校長室より

2021年12月の記事一覧

【校長室より】仕事納め 皆様に心より感謝申し上げます

グラウンドではサッカー部の練習試合、生徒たちの元気な声が響いています。実習棟では溶接コンクールの猛練習、閃光とともにバチバチという音が響いてます。そして、HR棟では補講、生徒たちが真剣に勉強をしています。いつもと変わらぬ光景ですが、学校をはじめ、公的機関は今日で仕事納めになります。

今年もいろいろなことがありましたが、充実した1年でした。そして、来年のさらなる飛躍を祈ります。御指導・御支援・御協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

【校長室より】真剣な眼差し、笑顔、安堵、ガッツポーズ

関東工業自動車大学校オレンジラボを会場に、令和3年度高校生ロボットコンテストが行われました。今年度のロボコンは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、キャリアロボット部門とライントレースロボット部門の夏季大会とロボットアメリカンフットボール部門と相撲ロボット部門の冬季大会の2回に分けての開催となりました。私は大会会長として出席し、本校生徒をはじめ大会に出場したすべての生徒たちにエールを送りました。緊急事態宣言などの影響もあり、各校のロボット製作は困難を極めたようですが、無事に大会を開催することができ関係者一同ホッと胸を撫でおろしました。
本校からは、ロボットアメリカンフットボール部門に3チームが出場。ほとんどの学校が部活動で出場する中、本校は3年生の課題研究の一環として出場。熱戦を繰り広げるも上位入賞には及ばずアイデア賞を受賞しました。
試合中の真剣な眼差し、笑顔、安堵、ガッツポーズがとても印象的でした。出場した生徒の皆さん、ご支援いただいた先生方、ありがとうございました。

【校長室より】建築甲子園全国選手権大会埼玉県大会 最優秀賞受賞!

建築科の先生から、建築甲子園全国選手権大会の埼玉県大会で最優秀賞を受賞したとの報告がありました。

建築甲子園は、公益社団法人日本建築士連合会が主催する大会で、今年12回を数える全国大会です。今年は、「地域のくらし ~これからの地区センター~」をテーマに、興味を持つコミュニティ、その核となる地区センターを描き、建築設計や内装設計とともに提案するもので、テーマの理解度、提案度、具体性、独創性、表現力などから審査されるハイレベルな大会です。この大会で最優秀賞を受賞することは、とても名誉なこと。本当にすごいことです。

最優秀賞を受賞した生徒の作品は、埼玉県代表として全国大会に選出され、各都道府県の代表作品と優勝を競うことになります。さらなる吉報を待ちたいと思います。

【校長室より】長期休業中のいつもと変わらぬ光景に

今日から冬休みが始まりました。学校に来る途中、川島町のコンビニで自転車競技部の生徒たちと遭遇。これから東松山の物見山方面に向かうとのこと。物見山辺りから西には丘陵や山が連なり、昔から埼玉県の自転車競技部の生徒たちの絶好の練習の場となっています。さいたま市から物見山までの距離もありますが、そこでのヒルクライミングはつらい練習です。自転車競技部の生徒たちには、くれぐれもケガをしないよう練習に励んでもらいたいと思います。
そして、学校では部活動に励む多くの生徒たちの姿がありました。長期休業中のいつもと変わらぬ光景ですが、何となく幸せな気持ちになります。生徒たちには、寒さやコロナに負けず、さらなる高みを目指してもらいたいと思います。

【校長室より】「5S」整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣)

今日で第2学期が終了しました。終業式では「5S」をテーマに話をしました。本校では、生徒たちに常に「5S」を意識してもらうために、教室や実習室に5Sポスターを掲示するとともに、全日制の生徒手帳にも5Sのページを設けています。

