校長室より

2021年8月の記事一覧

【校長室より】「電気と工事」9月号

電気科の先生が、オーム社から発刊されている「電気と工事」9月号を届けてくださいました。この「電気と工事」では、取組が顕著な工業高校を取材し、その魅力を伝えてくれています。今回は、「伝統&ハイテクが織りなす実践主義」というタイトルのもと、本校電気科の魅力ある取組を6ページもの紙面を使ってご紹介いただきました。
・現物を使った実践教育
・続々と導入される最先端装置
・Googleを活用した資格取得
・3年間の学びの集大成
・一流の技術者、技能者を輩出する文化部
・伝統校ならではの圧倒的な求人数
・モチベーションアップの秘策は「名札」
ぜひ、多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

ご紹介いただいたオーム社の関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

「電気と工事」9月号の目次は、こちらをご覧ください。

【校長室より】夏空広がり

毎年、夏休み期間中に、生徒たちに安全安心の学習環境を提供するため、電気設備の点検や火災報知器の点検などが行われています。その一環として、校舎の窓清掃も行われ、校長室からの眺めはいつもよりくっきりはっきりと見えます。その眺めはまさに絶景。夏空が広がり、すがすがしく感じられますが、天気予報では、熊谷地方の気温が40℃となる見込み。生徒たちには、新型コロナウイルスの感染防止と熱中症対策を徹底しながら、元気に活動してもらいたいと思います。

 

【お知らせ】

本校は、明日8月11日(水)から8月16日(月)までの6日間を「サマーリフレッシュウィーク(通常の週休日・休日と同じ)」として、学校を閉庁いたします。皆様には、趣旨を御理解いただき、御協力くださいますようお願い申し上げます。

※ サマーリフレッシュウィーク
夏季休業中に、原則、県教育委員会主催の教職員を対象とした会議、研修会等を実施しない期間(8月11日から8月16日まで)を設定することで、教職員が休暇等を取得しやすい環境を作り、教職員の健康増進を図ること目的とした取組です。

【校長室より】更なる高みを目指して

建築科では技能検定に向けて、そして今週は機械科の生徒をはじめ、全日制・定時制の生徒たちがアーク溶接の技能講習会にに参加しています。連日のように技術・技能の習得に励む本校生徒たち。積極的に学びに向かう生徒たちの姿はとても眩しく見えます。生徒たちには、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、さらなる高みを目指し頑張ってもらいたいと思います。

【校長室より】「緊急事態宣言期間における教育関係の対応」について

東京都はじめ首都圏の新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大しており、埼玉県においても本日8/2~8/31までの間、「緊急事態宣言」が発令されました。

これを受け、埼玉県は以下のような、緊急事態措置に基づく協力要請を埼玉県全域に発しました。

詳しくは、以下HPを参照してください。

埼玉県における緊急事態措置に基づく協力要請
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/covid19/saitamaken_kinkyuujitaisochi0730.html

また、埼玉県教育委員会から次の「緊急事態宣言期間における教育関係の対応」などの資料が配信されましたのでお知らせいたします。生徒・保護者の皆様のご協力をお願い申し上げます。
厳しい状況が続きますが、力を合わせて乗り切っていきましょう!