校長室より

2021年8月の記事一覧

【校長室より】「内装仕上技能講習会」

今日8/27、熊谷市の松坂屋建材株式会社様の研修所を会場に「内装仕上技能講習会」が開催されました。新型コロナウイルス禍の中での開催のため、募集人数を減らしての開催となりましたが、参加した生徒たちは、講師の話に真剣に耳を傾け、熱心に実技に取り組んでいました。
最近では、あちらこちらでクレーンが聳え立ち、新しい建物が次々と造られ、それに加えてリフォームやリノベーションによる改修工事や内装工事も増加の一途をたどっています。そのため、内装工事を請負うことができる技術者の需要が高まるとともに、起業する方も多くなっているようです。
内装仕上技能講習会の講師をお勤めいただいた埼玉県内装仕上工事業協同組合の皆様に心より感謝申し上げます。

【校長室より】「高校生ロボットコンテスト埼玉県大会」

今日8/27、関東工業自動車大学校を会場に「高校生ロボットコンテスト埼玉県大会」が開催されました。本来であればトーナメント方式によって行う予定でしたが、新型コロナウイルス禍の中での開催のため、全てのチームが一堂に会することなく、タイムトライアル方式に変更するなど、運営も工夫を凝らしたコンテストとなりました。
このコンテストの目的は、日頃のロボット製作における学習の成果を発表し、競い合うことで各校のロボット技術を向上させるとともに、10月30日に開催される予定の「全国高等学校ロボット競技会」に出場するロボット2台のうちの1台を決定することです。もう1台は今月中旬にもう一度オンラインによるコンテストを開催し、決定することになっています。
新型コロナウイルス禍のため活動時間に厳しい制限がある中、どのロボットも完成には至っていない状況でしたが、工夫を凝らした世界に1台しかないロボットは、とても見ごたえのあるものでした。
本校からは、電子機械科3年生の課題研究とラジオ部の生徒たちが製作した5台のマシンがノミネート。今日のコンテストでは全国大会への切符を手にすることはできませんでしたが、3週間後に行われるオンラインでのコンテストで切符を手にできるよう頑張ってもらいたいと思います。

【校長室より】さらなる工夫改善を

新型コロナウイルス禍の中、さまざまな制約が課せられています。その厳しい状況の中で、生徒、保護者の皆様に御協力いただき、感染防止対策を徹底しながら教育活動が進められています。
9月に入ると多くの部活動の大会が予定されています。今日8/26学校では、9月11日に静岡県朝霧高原で開催されるロケット甲子園で優勝を目指すラジオ部の生徒たちが、モデルロケットの打ち上げ練習を行いました。練習のため、搭載したエンジンは本番で使用するものより小型のものを使用したとのことでしたが、勢いよく打ち上げられるロケットをカメラで追うのは至難の技でした。
ラジオ部の生徒の生徒たちには、ロケット甲子園での優勝を目指し、さらなる工夫改善をはかってもらいたいと思います。

【校長室より】「SAITAMA 150th ANNIVAERSARY こころ、咲いたまま。」

8月25日 校長室に木の板を切り抜いた文字が届きました。バラバラな文字を並べると「SAITAMA 150th ANNIVAERSARY こころ、咲いたまま。」という埼玉150周年記念のキャッチコピーが現れました。

これは、埼玉県誕生150周年を祝い開催される記念式典会場に設置される文字で、県からの依頼を受け、建築研究部の生徒たちが埼玉県産木材の杉板を製材し、ラジオ部の生徒たちがレーザー加工機で切り抜いてくれました。

記念式典は、県民の日11/14に埼玉会館を会場に開催される予定です。お披露目される日が今からとても楽しみです。
建築研究部とラジオ部の皆さん、ありがとうございました。

【校長室より】徽章「工学」

サマーリフレッシュ期間中の学校ですが、大会やコンテスト等が間近の部活動の生徒たちが練習に励み、HR棟西側トイレの大規模改修工事が行われているため、大きな音が響き渡っています。

いつもより静かな校舎内を歩いていると玄関に展示されている1枚の写真に目が留まりました。この写真は11年前の「第17回関東地区高等学校写真展」に出展された作品で題名は「K君の校章」。生徒の中にはこの徽章を「校章」と呼ぶ生徒もいると思いますが、本校全日制の生徒は、制服の襟に「工学」の文字をデザインした赤い徽章をつけています。
「工業」と「工学」の関係は何でしょうか? 辞書で調べてみると、次のように記されています。