「5S」は、安全・安心な、より良い社会を創ることができる人財を育成する工業高校の重要な役割を果たすための基盤となる活動です。生徒たちには、これからも常に「5S:整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣)」をを意識して行動し、安全・安心で快適な学習環境を築き上げるとともに、主体的で創造的な学習活動を通して、地域の皆さんから信頼され、安全・安心な、より良い社会を創造する人財へと成長してもらいたいと思います。

※全日制の終業式の式辞(要旨)は、こちらをご覧ください。
※定時制の終業式の式辞(要旨)は、こちらをご覧ください。

 

【校長室より】避難訓練「火災発生!その時…」

午前9時20分、校内に火災報知機のけたたましい非常ベルの音が鳴り響き、避難訓練が始まりました。緊急放送により、火災発生場所が告げられ、全員校庭に避難するよう指示が発せられ、生徒たちは上履きのまま校庭に避難しました。
無駄な話をする生徒はなく整然と避難し、緊急放送から5分後には避難が完了しました。消防署の方から、とても優秀な避難訓練であったと講評をいただくほどの避難訓練でした。改めて、やるべき時に、やるべきことができる生徒たちあることを確認することができました。
最近では、大阪北新地ビルでの放火事件をはじめ、辛く悲しい事件が相次いでおり、いつ・どこで・何が起こるかわからない状況下にあります。生徒たちには、火災が発生したその時に何を行うべきかを瞬時に判断し、行動できるよう心がけてもらいたいと思います。

【校長室より】「大宮工業PTAだより」第124号完成

明日発行予定の「大宮工業PTAだより」第124号が完成し校長室に届きました。早速お客様が御来訪された際にお渡しできるように校長室の棚に置かせてもらいました。
PTAだよりの1ページには、内野PTA会長の玉稿とともに掲載されている雨の中で開催した体育祭の写真。ページをめくると宮工祭や強歩大会、インターンシップ、部活動、遠足等の生徒たちが元気に活動している写真が目を惹きます。やはり生徒たちが元気に活動している光景はいいものです。
このPTAだよりにより、2学期に予定されていたすべての学校行事を振り返る機会となりました。発行に当たり御尽力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルスの新規感染者数は比較的少ない状況で推移していますが、オミクロン株が心配される昨今でもありますので、生徒たちには引き続き感染拡大防止に努めてもらいたいと思います。

【校長室より】全日制新生徒会が未来に向けて船出しました

期末考査を終え、終業式までの間は特別時間割が組まれ、授業や学校行事等が行われています。その中で、今日は全日制の後期生徒総会が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、全校生徒が一堂に会すことができず、今回も会議室からオンラインで配信する開催となりました。
生徒総会に先立ち行われた任命式では、12/2に行われた生徒会選挙を経て決まった新生徒会長をはじめとする新役員の皆さんに直接任命書を手渡しました。そして、早速行われた新体制での初めての生徒会行事である「後期生徒総会」も、すべての議事が滞りなく承認され、新生徒会が前途洋洋たる未来に向けて船出することができました。
新生徒会の皆さんを中心に、全校生徒が一丸となってより良い学校を築いていってくれることを期待しています。

【校長室より】校長室の宝物!(大先輩からの贈り物)

昭和30年に本校を卒業された大先輩から贈り物が届きました。その贈り物は、平成28年(2016)の春の大会から今年の秋の新人戦までの野球部の公式戦全記録です。
同封されていたお手紙によると、送り主の大先輩は在学中は音楽部に所属されていたようですが、野球部の活躍に大変興味を持たれ、卒業後も母校野球部の活躍を応援してくださっているとのことです。5年前には、「大宮工高野球部 80年の軌跡」をまとめられたファイルも御寄贈いただいており、その後も資料収集を継続され、この度 662ページから702ページ までをお送りいただきました。そして、お手紙の最後には、「お世話になった母校のことは何年経っても気になります。どうか益々のご発展を心より願っています。」と記されていました。
お手紙を拝読して、長い人生の中の3年間という短い時間であっても、一生涯忘れることのない充実した高校生活を過ごされたこと。本校を心から愛してくださっていること。本校生徒の活躍を心から応援してくださっていることがしみじみと伝わってきました。

