校長室より

2022年9月の記事一覧

【校長室より】生徒たちの笑顔と躍動する姿を見ることができそうです

体育祭の予行を行いました。全校生徒が一堂に会すことができました。朝礼台の上から全生徒の姿を見て涙がでるほど嬉しくなりました。
明日は晴天の予報。生徒たちの笑顔と躍動する姿を見ることができそうです。多くの保護者の皆様にも、生徒たちの雄姿をご覧いただきたいと思います。

写真は、全体予行の前に行われた1学年の秩父音頭と宮工音頭の練習風景です。

【校長室より】ちょっと授業訪問《学科間連携授業[1年生]》

本校では、学科が互いに連携した学科間連携授業が進められています。今日は、建築科の先生が電子機械科の生徒に構造計算の授業を行っていました。

科目は、工業科共通科目「工業情報数理」。工業情報数理の目標は、工業の見方・考え方を働かせ、実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して、工業の各分野 における情報技術の進展への対応や事象の数理処理に必要な資質・能力を次のとおり育成することを 目指すことにあります。

授業では、どの程度の荷重まで耐えられるかを競う「橋梁模型コンテスト」を題材に、グループ毎に限られた材料で橋梁模型を製作していました。今日は、何時間も理論に費やすのではなく、まずつくってみる。つくって検証し修正してみるという感覚を重視した体験型の授業が行われていました。生徒たちは自分の考えを出し合いながら、楽しそうに橋梁模型を製作していました。
このような経験を経て、理論を考え、知識として定着させることは、工業高校の得意とするところです。

【校長室より】ちょっと授業訪問《教科横断型授業(コラボ学習)[1年生]》

“国語科+家庭科+理科+工業科”の連携による教科横断型授業(コラボ学習)が進められています。生物学者で東京大学名誉教授の鷲谷いづみ氏の著書「イースター島になぜ森がないのか?」を教材とし、「バランスって大事!!」をテーマに授業が行われています。

今日は、工業科(機械)からのアプローチとして「違いを理解しよう!」をテーマに、材料の特徴を比較し、使う立場や作る立場から考え話し合いました。
そして、国語科・家庭科・理科・工業科からのアプローチによる授業のまとめとして、現代の生活で工夫できることや豊かな暮らしとは何か、なぜSDGsを考える必要があるかを話し合いました。

人が幸せに生活していくためには、国語、数学、理科、社会、英語、体育、家庭、芸術、専門などがバラバラな状態ではなく、様々な知識と技術を融合することが大切です。このコラボ学習を通じて、1つの方向から考えるだけでなく、様々な方向や角度から考え事の大切さや他者を尊重し「折り合いをつける」ことの難しさと大切さを学ぶことができたと思います。

【校長室より】校長室が一段と華やかになりました!

今年度の宮工祭ポスターが完成し、校長室に届きました。見ているだけで、楽しくワクワクするポスター。さすが宮工生徒の作品です。
各学科の特徴を捉えたキャラクターが並ぶ中、本校のマスコットキャラクター「テクノザウス」が存在感を放っています。
早速、校長室内のホワイドボードに。校長室が一段と華やかになりました!
「宮工祭」が、今からとても楽しみです。

【校長室より】驚き! 感動!! 県立大宮工業高校!!!

加須げんきプラザのInstagramで本校の驚きのポイントを3つご紹介いただきました。ぜひ多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

驚きポイント① 生徒さんたちのあいさつや授業に取り組む姿勢がすばらしい!!
驚きポイント② 資格や賞の数がすばらしい!!
驚きポイント③ 施設・設備がすばらしい!!