[工業]
・自然の原料に人力や機械力を加え、商品価値のある生産物を製造する産業(小学館 大辞泉)
・原料を加工して有用物とする産業(Oxford Languages)

[工学]
・基礎科学を工業生産に応用するための学問(小学館 大辞泉)
・役に立つ生産物を得るために、計画・設計・製造・検査の段階に基礎的科学を応用する技術の総称(Oxford Languages)
・工学とは数学と自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学の知見を用いて、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問(工学における教育プログラムに関する検討委員会)

本校は大正14年に、私たちの生活に欠くことのできないインフラ(社会基盤)である、鉄道を支える優秀な技術者を育成することを目的に、鉄道の町大宮とともに発展してきました。このことから本校の使命は、人が幸せな生活を営めるよう、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築するための学びを基礎とし、価値ある生産物を製造する産業を支える技術者を育成することを目的とする工業高校であることから、この「工学」の徽章をつけることになったのではないかと思います。詳しくは、改めて調べてみたいと思います。

【校長室より】「電気と工事」9月号

電気科の先生が、オーム社から発刊されている「電気と工事」9月号を届けてくださいました。この「電気と工事」では、取組が顕著な工業高校を取材し、その魅力を伝えてくれています。今回は、「伝統&ハイテクが織りなす実践主義」というタイトルのもと、本校電気科の魅力ある取組を6ページもの紙面を使ってご紹介いただきました。
・現物を使った実践教育
・続々と導入される最先端装置
・Googleを活用した資格取得
・3年間の学びの集大成
・一流の技術者、技能者を輩出する文化部
・伝統校ならではの圧倒的な求人数
・モチベーションアップの秘策は「名札」
ぜひ、多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

ご紹介いただいたオーム社の関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

「電気と工事」9月号の目次は、こちらをご覧ください。

【校長室より】夏空広がり

毎年、夏休み期間中に、生徒たちに安全安心の学習環境を提供するため、電気設備の点検や火災報知器の点検などが行われています。その一環として、校舎の窓清掃も行われ、校長室からの眺めはいつもよりくっきりはっきりと見えます。その眺めはまさに絶景。夏空が広がり、すがすがしく感じられますが、天気予報では、熊谷地方の気温が40℃となる見込み。生徒たちには、新型コロナウイルスの感染防止と熱中症対策を徹底しながら、元気に活動してもらいたいと思います。

 

【お知らせ】

本校は、明日8月11日(水)から8月16日(月)までの6日間を「サマーリフレッシュウィーク(通常の週休日・休日と同じ)」として、学校を閉庁いたします。皆様には、趣旨を御理解いただき、御協力くださいますようお願い申し上げます。

※ サマーリフレッシュウィーク
夏季休業中に、原則、県教育委員会主催の教職員を対象とした会議、研修会等を実施しない期間(8月11日から8月16日まで)を設定することで、教職員が休暇等を取得しやすい環境を作り、教職員の健康増進を図ること目的とした取組です。

【校長室より】更なる高みを目指して

建築科では技能検定に向けて、そして今週は機械科の生徒をはじめ、全日制・定時制の生徒たちがアーク溶接の技能講習会にに参加しています。連日のように技術・技能の習得に励む本校生徒たち。積極的に学びに向かう生徒たちの姿はとても眩しく見えます。生徒たちには、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、さらなる高みを目指し頑張ってもらいたいと思います。

【校長室より】「緊急事態宣言期間における教育関係の対応」について

東京都はじめ首都圏の新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大しており、埼玉県においても本日8/2~8/31までの間、「緊急事態宣言」が発令されました。

これを受け、埼玉県は以下のような、緊急事態措置に基づく協力要請を埼玉県全域に発しました。

詳しくは、以下HPを参照してください。

埼玉県における緊急事態措置に基づく協力要請
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/covid19/saitamaken_kinkyuujitaisochi0730.html

また、埼玉県教育委員会から次の「緊急事態宣言期間における教育関係の対応」などの資料が配信されましたのでお知らせいたします。生徒・保護者の皆様のご協力をお願い申し上げます。
厳しい状況が続きますが、力を合わせて乗り切っていきましょう!