校長室より

2020年5月の記事一覧

【校長室より】I'll be back

5月1日、野球グラウンドのダイヤモンド内に、突如現れた、硬球で描かれた「I'll be back」の文字。これは、臨時休業期間が5月末日まで延長され、外出を自粛している生徒たちを元気づけようと、何人もの先生方が協力しながら描いたもの。
「I'll be back」は、映画ターミネーターのラストシーンで、アーノルド・シュワルツェネッガーが演じるターミネーターが溶鉱炉の中に入っていきながら残した言葉でも知られていますが、先生方の「一緒にいたい! 早く会いたい!」という強い思いが込められています。
この出来事は、5月2日の埼玉新聞の1面で紹介され、GW明けの5月7日には、「先生たちの情熱に涙が出ました」「感動しました」という内容のメールが何通も届いていました。新聞やHPを通して先生方の思いが生徒や保護者の皆様、地域の皆様に伝わったことに感謝するとともに、送られてきたメールに先生方も感動し、元気をいただきました。臨時休業はまだまだ続きますが、一緒に頑張っていきましょう。


 <新型コロナ>自粛中の生徒らへ、高校教諭らメッセージ 野球のボールで「I'll be back」(令和2年5月2日 埼玉新聞)

【校長室より】工業高校で学び工業に携わる私たちだからこそ

学校での教育活動が再開されぬまま5月になりました。校長室から見る景色は咲き誇る躑躅と花水木、そして、広々とした校庭。残念なことは、そこに生徒の姿がないことです。

すでに、メールや学校ホームページなどでお知らせしていることですが、埼玉県では県立学校の臨時休業期間を5月31日まで延長することが決まりました。心配されることは、生徒の皆さんの心身の健康状況と学びへの意欲です。
これまで、全日制の生徒の皆さんには学校HPを通じて、定時制のさんには郵送で、それぞれ学校からの学習課題を提供させてもらいましたが、このたびの臨時休業期間のさらなる延長に伴い、全日制・定時制の生徒全員に臨時休業中に取り組んでもらい新たな学習課題をゴールデンウィーク明けの5月12日を目途に郵送いたします。
今回の課題と前回の課題を含め、学校再開後に(仮称)学習状況確認テストなども計画していますので、自宅でしっかり取り組んでもらいたいと思います。
そして、このような状況を悲観するのではなく、よい機会ととらえ、工業高校で学び工業に携わる私たちだからこそ行えること・行うべきこと、社会や家族に対して支援できること、支援すべきことを考え行動してもらいたいと思います。