式辞・講話等

2021年3月の記事一覧

【式辞・講話等(全日制)】令和2年度第3学期終業式 式辞(要旨)

令和2年度も、今日で終わりとなります。
今年度は、緊急事態宣言の発令に伴う臨時休業から始まり、2度目の緊急事態宣言の解除に至るまで、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた、例年とは異なる様々な対応が迫られる辛く厳しい1年間となりました。
その意味でも、令和2年度の1年間、本当にお疲れ様でした。

新型コロナウイルスへの対応は、ワクチンの接種も始まり、暗く長かったトンネルの先に、ようやく一筋の光が見え始めたところですが、まだまだ世界中が混乱しており、経済や生活に大きな影響を与えています。

今後、このまま収束に向かうのか、第4波となってしまうのか、わかりませんが、予断の許さない日々が続くと思います。
皆さんには、引き続きマスクの着用や手指消毒をはじめ、感染拡大防止に努めてもらいたいと思います。


さて、今日は、「学ぶこと。考えること。」について話したいと思います。

3年前、皆さんが中学1・2年生の頃に放送されたテレビコマーシャルで、印象に残っているコマーシャルがあります。
そのコマーシャルは、皆さんも見たことがあると思いますが、au三太郎シリーズの中のコマーシャルの1つです。

菅田将暉さんが演じる鬼ちゃんが、鈴木福君が演じる長男の赤鬼に、「お前、将来どうするんだ?」と聞くと、赤鬼は、家族が多く家計を気にしてか、「お父さんの電気屋さん手伝うよ」と答えます。

すると、鬼ちゃんは、「生意気言うな!」と言った後、「学んだことは、誰にも奪われないから!」と優しく、学ぶ道に進むことを勧める場面がとても印象的でした。
感動の一言ですが、言い換えると、「学んだ知識や技術は自分のものになる。自分の力になる。」ということだと思います。

棍棒や刀をもって相手と戦う時代ではありませんが、変化の激しい時代だからこそ、自分の知識を高め、技術を磨き、自分をとことん鍛え、自分の力を高めていくこと。自分をレベルアップすることが大切だということを教えてくれていると思います。

自分を鍛え、得られた力や誇り、自信は、どんな時代にあっても、どんな苦境に立たされても、必ず自分を助けてくれます。

皆さんはこれから先、学校生活の中では考えられないほどの、比べものにならないほどの、嫌なことや辛いこと、理不尽なことに必ず直面します。
そのため、どんな壁にぶつかっても、逃げずに、諦めずに、乗り越え、走り続けられるよう、自分を鍛えていかなければなりません。

この「自分を鍛える」ということについては、アメリカの牧師・著作家の ジョン・トッドは、次のような言葉を残しています。

およそのものは権力で手に入れたり、お金で買えたりするが、知識だけは勉強して手に入れる以外に方法はない。

そして、「最も貴重な知識とは、自分の力で導きだしたものだ。」と言い、その上で、「知識を蓄えるだけでなく、考える力を鍛えなさい。」とも言っています。

すなわち、「自分を鍛える」とは、「考える力を鍛える」ことであるということです。

そして、この「考える力を鍛える」については、アメリカの詩人のエラ・ウィーラー・ウィルコックスが、「運命の風」という詩の中で次のような言葉を残しています。

同じ風を受けていながら、ある船は東に進み、またほかの船は西に進む。 行くべき道を決めるのは疾風ではなく帆のかけ方なのだ。 海の風は運命の風のよう。 生涯という海路を辿るとき、ゴールを決めるのは凪か嵐ではなく、それは魂の構えである。

ここで言う「風」とは、それぞれの人のおかれた環境や状況であり、順風もあれば、逆風もある。順調な時もあれば、逆境・苦境に立たされる時もあるということ。
「帆のかけ方」とは、テクニックとしてではなく、見方や考え方であり、一方向だけでなく、様々な角度から見たり考えたりすること。今、自分が持っている知識や技術を総動員して考えること。
そして、「魂の構え」とは、将来どんな事をしたいか、何を成し遂げたいかという夢や目標を定め、それに向かって努力する情熱や姿勢。何があっても、あきらめず辿り着こうとする強い心。志(こころざし)のこと。

この「魂の構え」「志」がなければ、辛いことや嫌なこと、理不尽なことがあると、人は逃げたり、あきらめたりします。あたかも被害者のように装ったり、人のせいにしたりします。噓をつきます。言い訳をします。
そのような人には決してならないでください。
逃げたり、あきらめたり、人のせいにしたり、噓をついたり、言い訳をしない人間になってください。至誠一貫・質実剛健であってください。

そのためにも、夢や目標、高い志を持ってください。
辿り着くまで諦めない強い心を培ってください。
様々な角度から見たり考えたりする力を養ってください。
自分を鍛えてください。
レベルアップしてください。
さらなる高みを目指し、何事にも好奇心・向上心を持って、自主的に、そして、主体的に取り組んでいってください。

皆さんは、学校で、毎日のように、誰にも奪われない力をいっぱい蓄える機会を与えられています。その機会を捨てないでください。無駄にしないでください。学びに真摯に向き合ってください。
新年度を迎えるにあたって、「魂の構え」「志」の源となる、夢や目標について考えください。
この大宮工業高校に学ぶ皆さんなら絶対にできるはずです。


最後に、お願いです。
いつも学期の終わりに言っていることですが、春休みを迎えるに当たり私の願いは一つ。
「死ぬな!ケガするな!悲しませるな!」ということです。


それでは、4月8日には、全員そろって、笑顔で会いましょう!
令和2年度の1年間、たいへんお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

 

令和3年3月24日

埼玉県立大宮工業高等学校長 清水雅己