校長室より

2022年6月の記事一覧

【校長室より】聳え立つ3旗の優勝旗

大会会場を群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンターに移して行われた「関東高等学校自転車競技大会」。昨日までのトラック競技で首位校に3ポイント差で総合2位につけていましたが、最終種目のロードレースで逆転し、見事総合優勝に輝きました。日頃の苦しい練習の成果が実を結んだ瞬間です。さすが日本一を目指す宮工自転車競技部の生徒たちです。

早速、優勝の証、優勝旗を校長室に飾らせていただきました。甲子園の優勝旗とともに聳え立つ3旗の優勝旗は、とても迫力があり、重みを感じます。

多くの皆様にご覧いただきたいと思いますので、御来校の際には、ぜひ校長室にお立ち寄りください。

※関東大会の詳細は、自転車競技部のHPをご覧ください。

関東大会1日目
関東大会2日目
関東大会3日目
関東大会4日目

【校長室より】強豪校がひしめく関東の頂上決戦

自転車競技関東大会が大宮双輪場で開催されました。埼玉県を代表し、トラック競技には本校からは、今野選手、廣島選手、藤波選手、逢見選手、山下選手、池田選手、木村選手の7名が出場。強豪校がひしめく関東の頂上決戦。手に汗握る競技が続きます。全力で競技に挑む生徒たちの姿はとても凛々しく思います。各種目の結果は、自転車競技部のHPで紹介されると思いますので、ご確認ください。
関東大会は、明日群馬県みなかみ町のサイクルスポーツセンターに会場を移し、ロードレースが行われる予定です。ロードレースには、木村選手、山下選手、廣島選手、池田選手、藤波選手の5名の選手が出場。選手たちの健闘を祈ります。
くれぐれもケガをしないよう気を付けて競技に臨んでもらいたいと思います。頑張れチーム宮工!頑張れ宮工自転車競技部!

【校長室より】集中力を絶やさず挑む生徒たちの姿に感動

ものつくり大学を会場に、「第18回高校生ものづくりコンテスト埼玉県大会旋盤作業部門」が行われました。本校からは、機械2年生の吉川選手と石井選手が出場し、難易度の高い課題に挑みました。
張り詰める緊張感、2時間30分もの長い競技時間、集中力を絶やさず挑む生徒たちの姿に感動を覚えました。本当にすごい生徒たちです。
各校を代表する強者揃いの県大会を制し、石井選手が見事第1位に輝き、9月に行われる関東大会への切符を手にしました。石井選手には、関東大会でも持てる力を発揮し、全国大会への切符を手にしてもらいたいと思います。
大会に出場した吉川選手、石井選手、大変お疲れ様でした。そして、ご指導いただいた先生方ありがとうございました。

【校長室より】「マイスター・ハイスクール」に指定されました

文部科学省事業「マイスター・ハイスクール(次世代地域産業人材育成刷新事業)」に本校が指定されました。指定校は、全国で15校、うち工業科設置校は7校であり、関東地方では本校1校が指定されています。
このマイスター・ハイスクールの指定を受け、「新たな社会(Society5.0×DX時代)を支える次世代マイスターの育成」をテーマに、自治体、産業界と学校が一体となり、次世代に向けた人材育成モデルの構築に取り組んでまいります。皆様の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。

 

※マイスター・ハイスクールの詳細は、こちらをご覧ください。