※加須げんきプラザのInstagramは、こちらからアクセスすることができます。

今年度本校は、加須げんきプラザとの協働で「ドラム缶ピザ窯づくり」に取り組んでいます。ドラム缶のピザ窯は、加須げんきプラザの体験学習で使われているもので、飲料メーカーで廃棄されたドラム缶を再利用しています。そのドラム缶ピザ窯が老朽化したため、加須げんきプラザの依頼により、本校の生徒たちがリニューアルすることに。体験学習の専門家(マイスター)の指導のもと、ものづくりの専門家である本校生徒たちがドラム缶ピザ窯に取り組んでいることから、マイスター・ハイスクール事業の一環としても位置付けています。

【校長室より】ちょっと授業訪問《教科横断型授業(コラボ学習)[1年生]》

“国語科+家庭科+理科+工業科”の連携による教科横断型授業(コラボ学習)が進められています。生物学者で東京大学名誉教授の鷲谷いづみ氏の著書「イースター島になぜ森がないのか?」を教材とし、「バランスって大事!!」をテーマに授業が行われています。

今日は、工業科(電気)からのアプローチとして「エネルギーの自給率や需要と供給」について、理科からのアプローチとして「生態系と地球の未来」について考え話し合いました。

机の上には、国語科と家庭科の教科書、そして関係資料が置かれています。このような授業に対して、違和感は全くなく、むしろ当たり前という感覚を覚えます。1つのテーマに対して複数の教科が連携するすごい取組。これも本校の魅力であり誇りに思います。

【校長室より】第一志望の高校で勉強に励まれますことを心よりお祈り申し上げます

9月24日(日)、本校を会場に見沼区内中学校PTA有志主催「公立高等学校合同説明会」が開催されました。この説明会の目的は、地域の中学生と保護者の皆様に、地域の多くの高校の情報を直接お届けし、高校選択の一助としていただくことです。
新型コロナウイルス禍、このように多くの高校が一堂に会する学校説明会を行うことはできませんでしたが、参加者の皆様のご協力のもと、無事開催することができました。
中学生と保護者の皆様、ご参加いただきありがとうございました。中学生の皆様が、第一志望の高校で勉強に励まれますことを心よりお祈り申し上げます。
また、ブース参加していただきました公立高等学校各校(上尾高校[全・定]、上尾鷹の台高校、上尾橘高校、上尾南高校、いずみ高校、岩槻高校、岩槻商業高校、岩槻北陵高校、浦和東高校、大宮高校、大宮北高校、大宮工業高校[全・定]、大宮光陵高校、大宮商業高校[全・定]、大宮東高校、大宮南高校、大宮武蔵野高校 ※五十音順)の皆様、ご多忙の中ご参加いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。
そして、企画から運営に至るまでのすべてをご担当いただきました見沼区内中学校PTA有志の皆様、私たち公立高校にこのような機会を与えてくださいましたこと心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

【校長室より】生徒たちがつくり上げた定時制体育祭

9月22日(木)、心配された雨も止み、ベストコンディションのグラウンドで定時制の体育祭が開催されました。
体育委員が中心となって、競技種目や運営方法、新型コロナウイルス感染防止対策など様々な課題に対して協議を重ね迎えた体育祭。運営にあたる体育委員とメリハリのある行動で楽しみながら競技に臨む生徒たち。そして、応援してください保護者や家族の皆様。まさに生徒たちがつくり上げた素晴らしい体育祭となりました。生徒たちだけでなく、保護者や家族の皆様、教職員にとっても一生の思い出となる体育祭になったと思います。生徒の皆さんお疲れ様でした。そして、素晴らしい体育祭をつくり上げていただきありがとうございました。

【校長室より】ちょっと授業訪問《教科横断型授業(コラボ学習)[1年生]》

“国語科+家庭科+理科+工業科”の連携による教科横断型授業(コラボ学習)が進められています。生物学者で東京大学名誉教授の鷲谷いづみ氏の著書「イースター島になぜ森がないのか?」を教材とし、「バランスって大事!!」をテーマに授業が行われています。

