校長室より

2022年5月の記事一覧

【校長室より】宮工に咲く花(皐月:サツキ)

第1学期中間考査3日目午前7時。サツキの花が見頃を迎えています。試験前の追い込みのためか、何人もの生徒が登校し、次々と昇降口に吸い込まれて行きます。今の彼らは「花より勉強」でゆっくりサツキを眺めている時間はなさそうです。

教室の鍵を取りに職員室に来た生徒に「試験はどう?」と尋ねたところ、笑顔で「順調です!」と力強い答え。こちらも笑顔で「頑張ってね!」とエールを送ると、一層の笑顔で「ありがとうございます!」と会釈をして、教室に向かって行きました。何気ないやりとりですが、とても嬉しくなりました。

中間考査は明日まで、生徒たちには最後の最後までしっかり取り組んでもらいたいと思います。

【校長室より】校長室の宝物!(木製チェーン)

昨日5/9の夕方、生徒がレーザー加工機で製作した「木製チェーン」を校長室に持ってきてくれました。小さな部品を組み合わせた精巧なつくりに感動! 思わず「すごい!」と素直な言葉が。早速、校長室に飾り、ハンドルを回して、またまた「すごい!」を連発! 本当にすごい作品です。
製作した生徒に、「どうしてこれをつくったの?」と聞いてみると、「急につくりたいと思い立ち、一気につくってみました」との回答。やはり、好奇心と行動力は、何ものにも勝るものだと改めて感じました。
「木製チェーン」つくり、校長室に持ってきてくれたラジオ部の山﨑くん、ありがとうございます。校長室の宝物として、大切に飾らせていただきます。

【校長室より】これぞ宮工の生徒!

5月2日(月)夕方、地域にお住いの女性から学校に電話をいただきました。

その内容を要約すると、以下の通りです。
----------
大谷口のバス停付近で、血を流して倒れていたおじいさんを、本校生徒2名が対応し救助していた。
おじいさんは、その後救急車で運ばれて行った。
その対応している姿に感動したので報告をした。
----------

人通りのある中、突然おじいさんが血を流して倒れている状況を目の当たりにし、誰もが的確にすぐに行動を起こせるかわかりません。
そのような状況の中で、冷静に判断し、救助に当たった生徒たち。できそうでできない行動であり、これぞ宮工の生徒! 本校の誇りです。

お電話をいただきました方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

【校長室より】「朝虹は雨、夕虹は晴れ」

大型連休の中日、学校はカレンダー通りで、平常授業です。今日は、朝から雨。授業が終わり、小降りになったときを見逃さず、生徒たちは部活動を開始。雷鳴が響き渡り校舎内に避難。その後、夕方には学校上空の雨雲も過ぎ去り、天気は回復。それとともに、垂れ込める雲の手前に鮮やかに見える虹。「朝虹は雨、夕虹は晴れ」と言われるように、きっと明日は晴れるでしょう。今日は、グラウンドで部活動に励む生徒たちの休息の一日になったようです。