本校は、本当に多くの皆様に期待され、応援していただいている工業高校です。その多くの皆様の思いや恩に少しでも報いることができるよう、本校生徒・教職員が一丸となって、さらなる高みを目指して歩みを進めます。御贈呈いただいた資料は、「大宮工高野球部 80年の軌跡」とともに大切に保管し、活用させていただきたいと存じます。貴重な資料を御贈呈いただいた大先輩 吉村英夫様 に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

【校長室より】多くの方々に支えられていることを実感

氷が張る冷え込んだ日、野球部のOBと現役の交流戦が行われました。試合が動いたのは3回。真剣勝負の中で時折見える笑顔と歓声。現役チームがヒットを連打し3点を先取。その裏負けじとOBチームが2点を返し1点差。見応えある試合です。仕事の都合で3回が終わったところで失礼してしまいましたが、多くの方々に支えられていることを実感するひと時でした。

OBの先輩方におかれましては、日曜日のお休みの日にもかかわらず、生徒の御指導をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

【校長室より】ちょっと覗いてみてください

多くの中学生と保護者の皆様に御参加いただき「第2回学校説明会」を開催しました。説明会では、校長あいさつ、入試について、生徒指導について、進路指導についてなど説明させていただいた後、各学科に分かれて学科の概要説明や施設・設備をご覧いただきました。

校長あいさつでは、次のような話をさせていただきました。あいさつの結びに校長室をちょっと覗いていただくようご案内したところ、多くの中学生と保護者の皆様にお越しいただきました。


[ あいさつ(要旨)]

土曜日のお休みの日に、また、御多忙の中、御参加いただきありがとうございます。
入試を2か月後に控え、最終的な進路選択の段階に入っているのではないでしょうか。

高校で学ぶ内容自体は、学習指導要領により定められていることから、概ね学校による差異はありません。そのため、今日の説明会では、ぜひ、本校の特長や魅力、他校との違いなどを感じ取っていただければと思います。せっかくの機会ですので、本校の特長と魅力をいくつか紹介させていただきます。

1つ目に「自慢の生徒たち」です。
本校で学んでいる生徒の様子は、校歌に謳われている通り「淳樸」で素直な生徒がとても多く学んでいます。
部活動や資格取得にも、積極的に取り組み、全国、関東、県レベルで活躍しています。
学校生活では、「ともに学ぶ仲間の存在」は極めて大切なものだと思います。

2つ目に「進路状況」です。
入学前に卒業時の話になりますが、高校卒業後の進路はとても大切なことであると思いますし、進路のことを一番に考えて、本校を希望されている中学生が多いと言っても過言ではないと思います。
まず、就職状況については、求人件数、内定率とも極めて高く、県内トップクラスの学校です。その背景には、創立100年の伝統と歴史、そして、地域で活躍している卒業生の存在が大きいとものと考えています。
次に大学進学希望者が多いことから、大学進学を支援することを目的に、県内工業高校唯一、カレッジコースが設置されています。
求人件数や内定率、大学進学者数ともに県内工業高校トップクラスの学校です。

3つ目に「外部連携・協働教育」です。
本校では、地域や企業、大学等と協働した活動がとても多く行われています。特に2年生全員が参加するインターンシップでは、100を超える企業や大学等の機関に協力していただいています。
また、企業・大学等から講師を招いた授業が頻繁に行われるなど、学校外の多くの皆様に御支援いただいています。

4つ目に「充実した施設・設備」です。
本校は、全国的に見てもトップクラスの施設・設備が設置されている学校です。特に最近では、DX(デジタルトランスフォーメーション)化が進められており、国のスマート専門高校」の一環として、様々な最先端加工機が今年度中に導入される予定です。そのため、皆さんには、他校では体験することができない真新しい最先端の加工機を使っていただくことができます。