今日は、家庭科からのアプローチとして持続可能な衣生活について考え話し合いました。今後、理科と工業科からのアプローチ、そして、まとめが行われる予定です。一般的にはそれぞれの科目ごとに独立して行われる授業が、互いに連携しながら進められることができることも本校の魅力の一つであると思います。今後の取組と生徒たちの成長が楽しみです。

なお、本校ではこの取組を文部科学省事業「マイスター・ハイスクール」における「工業科・普通科連携キャリア教育カリキュラム」の一環として位置付けています。

【校長室より】専門高校生と子どもたちの笑顔が印象的でした

9/17(土)18(日)の2日間、イオン熊谷店とレイクタウン店を会場に「ミニ産業教育フェア」が開催されました。このミニフェアは、埼玉県教育委員会とイオン株式会社の連携によるもので、県北部及び東部地域と専門高校の活性化を図ることを目的にしています。今回は高校生が小学生を対象にものづくりをはじめとした体験教室をメインに開催。専門高校生と子どもたちの笑顔が印象的でした。
本校の地元南部地域と県全域を対象とする埼玉県産業教育フェアは、11月12日(土)に大宮ソニックシティをメイン会場に開催されます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

※「埼玉県産業教育フェア」の詳細は、こちらをご覧ください。

【校長室より】ちょっと授業訪問《1年生「公共」》

SNSが発達している現代社会において、自分の考えや意見を相手に伝えたり表現することは以前に比べて容易になっています。しかし、一方でヘイトスピーチや他者への誹謗中傷などが社会問題にもなっています。これらを背景に生徒が普段使用しているSNSで発生した事例を用いながら、人権問題を自分事としてとらえ考えることができるようにすることをねらいに、「表現の自由はどこまで認められるのだろうか?情報を発信するときに気をつけなくてはならないことは何か?」を現代の特徴を踏まえて考え他者に伝え合う協調学習の授業が行われました。
協調学習とは、対話を通して理解を深めるアクティブラーニング型の授業。生徒たちが真剣に授業に臨む姿がとても印象的でした。

【校長室より】自分らしく、いつもの自分で!

今日から就職試験が始まります。
就職試験に臨む生徒たちは、きっと緊張していることと思います。
就職試験は、求人者と求職者が、お互いの想いや意見を交わし合う場。特に高校生にとっては社会人として初めての1社を決める人生における大きな分岐点。お互いにとって良縁となることを心より願っています。

生徒の皆さん、自分を飾る必要はありません。
自分らしく、いつもの自分で就職試験に臨んでください。
吉報を待っています。

【校長室より】ちょっと実習訪問《建築科3年生「実習」》

建築科の実習室を覗いたところ、3年生の鉄骨建築物の解体・組立実習が行われていました。高所作業のため、生徒たちはハーネスを装着し、「安全第一」で慎重に作業を進めていました。
建築科で学ぶ内容は、構想、設計、加工、施工、安全など、建築に関する幅広い知識と技術を学びます。生徒たちには、人が快適で活動しやすい建築物をつくり上げることができるエンジニアに成長してもらいたいと思います。

【校長室より】「途上国から世界に通用するブランドをつくる」

全柔連 広報誌「まいんど」33号 に本校建築科で柔道部のOG 山口絵理子先輩 とオリンピック金メダリストの谷本歩実さんの対談が掲載されました。山口絵理子先輩は、本校卒業後、慶応義塾大学に進み、その後バングラデシュでバッグ等の製品制作をスタート。「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念に、株式会社マザーハウスを設立。現在、バングラデシュをはじめ6か国の工場や工房で製品をつくり、日本を世界で販売する、まさに理念通りの「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を実現した企業を経営されています。
本校生徒をはじめ、ぜひ、多くの皆様にご一読いただきたいと思います。

※ 全柔連 広報誌「まいんど」WEB版33号 は、こちらからご覧いただけます。

【校長室より】人生における大きな分岐点

今週金曜日9/16から全国一斉で高校生の就職試験が始まります。就職試験の合否には適性検査や面接の状況が大きく影響することから、生徒たちは面接練習に余念がありません。学科等で計画的に進められている面接練習に加え、生徒たちは主体的に先生方に面接の指導をお願いしているようです。そして、校長室にも連日多くの生徒たちが面接練習に訪れています。

