と第1学期始業式が行われました。

始業式では「能ある鷹」について、入学式では「夢を持て!」「失敗を恐れるな!」「優しくあれ! 心強くあれ!」について式辞を述べました。

令和3年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

全日制令和3年度入学式及び第1学期始業式の式辞(要旨)は、こちらをご覧ください。
定時制令和3年度入学式及び第1学期始業式の式辞(要旨)は、こちらをご覧ください。

【校長室より】思いがけない卒業生との出会い

出張からの帰り道。大宮駅から川越線に乗り込むと、目の前でにこやかに何度も会釈する青年の姿。私服のため一瞬「誰?」と思ってしまいましたが、間違いなく本校の卒業生。生徒会で活躍していた頃の姿を思い出しました。卒業して、まだ1か月も経っていないのに、大人になったなぁと感じました。
川越駅までの約20分。飛沫が飛ばない程度に楽しく会話。4月1日に行われた入社式の翌日から、数年間は研修のため広島県に行くことになった卒業生のことをはじめ、卒業生の情報もいろいろと教えてもらいました。
卒業生の皆さんには、新しい環境の中で戸惑うこともたくさんあるかと思いますが、前途洋々たる人生を正々堂々、そして、楽しみながら歩んでいってもらいたいと改めて思います。思いがけない卒業生との出会い。とても幸せな時間でした。また会える日を楽しみにしています。

【校長室より】令和3年度がスタートしました

4月1日。慌ただしさの中、令和3年度がスタートしました。昨日と異なるのは、先生方の顔ぶれ。新聞でも紹介されてた通り、多くの先生方が本校を後にされ、多くの先生方が着任されました。
本校を後にされた先生方には、これまで生徒たちのために御尽力いただきましたことに心より感謝申し上げます。新型コロナウイルス禍の中ではありますが、ご自愛の上、ご活躍されますことをお祈り申し上げます。
そして、本日付で着任されました先生方におかれましては、ようこそ大宮工業高校へ。心より歓迎いたします。御負担をおかけすることが多々あるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

桜が満開の時を迎え、私たちの目を楽しませてくれています。この時期、どうしても桜に目が行きがちですが、足元の躑躅や満天星躑躅がいつの間にかたくさんの蕾をつけています。きっと入学式の頃には、新入生のように桜には若葉が芽吹き、躑躅や満天星躑躅、もしかすると花水木が満開の時を迎えているかもしれません。