まだまだ、紹介させていただきたいことはありますが、時間のこともありますので、これら4点のみ紹介させていただきました。
なかなか一言でまとめるのは難しいことですが、「チャンスの多い学校」であると言えます。ぜひ、そのチャンスに、積極的にチャレンジして、自分自身を高め、夢を掴んでもらいたいと思います。

結びに、お時間が許されるようでしたら、帰りがけにでもホームルーム棟2階の校長室をちょっと覗いてみてください。校長室には、本校生徒が製作した作品が数多く飾られていますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

それでは、本日の学校説明会が皆様の進路選択の一助となれば幸いです。本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【校長室より】ちょっと実習訪問《建築科3年生 世界とつながる授業》

期末考査が終わり、2学期も残すところ1週間、特別時間割を編成し授業が行われています。その中で今回は、建築科3年生の授業を訪問しました。実習ではありませんが、本校と他の3地点を結ぶリモート授業です。講師の先生方は、島根県、インドネシア、ベリーズで建設関係の仕事をされている方々。まさに、世界とつながる授業です。授業の内容は、改めて建築科のページで紹介されますので楽しみにしていただきたいと思います。
授業を行ううにあたり、島根県とは時差はありませんが、インドネシアとは2時間、ベリーズとはなんと15時間の時差があります。昼頃の授業もベリーズでは夜。仕事を終えお休みになる間際に御指導いただきました。

新型コロナウイルス禍では多くの制約が課されましたが、逆に大きく進展したのはインターネットの活用。2年前では考えられなかったこのような授業が当たり前のように行えるようになりました。
工業高校では、社会とリアルにつながることは大切なこと。モニターの中といえども、教科書に載せることができないリアルタイムの情報をどんどん得ることができます。生徒たちには、工業高校生だからこそ、社会の変化や現状にしっかり目を向けてもらいたいと思います。

世界各地で活躍されている講師の皆様、御協力いただきありがとうございました。

【校長室より】校長室の宝物!(建築科3年生課題研究木工班作品③)

12月8日に納品された建築科3年生の課題研究木工班の生徒たちが製作してくれたデスクパーテーションの仕上げが終わり改めて納品されました。私の散らかった机上をお客様の視線から隠してくれるちょうど良い高さ、手暗がりにならないようにとパーテーションの上部にはアクリル板が使われるなど工夫されたこだわりの造りに感動。さらに、レーザー加工機で切り抜かれた「大宮工高」の文字。機械科の協力による安定脚。最先端と学科連携によりつくり上げられた高級感ある素晴らしい作品です。
建築科3年生課題研究木工班の皆さん、素敵なデスクパーテーションをつくってくださりありがとうございました。大切に使わせていただきます。

【校長室より】入学以来初めての校外学習

晴天に恵まれた今日、2年生は入学以来初めての校外学習で出かけました。7時30分の集合時間よりも早く登校する生徒たち、笑顔がこぼれます。行先の世界遺産の富岡製糸場と日本を代表する歴史ある温泉地の伊香保温泉を前半組と後半組が入れ替え制で巡ります。
新型コロナウイルス禍により活動に大きな制約が課せられた1年半であったため、バスで校外学習に行けることがどれほどありがたいことなのか、嬉しいことなのかを実感しています。
2学年の生徒たちには、今日の校外学習で集団行動について学び、2月2日からの修学旅行に備えてもらいたいと思います。くれぐれも気をつけて、楽しい校外学習になるよう努めてください。

【校長室より】「いつか宇宙へ!“ロケット沼”」再放送

昨晩(12/13)、NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」で、10月27日に放送された「いつか宇宙へ!“ロケット沼”」が再放送されました。出張から戻る途中だったためリアルタイムでの放送は見ることができませんでしたが、知人から「大宮工業の生徒さんがNHKに出てるよ!」「生徒さんすごいことやってるんだね!」などのいくつものメールをいただきました。メディアの力の影響力と日頃学校で一緒に生活している生徒たちがすごい取組をしていることを改めて感じさせてくれる出来事でした。