就職試験は、求人者と求職者が、お互いの想いや意見を交わし合う場。特に高校生にとっては社会人として初めての1社を決める人生における大きな分岐点になります。お互いにとって良縁となることを心より願っています。

【校長室より】進む教材研究(レーザー加工機)

6/16に続き、定時制建築科の先生が教材研究の一環として製作した立体切り絵を校長室に持ってきてくれました。
この教材は、CADソフトで図面を作成し、レーザー加工機でケント紙を切り抜き、立体物に組み上げた優れモノ。予算的にも安価であり、失敗を恐れず挑戦することができることから、生徒のさらなる成長が期待できる優れた教材であると思います。
第4次産業革命の進展、デジタルトランスフォーメーション、6次産業化等、産業構造や仕事内容は急速に変化しており、アフターコロナ社会においては、こうした変化が一層急激になることが予見される中、生徒が楽しみながら学べるよう先生方の教材研究も急ピッチで進められいます。

【校長室より】世界大会への挑戦が受け継がれたのではないかと思います

富士山の裾野、朝霧高原を会場に「ロケット甲子園」が開されました。過去の大会と比較しても、これまでで一番風が強く、なかなか計算通りには行かない、それこそ天任せとなった本大会。どのチームも風を読みつつ打ち上げるものの、風は遠慮なく吹き荒びます。技術の粋を集め、出場校の中でダントツに完成度の高い本校の機体。風の女神は微笑んでくれるか・・・。
1本目は風を読み過ぎとミスにより、風上に向けて発射したものの、残念ながら得点に至らず。再度計算し直し臨んだ2本目。打ち上げ成功、無事搭乗員に見立てた卵と機体を回収。2本目では見事第1位。総合点では1本目の結果が響き、残念ながらもう少しのところで世界大会への切符を手にすることができませんでしたが、工業高校の粋とアイデアを集め、果敢に挑戦した生徒たちを誇りに思います。そして、この大会を通して、世界大会への挑戦が、3年生からしっかりと1・2年生に受け継がれたのではないかと思います。頑張れ宮工!頑張れラジオ部ロケットプロジェクト!

【校長室より】「“暑さ指数”データ解析の授業」

本日(9/9)の読売新聞のシリーズ「いま学校は」、のコーナーに「“暑さ指数”データ解析の授業」という見出しで、マイスター・ハイスクール事業の一環として、電子機械科の3年生が課題研究で取り組んでいる地球温暖化問題に関する研究の記事が掲載されました。テレビ埼玉8/16、埼玉新聞8/19、朝日新聞9/8に続き、生徒たちの活動がメディアで大きく取り上げていただけることは、本当にありがたいことであり、生徒・教職員の励みになります。報道関係者の皆様、ありがとうございます。

【校長室より】「大宮工業高校生が自作の装置で気候データを収集 熱中症対策に活用へ」

マイスター・ハイスクール事業の一環として、電子機械科の3年生が課題研究で取り組んでいる地球温暖化問題に関する研究の取材があり、本日(9/8)の朝日新聞の朝刊と朝日新聞デジタルで紹介されました。
これまで生徒たちは、埼玉県環境科学国際センターの大和先生の指導のもと、リアルタイムに暑さ指数を測定できる環境測定装置を製作し、県内工業高校等20か所に設置。環境測定装置の測定データは、10分間隔でクラウドに蓄積されています。今後、各地点で得たデータを解析するとともに、熱中症患者の数との相関関係などについても研究するとのこと。本当にすごい生徒たちです!

