校長室より

2020年10月の記事一覧

【校長室より】まさに工業高校ならではの光景

中間考査が終わりはじめての土曜日。雨の日にもかかわらず多くの生徒が部活動に励んでいます。そして、昨日に引き続き全日制・定時制あわせて約20名の生徒が就職試験に臨んでいます。採用試験に臨む生徒たちには、慌てず焦らず自分を信じ持てる力を十分に発揮してもらいたいと思います。皆さんからの吉報を待っています。

そして、今日学校では、「令和2年度市北区避難所運営訓練」と18歳以上の建築科の生徒を中心とする「小型車両系建設機械」の特別講習が行われています。
避難所運営訓練は、災害発生時に重要な役割を果たす避難所の運営において、さまざまな事態が想定されることから、区と地域の避難所運営委員会が協力し訓練することで、地域住民、避難所担当職員、施設管理者との連携を図り、防災意識の高揚と地域防災力の向上を目的としています。今回は、新型コロナウイルスの影響により、3密を避けるため参加人数を制限するとともに内容を変更した訓練となりました。そのような中でも参加者された地域の皆さんの意識は高く、真剣に情報交換や意見交換をされている姿がとても印象的でした。

小型車両系建設機械とは、機体重量3トン未満の車両系建設機械で、小型車両系建設機械の運転業務に従事するには、法律により特別教育を修了することが義務付けられています。講習会の内容は、7時間の学科(走行に関する装置の構造及び取扱の方法に関する知識、作業に関する装置の構造、取扱及び作業方法に関する知識、運転に必要な一般事項に関する知識、関係法令) と6時間の実技教育です。小雨が降る中、生徒たちは真剣に講習に臨んでいました。まさに工業高校ならではの光景です。生徒たちには健康に留意し風邪をひかないように頑張ってもらいたいと思います。

【校長室より】全員の合格を

新型コロナウイルスの影響で1か月遅れとなっていた高校生の就職採用試験が明日(10/16)から始まります。初日となる明日、採用試験に臨むのは全日制3年生の約3分の1、全日制・定時制あわせて約90名に及びます。中には、新型コロナウイルスの影響により、会社見学も採用試験もすべてリモートでという会社もあり、これまでなかった対応に学校としても緊張が走ります。

きっと採用試験に臨む生徒たちは、今まさに緊張が最大レベルに達しているのではないかと思います。「落ち着いて!」といっても難しいかもしれませんが、少しでも気持ちに余裕を持たせ、慌てず焦らず採用試験に臨んでもらいたいと思います。受験する生徒全員の合格を心より祈っています。頑張ってください。


《参考》厚生労働省
令和3年3月新規高等学校卒業者の就職に係る採用選考開始期日等の変更について

【校長室より】「社会を動かす力」を

埼玉県県民生活部消費生活課事業者指導担当の荏原様の指導のもと、定時制4年生の選択科目「政治経済」において特別授業が行われました。この授業は、埼玉県教育委員会の生涯学習課が主催する学校地域WIN-WINプロジェクトの一環として行われたもので、高校生にメディアリテラシーを切り口とした不当表示広告等の消費者問題について学習してもらうことと、学習後、情報提供ボランティアとして不当表示広告調査に協力してもらい、高校生の力で消費者被害を防ぐという「社会を動かす力」を実感してもらうことをねらいとした授業です。
生徒たちの身近な話題やクイズ形式の授業に生徒たちも積極的に授業に参加し、とても充実した時間となりました。この後、生徒たちには情報提供ボランティアとして「社会を動かす力」を発揮してもらいたいと思います。
ご指導いただきました県民生活部消費生活課事業者指導担当の荏原様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


《参考》
 学校地域WIN-WINプロジェクト

【校長室より】小さい秋

気持ち良い秋晴れの朝。少し暑くなりそうです。ふと窓の外を眺めると花水木がたくさんの赤い実をつけていました。まさに、小さい秋を見つけた気分です。恥ずかしながらこれまで花水木が赤い実をつけることを知らず、毎年この時期に赤い実をつけている街路樹を見るたびにこの木の名前は?と思っていましたので謎が解けてスッキリしました。

ハナミズキについて調べてみると、北アメリカ原産で、開花時期は4月上旬から5月上旬、水木科の樹木で花が目立つことから花水木と呼ばれるようになった。秋には赤い実をつけ葉が紅葉する。そして、北アメリカ原産の花水木が日本に来たのは、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した御礼として、大正4年(1915)に贈られたのが最初で、その後全国に普及したとのこと。

臨時休業で学校に生徒の姿がなかった5月1日に、このブログで満開の花水木を紹介してから5か月以上の月日が過ぎてしまいましたが、慌ただしい日々が続く学校生活。生徒たちには、時には自然に目を向け、季節を感じ、少しでも心に余裕を持ってもらいたいと思います。

【校長室より】第2学期中間考査

定時制課程は今日まで、全日制課程は今日から中間考査が行われています。授業時間確保の観点から3日間に日程を短縮しての実施です。生徒たちには日頃の学びの成果を存分に発揮するとともに、これまで何を学んできたかを再確認する時間であってほしいと思います。

校長室には多くの生徒作品が飾ってありますが、少し時間があったので数日前に生徒から預かった作品を校長室に飾らせてもらいました。

新たに飾らせてもらったのは、埼玉県埋蔵文化事業団と飯能市教育委員会の協力を得て製作した「土器パズル」と加工された数枚のアクリル板を重ね合わせて絵や写真を表現する「オーバーラップアート」です。「土器パズル」は機械科1年生の石井君と電子機械科1年生の大月君、「オーバーラップアート」は建築科2年生の小川さんの作品です。アイデアあふれる作品を製作してくれた生徒の皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。