校長室より

2021年10月の記事一覧

【校長室より】「第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会」

ウエスタ川越を会場に、第31回全国産業教育フェア埼玉大会が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンライン開催となりました。私はフェアの一環として開催された第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会の運営にあたりました。全国35道府県からエントリーされた365チームの頂点となる3チームのオンライン審査会となりましたが、工業高校生の技術力とプレゼンテーション力の高さを証明する素晴らしい大会となりました。
何もかもが史上初の試みでしたが、すべての日程を無事終了することができました。選手、審査員、運営スタッフをはじめ、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

【第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会 開会あいさつ】

本日ここに、文部科学省初等中等教育局参事官付産業教育振興室教科調査官 内藤敬様 のご離席のもと、第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会を開催できますのは、お集まりいただいております審査員の皆様、大会開催へのご支援をいただいております公益社団法人 全国工業高等学校長協会の皆様、学校法人 片柳学園の皆様、そして、本大会の運営のためにご尽力いただいております多くの皆々様のおかげと、心より感謝申し上げます。

振り返ると昨年の今頃は、全国大会を1年後に控え、全国から多くのチームにここ埼玉の地にご参集いただき熱戦を繰り広げていただくことを期待しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンラインによる大会へと急遽変更することになりました。皆様には、こちらの対応が二転三転し、ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

さて、本大会には、全国から356チーム が参加し、各道府県から選出された代表35チーム による第一次審査が行われました。この第一次審査は、前例のない、各チームから提出された審査資料をもとに、各チームの投票によって二次審査に進出するチームを選出する方式といたしました。

これにより、他チームの技術力や工夫した点、アイデアなどを、互いに学び合う機会になったのではないかと思います。この互いに学び合ってもらいたいという思いこそ、本大会の大きな目的でもあります。

そして、投票によって選出された14チームを対象とした審査委員の皆様による厳正な二次審査が行われ、本日の最終審査会に進出する3チームが決定されました。本日の最終審査に臨む3チームには、全国356チーム頂点のチームとして、日頃のロボットを中心とする工業技術の学びの成果を遺憾なく発揮され、最高のパフォーマンスを繰り広げていただきたいと思います。

結びに、第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会を開催にあたり、ご支援、ご協力いただきました皆様に、心より感謝申し上げ、実行委員長の挨拶とさせていただきます。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。


第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会(特設サイト)
第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会(HP)

第31回全国産業教育フェア埼玉大会(特設サイト)
第31回全国産業教育フェア埼玉大会(HP)

【校長室より】ちょっと実習訪問《建築科3年生 課題研究》

今回訪問したのは建築科3年生の「課題研究」です。課題研究の目標は、生徒自らが、工業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的、創造的な学習態度を育てることにあります。普通高校における「総合的な学習の時間」に相当する科目ですが、工業高校においては、専門分野の学びの集大成となる科目です。
建築科3年6組7組の生徒たちが、チームや個人でそれぞれのテーマに基づいたものづくりに、真剣に、そして楽しそうに取り組んでいました。やっぱり本校の生徒たちはものづくりが好きなんだなぁと感じる時間となりました。

【校長室より】ちょっと実習訪問《電気科2年生 電気実習》

今回訪問したのは電気科2年生の電気実習。電気に関する学びには、電気を産み出す発電から、明かりや信号に変え利活用するまで様々な実習があります。今回の実習は、目に見えない電気を様々な装置とメーターなどの計測器を用いて、電気を見える化し、その特性をしっかり理解するための実習でした。
私たちが生活するためになくてはならない電気。この電気を安全に便利に使うための知識や技術を真剣に学んでいる生徒たちの姿がとても印象的でした。

【校長室より】ちょっと実習訪問《定時制4年次 課題研究》

今回訪問したのは定時制4年次の「課題研究」です。課題研究の目標は、生徒自らが、工業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識と技術の深化、総合化を図るとともに、問題解決の能力や自発的、創造的な学習態度を育てることにあります。普通高校における「総合的な学習の時間」に相当する科目ですが、工業高校においては、専門分野の学びの集大成となる科目です。
生徒たちは真剣に、そして楽しそうにものづくりに取り組んでいました。やっぱり本校の生徒たちはものづくりが好きなんだなぁと感じる時間でした。

【校長室より】秋の深まりを感じます

日差しの強い朝、校長室の窓から校庭に目を向けると、真っ赤になったハナミズキの葉。校庭に降り立つとハナミズキの後ろには朝日に輝く校舎。玄関前ロータリーの植え込みの満天星ツツジの葉も真っ赤。天高く晴れ渡る秋空。遠くからテニスボールを打つポーンという響。秋の深まりを感じるとともに、この何気ない秋の風景に気持ちが穏やかになっていきます。生徒たちには、この素晴らしい季節を満喫しながら、スポーツに、勉強にと、自分を高められるよう努めてもらいたいと思います。

昨晩、本校生徒の取組が、NHK「沼にハマってきいてみた」で紹介されたことから、多くのメールや電話をいただいています。メディアの力の大きさを改めて感じるとともに、日常の生徒たちの取組をご紹介いただけたことは感謝の念に堪えません。取材・制作等、お世話になりましたNHKの皆様に心より感謝申し上げます。