※「朝日新聞デジタル」はこちらからご覧いただけます。

【校長室より】季節はいつの間にか秋

執務机から校庭の方を見ると窓に黒く小さな物体が。近寄って見てみると小さなセミがたかっていました。大きさと羽の模様からツクツクボウシ? ツクツクボウシであれば、鳴き声ではっきりするのですが、鳴くこともなくしばらく網戸にしがみついていました。
ツクボウシは、晩夏から初秋に多く見られるセミ。まだまだ暑い日は続いていますが、季節はいつの間にか秋。2学期が始まって1週間。そろそろ生徒たちも先生方も夏の疲れが出てくる頃かもしれません。くれぐれも健康に留意し、さらなる成長を遂げる有意義な2学期にしてもらいたいと思います。


《参考》網戸の格子は1マス1.2mmです。

【校長室より】ちょっと実習訪問《建築科3年生「実習」ドローン》

社会の各分野で労働力不足と高齢化が深刻さを増しています。それらの課題を解決するために、安全性の向上や効率化、熟練技術の継承、人手不足の解消などを目的に、建設・建築業界におけるDXには大きな期待が寄せられています。中でも、AIやBIM/CIM、ドローン、RTK測位などの最新技術の活用が急速に進められています。
今日は建築科3年生の実習で、ドローンの操作体験が行われていました。今、建築現場において、施工管理や点検・メンテナンス、測量等でドローンの活用が広がっているとのこと。生徒たちは緊張しながらも、ワクワクしながら楽しそうに授業に取り組んでいました。

【校長室より】「教うるは学ぶの半ば」「教えることは学ぶのこと」

昨日9/3今日9/4、都立工業高校のPRイベントがお台場の日本科学未来館で開催されました。今年度は生徒が先生の「ものづくり教室」を中心に実施。生徒たちが生き生きと活動している姿がとても印象的でした。

埼玉県でも同様のイベントである「第32回埼玉県産業教育フェア」が、11月12日(土)に大宮ソニックシティで開催されます。多くの小中学生にものづくりに挑戦してもらいたいと思います。

人にものを教えるということは、生半可な知識や技術では教えることはできません。また、教えることで、自分の知識の曖昧なところや弱点が見えてきます。だからこそ、生徒が教えるということを経験をすることはとても大切なこと。「教うるは学ぶの半ば」「教えることは学ぶのこと」。工業高校だからこそ、大切にしたい学びの在り方だと思います。

【校長室より】「PTA常任理事会及び第2回PTA・教育後援会理事会」

9/3(土)、PTA常任理事会及び第2回PTA・教育後援会理事会が開催されました。2学期に行われる体育祭や宮工祭強歩大会などの学校行事への対応について協議が行われました。2学期は生徒たちが成長を遂げる大きな学校行事が目白押し。PTAの皆様に御支援をいただきながら進めさせていただければと思います。皆様どうぞよろしくお願いします。
この機会に私からは、国や県の事業である ①スマート専門高校、②マイスターハイスクール、③魅力ある県立高校づくり について、現在の状況を報告させていただきました。緊張のため早口となり、わかりにくい説明となってしまったことお詫び申し上げます。大宮工高はこのような様々な事業をチャンスと捉え、さらなる発展を遂げていきます。皆様のご支援と御協力をお願い申し上げます。

【校長室より】ちょっと実習訪問(校長室は実習室)《建築科3年生 課題研究》

2学期が始まり今日から平常授業です。今年度から、金曜日の4~6時間目は、全学科3年生の授業は「課題研究」としました。
各学科の課題研究は、その専門性を活かし趣向を凝らした取組が行われています。
その中で、建築科の木工班の生徒たちが校長室を訪ねてきてくれました。昨年度は、デスクパーテーションや洗面化粧台ハイド、作品展示棚などを納品してくれ、校長室が高級感あふれる部屋に変貌しました。

今日は、あちらこちらの寸法を測り、何をどう創るかを検討するとのこと。今や校長室は実習室です。どのような製品が出来上がるか今からとても楽しみです。