定時制は昨日、全日制は今日で期末考査が終わりました。生徒たちには、改めて目標に向かって歩みを進めてもらいたいと思います。期末考査お疲れ様でした。

【校長室より】全員合格を目指して

昨日(12/12)、筆記試験に合格している約30人もの生徒が臨んだ第1種電気工事士試験技能試験。これまで、電気科の先生方の御支援のもと、全員合格を目指して講習会に取り組んできました。第1種電気工事士試験は、年1回の試験のため緊張感も高かったのではないでしょうか。また、期末考査中の試験であったため、試験勉強も大変だったと思います。

模範解答は今日(12/13)に公表され、試験結果は令和4年1月14日(金)に発表される予定です。緊張の日が続きますが、全員合格を祈っています。技能試験に臨んだ皆さん、お疲れ様でした。

※技能試験対策講習会の様子は こちら をご覧ください。
※筆記試験対策講習会の様子は こちら をご覧ください。

【校長室より】冬の訪れを実感

朝夕の厳しい寒さが続き、先週月曜日(12/6)には、赤や黄のきれいな葉をつけていた唐楓も、今はほとんどの葉が落ちていました。隣のイチョウの木も多くの葉を落とし、根本の黄色い絨毯に、冬の訪れを実感。学校は全日制・定時制ともに期末考査の真っただ中、生徒たちには、体調管理に努め、学習の成果を十分発揮できるよう努めてもらいたいと思います。

【校長室より】校長室の宝物!(毛糸のクリスマスツリー)

クリスマスが間近となり、街中には緑と赤のオブジェや商品などが目立つようになり、今年もあと僅かと思う日が多くなりました。

そのような中、「余った毛糸があったから作ってみました」と司書の先生から毛糸のかわいらしいクリスマスツリーをいただきました。早速建築科の生徒たちがつくってくれた作品展示棚に、松かさ(まつぼっくり)のツリーとともに飾らせていただきました。クリスマス気分にさせてくれる緑と赤の毛糸のクリスマスツリーを見ていると、いつの間にかワクワクした気持ちになります。

校長室には、この毛糸のクリスマスツリーをはじめ、鉄製マスクや真鍮製トンボのやじろべえ、コバトンスマホスタンドなど、先生方につくっていただいたたくさんの宝物が飾られています。「さすがものづくりの学校の先生方!」と嬉しい気持ちになります。宝物をくださった先生方に心より感謝します。ありがとうございます。また何か作られたお持ちいただけると幸いです。

【校長室より】校長室の宝物!(建築科3年生課題研究木工班作品②)

一昨日(12/8)納品された建築科3年生の課題研究木工班の生徒たちが、製作してくれた洗面化粧台目隠し。むき出しだった洗面化粧台をすっぽり覆い隠す高級感あふれる洗面化粧台目隠しが出来上がりました。上部の引戸を開けると洗面化粧台が現れる工夫されたこだわりの造りに感動。使うたびに幸せな気持ちになります。建築科3年生課題研究木工班の皆さん、素敵な洗面化粧台目隠しをありがとうございました。大切に使わせていただきます。

【校長室より】校長室の宝物!(建築科3年生課題研究木工班作品①)

昨日(12/8)納品された建築科3年生の課題研究木工班の生徒たちが、製作してくれた作品展示棚。部屋に設置されているストーブや配管の位置を考慮し丁寧に製作してくれました。数年前に卒業した生徒たちが製作してくれたテレビ台も一体化され、豪華な作品展示棚が出来上がりました。校長室の宝物を宝物に飾ることができ、とても幸せな気持ちになりました。「技術は人を幸せにするためにある」「技術は人のために」という工業教育の原点を思い起こさせてくれました。建築科3年生課題研究木工班の皆さん、素敵な作品展示棚をありがとうございました。大切に使わせていただきます。