校長室より

2022年9月の記事一覧

【校長室より】生徒たちの笑顔と躍動する姿を見ることができそうです

体育祭の予行を行いました。全校生徒が一堂に会すことができました。朝礼台の上から全生徒の姿を見て涙がでるほど嬉しくなりました。
明日は晴天の予報。生徒たちの笑顔と躍動する姿を見ることができそうです。多くの保護者の皆様にも、生徒たちの雄姿をご覧いただきたいと思います。

写真は、全体予行の前に行われた1学年の秩父音頭と宮工音頭の練習風景です。

【校長室より】ちょっと授業訪問《学科間連携授業[1年生]》

本校では、学科が互いに連携した学科間連携授業が進められています。今日は、建築科の先生が電子機械科の生徒に構造計算の授業を行っていました。

科目は、工業科共通科目「工業情報数理」。工業情報数理の目標は、工業の見方・考え方を働かせ、実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して、工業の各分野 における情報技術の進展への対応や事象の数理処理に必要な資質・能力を次のとおり育成することを 目指すことにあります。

授業では、どの程度の荷重まで耐えられるかを競う「橋梁模型コンテスト」を題材に、グループ毎に限られた材料で橋梁模型を製作していました。今日は、何時間も理論に費やすのではなく、まずつくってみる。つくって検証し修正してみるという感覚を重視した体験型の授業が行われていました。生徒たちは自分の考えを出し合いながら、楽しそうに橋梁模型を製作していました。
このような経験を経て、理論を考え、知識として定着させることは、工業高校の得意とするところです。

【校長室より】ちょっと授業訪問《教科横断型授業(コラボ学習)[1年生]》

“国語科+家庭科+理科+工業科”の連携による教科横断型授業(コラボ学習)が進められています。生物学者で東京大学名誉教授の鷲谷いづみ氏の著書「イースター島になぜ森がないのか?」を教材とし、「バランスって大事!!」をテーマに授業が行われています。

今日は、工業科(機械)からのアプローチとして「違いを理解しよう!」をテーマに、材料の特徴を比較し、使う立場や作る立場から考え話し合いました。
そして、国語科・家庭科・理科・工業科からのアプローチによる授業のまとめとして、現代の生活で工夫できることや豊かな暮らしとは何か、なぜSDGsを考える必要があるかを話し合いました。

人が幸せに生活していくためには、国語、数学、理科、社会、英語、体育、家庭、芸術、専門などがバラバラな状態ではなく、様々な知識と技術を融合することが大切です。このコラボ学習を通じて、1つの方向から考えるだけでなく、様々な方向や角度から考え事の大切さや他者を尊重し「折り合いをつける」ことの難しさと大切さを学ぶことができたと思います。

【校長室より】校長室が一段と華やかになりました!

今年度の宮工祭ポスターが完成し、校長室に届きました。見ているだけで、楽しくワクワクするポスター。さすが宮工生徒の作品です。
各学科の特徴を捉えたキャラクターが並ぶ中、本校のマスコットキャラクター「テクノザウス」が存在感を放っています。
早速、校長室内のホワイドボードに。校長室が一段と華やかになりました!
「宮工祭」が、今からとても楽しみです。

【校長室より】驚き! 感動!! 県立大宮工業高校!!!

加須げんきプラザのInstagramで本校の驚きのポイントを3つご紹介いただきました。ぜひ多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

驚きポイント① 生徒さんたちのあいさつや授業に取り組む姿勢がすばらしい!!
驚きポイント② 資格や賞の数がすばらしい!!
驚きポイント③ 施設・設備がすばらしい!!

※加須げんきプラザのInstagramは、こちらからアクセスすることができます。

今年度本校は、加須げんきプラザとの協働で「ドラム缶ピザ窯づくり」に取り組んでいます。ドラム缶のピザ窯は、加須げんきプラザの体験学習で使われているもので、飲料メーカーで廃棄されたドラム缶を再利用しています。そのドラム缶ピザ窯が老朽化したため、加須げんきプラザの依頼により、本校の生徒たちがリニューアルすることに。体験学習の専門家(マイスター)の指導のもと、ものづくりの専門家である本校生徒たちがドラム缶ピザ窯に取り組んでいることから、マイスター・ハイスクール事業の一環としても位置付けています。